• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

キャメロンハイランド産、高品質茶生産の試み

[2006.02.21] Written By
マレーシア随一のお茶の産地と言えばキャメロンハイランド、首都クアラルンプールとペナンの中間地点にある1000メートル以上の高度のある高原です。ここは年間を通じ気温が20℃前後であることから、大変住み心地が良く、引退後の日本人が多く住んでいる場所でもあります。ここには幾つかのプランテーションがあり、それぞれ独自の製品(紅茶)を持っております。
私はマレーシアを一つのビジネス拠点としているため、何としても、高品質のマレーシア産紅茶を生産したいと思っておりました。元々、マレーシアキャメロンハイランド産の紅茶は国内では非常に人気があり、有名なBOH TEA等は日本人のお土産として良く買われます。
キャメロンハイランド産紅茶の多くは、機械で摘採され、セミオーソドックス製法(BOPやファニングスを中心とする細かい茶葉を大量生産するための方法)を中心とする大規模な製法により生産されており、どちらかというと、中層のマーケットを狙ったティーバック用の茶葉を中心に工場が動いております。日本と異なり、茶葉の高さをそろえているわけではないため、機械で摘採した場合、新芽だけではなく、枝や硬い葉も混入します。また、セミオーソドックス製法の場合、揉捻や発酵工程が非常に簡易的故、深みのある香りが出にくいと言う問題があります。
私は自社のブランドに用いるお茶は、上記の問題を全て克服した贅沢なお茶にしたいと考え、以下の基準を設定しました。
 
1.       複数の品種が混在せず、1種類のみの品種に管理された農場を専用に設けていただく。 
2.       農薬等の散布をトレースできるよう管理していただく。 
3.       手摘みによる収穫を行っていただく。 
4.       オーソドックス製法による生産をしていただく。 
5.       萎凋・揉捻・発酵条件等更なる検討をしていただく。
 
以上の基準を満たしたら、きっと良いお茶が出来ると思うのですが、何しろ、誰がこんな勝手な要望を聞いてくれるのだろうか?と言う悩みが有りました。このような複雑な要望を聞いて頂く為には、キーパーソンである社長に直接お願いしなければ無理と判断しました。そこで有り難いのが、マレーシア華僑ネットワークです。私はマレーシアで8年生活する間、殆どが地元の友人との交友関係だったため、今に至っては、親友と呼べる人物も数人おり、彼らが大変骨を折ってくれました。結果、花のプランテーションを経営する人物を紹介して貰うことが出来、彼を通じ、お茶プランテーションの社長との打ち合わせが実現しました。
 
20060221150621.jpg20060221150603.jpg

写真は私の友人の経営する菊の花のプランテーション。主なマーケットは日本
キャメロンハイランドの全てのプランテーションはインド系によりマネージされており、かれも例外に漏れず、インド系でした。事情を説明したところ、意外にも簡単に条件をのんでくれました。ただ、最低の数量を確保することが条件として提示されました。今後、更に条件を詰め、今年中にOriginal Premium Malaysia Teaの実現をさせたいと考えております。
20060221150646.jpg20060221151053.jpg

20060221151119.jpg20060221151134.jpg

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …

最新の記事 NEW ARTICLES

プーアル生茶は発酵茶?それとも緑茶?という議論
プーアル茶というと、発酵茶の代表格のように各書籍には書かれております。 プーアル茶は分類的には、黒茶に分類されることから、後発酵茶と定義されている事が一般的です。 しかし、プーアル茶と言ってもプーアル生茶とプーアル熟茶の …
武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
お茶で絶対にやってはいけない2つの保存法
お茶を保存する上で絶対に避けるべき保存方法を2つ紹介します。 冷蔵庫・冷凍庫での保存が劣化に寄与 お茶は冷蔵庫にいれておけば新鮮という印象がありますが、実は冷蔵庫はお茶を急速に劣化する大きな原因の1つです。 冷蔵庫がなぜ …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …
知れば納得!お茶摘み時期と品質の関係
お茶のシーズンが始まると、春一番最初に市場に出てくるお茶は非常に高値で取引されます。 日本に限らず、中国緑茶やダージリンでも同じような傾向が観察されます。 お茶愛好家や茶商の中には早摘み=正義と捉える「早摘み原理主義」の …
舘正規氏作の萬古急須と湯飲みを発売
三重県四日市市の無形文化財、舘正規氏の萬古急須と湯飲みが多数入荷しました。 https://hojotea.com/item/banko.htm 萬古急須は、日本茶やプーアル熟茶、ジャスミン茶、各種花茶などと相性が良い土 …
想像以上に奥が深く面白いお茶の焙煎技術
お茶には焙煎という加工法があります。中国茶における焙煎は非常に奥が深いので、少し掘り下げて紹介したいと思います。 尚、焙煎は、中国のお茶業界では烘焙とか、炭焙などの言葉で呼ばれます。 香ばしさを引き出すだけではない焙煎技 …
サツマイモのような甘い香りがする白茶、甜香白牡丹を発売
甜(てんこう)とは甘い香りを指す言葉です。2020年産の白茶を、約2年間無酸素で熟成させ、独特の甘い香りに仕上げました。 雲南省の茶園標高2000mの自然栽培茶産の1芽1葉の茶葉から作られた2019年産の白茶を数年間保存 …
桃やマンゴの香りがする台湾烏龍茶はあると思いますか?
偶に、お客さんから「以前飲んだ、桃の香りがする台湾茶が忘れられない」という話を聞くことがあります。 しかし、標準的な台湾茶の中には、桃の香りのする台湾茶はありません。 台湾のお茶専門店で、桃の香りがする烏龍茶(桃香烏龍) …
個性的なダージリンファーストフラッシュを3種類発売
ダージリン1st Flushを3種類発売しました。 3種とも肥料を制限した自然に近い栽培方法ゆえに、余韻が非常に長く、素材の味がしっかりと感じられます。 また、細胞密度が高く、ミネラルが濃厚ゆえに、プーアル茶や白茶のよう …

PAGETOP