• ホーム >
  • お茶のコラム-雑学-歴史-文化

中国でバスの事故
私はお茶の仕入れのために中国へは頻繁に足を運びます。私にとって産地へ足を運ぶのは重要な仕事の1つで、日本のオンラインショップとマレーシアの店舗販売用の茶葉原料を仕入れるのが目的です。私は1年の内、合計すると1ヶ月半から2ヶ月位を産地で過ごしている計算になりますが、中国国内での移動には殆どバスを使用します。私が主に行く地域は山間部が多く、バスが唯一の交通手段であるためです。バス以外の選択肢がないにもかかわらず、中国ではバスの事故が非常に多く、バスでの移動はかなり危険を伴います。

潮州から厦門に移動する際に事故に遭遇

今回の鳳凰単叢烏龍茶の仕入れの旅でも私の乗ったバスは事故に遭遇しました。
今回の事故は、自動車専用道路にもかかわらず、車線を逆走してきたバスが右折しようとしました。(中国は左ハンドル)にもかかわらず私の乗ったバスの運転手は意図的に減速しませんでした。お互いにどちらかが妥協すると思っていたのでしょうが、どちらのドライバーも妥協せず、結局、激突しました。激突はかなり激しく、フロントガラスは割れ、乗客は鼻血を出したり、歯が折れたり、社内は騒然となりました。車内に居合わせたイギリス人と話をしましたが、彼は今回でバスの事故にあうのは3回目だそうです。以前遭遇した事故では、人が外に飛び出したそうで、今回の事故は未だマイナーなケースだと言っておりました。

事故後の驚きの対応

しかし私が一番おどろいたのはその後の対応でした。直ぐに代わりのバスが来ると思いきや、待てど暮らせどバスが来ません。バスの運転手と車掌は、乗客に問い詰められ、オロオロと電話をかけているばかりでした。多くの乗客は、厦門で高速鉄道に乗る予定だったようで、皆殺気立っておりました。
警察が来たのは事故から1時間30分後、それも遠巻きに写真を何枚かとり、3分ほどでそそくさと引き上げてしまいました。警察はバスの中すらのぞきませんでした。事故当時、台風が接近していたことから外は雨だったのですが、レッカー会社はバスを修理に持って行きたいといいだし、早くその場を離れたい運転手の思惑とも同調したことから、乗客は雨の中外に降ろされ、バスは去ってゆきました。レッカー会社の人は、「もうすぐ大雨になるから、近所に停車しているバスにお願いすれば雨宿り位させてらえるかもしれませんよ」と言い残して去ってゆきました。「おまえがバスを持っていかなければ良いんだろう?」と私は呆れるばかりでした。

バスを修理するからと、乗客は全員降ろされました。

早い者勝ち

バスが去り、雨の中バスの車掌と乗客のみが取り残されました。いつまでたっても代わりのバスが見つからず、一瞬、「チケット代を返すから皆、後は各自で対応してください。」と車掌が言い出しました。ただ、流石に乗客達も、その状況を許すはずもありません。乗客の激しい抵抗により最終的に11人乗りの「バン」が手配されました。さっきまで大型バスに乗っていただけに、「バンでは乗客が乗り切れなないだろ!」とまたも乗客と激しく口論になり、何とか2台目のバンも手配されました。

1台目のバンが来たときは、先を争うように男性達が乗り込み、気が付けば女性と子供だけが取り残されておりました。私は2台目のバスに乗ったのですが、私以外は全員女性でした。

厦門の場合、バス停や空港があるのは島内です。ただし、島内の中心部に行くにはインターをおりてから1時間位走る必要があります。ところが、インターをおりた時点でバンの運転手は、「もうここでいいでしょ?」と言い出しました。まだ、目的地に着いてないのに「おりろおりろ」としつこく、再び乗客と大口論になりました。幸い、潮州出身の女性は非常にタフな人が多く、ドライバーはこてんぱんに言い負かされておりました。無事にホテルに着いたのは予定よりも半日遅れでした。

