• ホーム >
  • お茶ビジネスの運営・記録

お茶ビジネスの運営・記録

[2023.07.13]
マレーシアクアラルンプールMidvalley Gardens店の新装開店

マレーシア・クアラルンプールのMidvalley Gardens Mall店は、改装が完了し、7月11日から新装開店を迎えました。改装工事にあたり、友人をはじめ多くの方々からのサポートに心から感謝しております。新しい店舗 …

中国でバスの事故
[2013.07.27]
鳳凰単叢烏龍の仕入れの道中にバス事故に遭遇

私はお茶の仕入れのために中国へは頻繁に足を運びます。私にとって産地へ足を運ぶのは重要な仕事の1つで、日本のオンラインショップとマレーシアの店舗販売用の茶葉原料を仕入れるのが目的です。私は1年の内、合計すると1ヶ月半から2 …

鳳凰単叢烏龍茶
[2013.07.24]
鳳凰単叢烏龍茶仕入れのノウハウ

鳳凰単叢烏龍が作られる町は鳳凰鎮と呼ばれますが、この地域によるお茶の生産は山の上にある製茶工場と、街の仕上げ工場とで完全に棲み分けがおこなわれております。まず山の上で一次加工がおこなわれ、その原料は仕上げ業者により二次加 …

雲南省の少数民族
[2013.04.04]
プーアル茶の仕入れと少数民族のもてなし

お茶を求め少数民族の村を訪ねる場合、最寄りの街から車で3−5時間山道を走るのはごく当たり前です。実際には長距離移動をしているわけではないのですが、道は舗装されておらず、激しく凹凸があるために、ジョギングしている程度の速度 …

[2012.05.24]
中国のビジネスマンはソフトセールスの匠

中国で何時も感心するのは、彼らの接待に対する哲学です。 例えこちらに買う気がなくても、或いは、ビジネスが成り立つか成り立たないか微妙なお客さんに対してもとことん対応してくれます。 食事を御馳走したり、車で1日案内したり、 …

[2010.06.12]
茶馬古道に沿ってプーアル茶の仕入れ

四双版納で数日間を過ごした後、无量山脈を目指し茶馬古道に沿って北上しました。无量山(日本語ではムリョウサン、中国語ではウーリャンサン)は、雲南省の南西部(普洱付近)から大理まで400km位続く非常に長い山脈です。現地で无 …

[2010.05.29]
プーアル生茶の買い付けで茶馬古道の出発点、易武を訪れる

易武の村は「茶馬古道」の出発点としても知られております。 その昔、プーアル茶がチベットやミャンマーとの交易に用いられていた頃、お茶は先ず易武の村の小高いところに集められ、現在の普洱市へ輸送され、さらに大理、そしてミャンマ …

[2010.04.01]
事務所をペナンからKLに引っ越し

ここ3日間引っ越し作業に追われておりました。 月曜日に倉庫のラックが導入されたので、KLの自宅に保管してあった在庫を引っ越し始めました。 そして、昨日と今日引っ越しのクライマックスを迎えました。 昨日は、ペナンの工場に行 …

[2010.03.26]
KLのオフィスの内装工事

現在、ペナンのオフィスに来ております。実は、今月をもって、こちらのオフィス及び包装作業場を閉め、全ての機能をKLに移すことになりました。私のマレーシアにおける商売は、クアラルンプールが中心となっているため、KLで全ての作 …

[2010.03.25]
2010年の新茶

先日、早速新茶のサンプルが届きました。 一番最初に届いたのは、広西の雲峰でした。 早速試飲したのですが、品質の良さに吃驚しました。 これまで、毎年、雲峰を買っておりますが、これほど品質が良かったことはありません。 中国の …

PAGE 1 OF 4

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

人気記事ランキングお茶ビジネスの運営・記録

PAGETOP