ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!

[2021.09.29] Written By


お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。
中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。
実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。

ステンレスは素材の名称ではない

ステンレスは、素材の名称では無い事をご存じでしょうか?
英語でStain-Less Steel:ステイン(錆びる)レス(にくい)、スチール(鋼)、つまり「錆びにくい鉄合金」の総称です。

様々な種類のステンレス

ステンレス鋼は、鉄に一定量のクロムやニッケルなどを含む合金のことですが、同じステンレスでも、様々な種類があり、種類ごとに含まれている金属の種類や割合が異なります。

食器に用いられるステンレスで一般的なのは

SUS316:約18%のクロムと約12%のニッケルを含む
SUS305:約18%のクロムと約13%のニッケルを含む
SUS304:約18%のクロムと約8%のニッケルを含む。
SUS430:約18%のクロムを含む。
SUS410:約13%のクロムを含む。

上記の様にクロムとニッケルの含有割合によって、同じ「ステンレス」でも様々な種類に分類されます。

基本、鉄は水の味を良くするのに対して、ニッケルやクロムは味に対してマイナスの影響を与えます。
ニッケルを含まないという点で、SUS430が味の点では良いかと思ったのですが、私が評価したところ、意外にも突出して味にマイナス影響を与えたのはSUS430でした。
同じくニッケルを18%含むSUS304の方が味が良かったため、ニッケルが含まれることで、クロムのマイナス作用を相殺しているのかもしれません。

意外に味に対してマイナスの影響を与えるステンレス

ニュートラルと思われているステンレスですが、基本どのステンレスもお茶の味に対してマイナスの影響を与えます。アルミや銅、真鍮ほどではないものの、後味を軽くしたり、渋味を呈するなどが一般的な変化です。

ステンレスは水垢で劇的に味が改善

しかしながら、ステンレスには別の側面があります。それは、水垢(水に含まれるミネラル)が付着すると、日に日に味が良くなる点です。
水垢とは、カルキ、スケールとも呼ばれ、水由来の炭酸カルシウムや鉄分をはじめとする各種ミネラルで構成されております。
ステンレスのヤカンやポットを使い続けると、徐々に、内面にミネラルが蓄積し、これらミネラルによる皮膜が出来ることで、ステンレスの影響が徐々に弱まって行きます。
この為、ステンレスの湯沸かしに関しては、使用期間が長ければ長いほど味が良くなります。
同じメーカーの同一のステンレスポットであっても、使用期間が長いほど、お茶の味が良くなります。一年使用したステンレスのポットは、新品と比較すると味の点では雲泥の差です。

ステンレスに関して、味への評価が2分されるのはこのような事情があるためです。新品のステンレスで沸かしたお湯は本当に美味しくありませんが、使い込んだステンレスで沸かすお湯はは素晴らしい味になります。

勿論、クエン酸洗浄は厳禁です。折角、形成されたミネラル層が取り除かれることで、味が瞬時にまずくなります。

HOJOではマレーシアのクアラルンプールに直営店を運営してますが、店舗にて新しいステンレスポットを使い始めるときは、3ヶ月くらい毎日何回もお湯を沸かすることで、ミネラルを内壁に付着させてから店舗デビューします。

同じ水を沸かし続けることの重要性

使用する水を変えると、水やお茶の味が美味しくなくなることをご存じでしょうか?
基本、水ごとに含まれているミネラルの種類が異なるためです。
突然新しい水に変えた場合、以前の水と、新しい水由来のミネラル間で緩衝作用が起こり、付着しているミネラルの組成が大きく変わります。その後、水を元に戻しても、既に付着しているミネラルの組成が変化してしまっているため、味は暫く(数ヶ月は)元に戻りません。安定して美味しいお茶を飲まれたい場合は、必ず、1種類の水を使い続けることが重要です。

ガラスとホーローもステンレスと似た性質

ステンレスについて説明をしてきましたが、ガラスやホーローについても同じような傾向があります。
どちらの素材も味の点ではニュートラルと思われがちですが、実際に評価するとそうではありません。ガラスもホーローもステンレスと同じく、味にはマイナスに作用します。
ただ、ステンレスと同じく、継続して使用することで、ミネラルが内面に付着し、味はどんどん改善して行きます。ただ、ガラスの場合、ミネラルの付着に伴い、内面が白く曇るため、あまり見た目的には美しくありません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …
鳳凰単叢蜜蘭香2023と老欉姜花香2022を発売
鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。今回販売したのは、蜜蘭香濃香2023 No.1と老欉姜花香2022です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 質の良い鳳凰単叢の特徴 良質な鳳凰単叢は …
ちょっと変わった白茶の楽しみ方!驚きの応用アイデアをご紹介
水出しで抽出した白茶と、お湯で淹れた白茶はまったく異なる香りになることをご存じでしょうか?本コラムでは、水出しを更に応用した白茶の楽しみ方を紹介したいと思います。 殺青工程の無い白茶には酵素が残存 白茶の特徴は、製茶工程 …

PAGETOP