取り残されたのは女性ばかり

中国人に思いやりの心がないわけではない

この記事から勘違いして頂きたくないのは、中国の人にも思いやりの心があるし、良い人たちは沢山おります。ただ、会社で問題が発生した際、それに対応するための適切な仕組み・マニュアルが欠如しているように思います。そうなると、仕事中に起きた事故でも個人の責任で解決しなければならなくなり、当事者は会社と乗客の板挟みになります。そうなると当事者としては自己保身に走ってしまうため、今回のような対応になってしまうのかもしれません。ただ1つ言えるのは、中国におけるバスの運転手の多くは、あまりに危険運転のしすぎです。人の命を預かっているという意識は明らかに欠如しているように思います。

今回の事故で学んだこととしては、今後。安全性を重視した移動計画を立てることが大切と思いました。中国では自分の身は自分で守るしかないと言うことです。移動距離、移動手段、使用する道路の質、また、チケットを購入するタイミングも重要です。出発ギリギリに買うと一番後ろの席になりやすいので、それだけは避ける必要があります。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …

最新の記事 NEW ARTICLES

プーアル生茶は発酵茶?それとも緑茶?という議論
プーアル茶というと、発酵茶の代表格のように各書籍には書かれております。 プーアル茶は分類的には、黒茶に分類されることから、後発酵茶と定義されている事が一般的です。 しかし、プーアル茶と言ってもプーアル生茶とプーアル熟茶の …
武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
お茶で絶対にやってはいけない2つの保存法
お茶を保存する上で絶対に避けるべき保存方法を2つ紹介します。 冷蔵庫・冷凍庫での保存が劣化に寄与 お茶は冷蔵庫にいれておけば新鮮という印象がありますが、実は冷蔵庫はお茶を急速に劣化する大きな原因の1つです。 冷蔵庫がなぜ …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …
知れば納得!お茶摘み時期と品質の関係
お茶のシーズンが始まると、春一番最初に市場に出てくるお茶は非常に高値で取引されます。 日本に限らず、中国緑茶やダージリンでも同じような傾向が観察されます。 お茶愛好家や茶商の中には早摘み=正義と捉える「早摘み原理主義」の …
舘正規氏作の萬古急須と湯飲みを発売
三重県四日市市の無形文化財、舘正規氏の萬古急須と湯飲みが多数入荷しました。 https://hojotea.com/item/banko.htm 萬古急須は、日本茶やプーアル熟茶、ジャスミン茶、各種花茶などと相性が良い土 …
想像以上に奥が深く面白いお茶の焙煎技術
お茶には焙煎という加工法があります。中国茶における焙煎は非常に奥が深いので、少し掘り下げて紹介したいと思います。 尚、焙煎は、中国のお茶業界では烘焙とか、炭焙などの言葉で呼ばれます。 香ばしさを引き出すだけではない焙煎技 …
サツマイモのような甘い香りがする白茶、甜香白牡丹を発売
甜(てんこう)とは甘い香りを指す言葉です。2020年産の白茶を、約2年間無酸素で熟成させ、独特の甘い香りに仕上げました。 雲南省の茶園標高2000mの自然栽培茶産の1芽1葉の茶葉から作られた2019年産の白茶を数年間保存 …
桃やマンゴの香りがする台湾烏龍茶はあると思いますか?
偶に、お客さんから「以前飲んだ、桃の香りがする台湾茶が忘れられない」という話を聞くことがあります。 しかし、標準的な台湾茶の中には、桃の香りのする台湾茶はありません。 台湾のお茶専門店で、桃の香りがする烏龍茶(桃香烏龍) …
個性的なダージリンファーストフラッシュを3種類発売
ダージリン1st Flushを3種類発売しました。 3種とも肥料を制限した自然に近い栽培方法ゆえに、余韻が非常に長く、素材の味がしっかりと感じられます。 また、細胞密度が高く、ミネラルが濃厚ゆえに、プーアル茶や白茶のよう …

PAGETOP