機能が優れた急須は自然と美しく見える。

[2007.11.20] Posted By
IMG_9897.jpg
久しぶりに萬古焼の急須作家、舘正規氏に会いに行ってきました。
現在舘氏は非常に多忙を極めているにもかかわらず無理を言って、時間を作って頂きました。
舘氏のいる三重県四日市市は伊勢湾に面していることから、温かいイメージがあったのですが、現実は滋賀県の伊吹山で冷やされた伊吹降ろしにより実に寒い土地でした。
寒さのためか、舘氏はサムイを着て仕事をされており、夏お会いしたときの半袖半ズボン姿と比べるとずいぶん作家らしいいでたちでした。
舘氏はとても強面ですが、性格は極めて明るく、話しているとまるで漫才師の話を聞いているかと思うほど面白い方です。私はそのような柔軟で優しい舘氏の性格は急須作りに於いて重要な要素だと思います。
作家の性格というのは概して作品に現れる物です。舘氏の急須は繊細で全体に優しさがあり一つ一つがオーラを発しております。
因みに、急須の「オーラ」とは何なのでしょう?・・・と舘氏に聞いたところ、面白い解答を戴きました。
舘氏曰く、「丸い急須を思い浮かべて下さい」と言った場合、人それぞれが異なる丸を思い浮かべます。同じ丸でも人によってイメージする丸は異なります。急須があなたのイメージする丸に極めて近い形だったとき、あなたは急須に極めて強い親近感を感じるのですよ」と言うことだそうです。
舘氏は芸術を追究するのではなく、使う人が喜ぶ急須を自分の興味のある技法で作っています。
私が思う最高に美しい急須とは、「機能美」或いは別の言葉で表現するなら「用と美」ではないかと思います。
機能を追求して作られた急須は美しく見ていても飽きません。
ところで、今回私は窯変という技術に関し、とても詳しく教えて頂きました。
窯変とは、「焼きの芸術」です。焼き方により急須の表面に色の変化を与える技法の一つです。
急須をそのまま窯で焼いたら全ての色は均一となります。通常の萬古の急須はこのように作られます。
それに対し、窯変とは、急須を耐熱性の高い陶器に入れ、蓋を9割ほど被せることで、急須を蒸し焼きにします。
その際、急須に接するように籾殻や、その他秘密の材料を詰め込むことで、様々な炎が生じ、急須表面に色のグラデーションを作り出すのです。秘密の材料に関しても教えて頂だきましたが、舘氏の技法なので残念ながら公開できません。材料に対するこだわりを聞いてびっくりしました。
更に、高度な技術となると、部分的に陶器の表面を溶かす、銀色を発色する等、まさに焼きの芸術と言えます。
因みに舘氏の窯変急須は赤・黒・銀色に発色しております。銀色があまりにきれいなため私はてっきり釉薬を塗っているのかと勘違いしていたほどです。
窯変は意図的に作れる物ではなく、時として偶然が織りなす芸術でもあります。窯変急須の作成時には失敗がとても多く、思うような色が出ず、割ってしまうことは日常茶飯事だそうです。
素晴らしい作品が完成しても、その次に製作を行った場合、類似品は出来ても同じ急須は2度と作れません。
その点で、窯変の急須は所有する喜びを与えてくれます。正しく世界に一つしかない作品なのです。

IMG_0437.jpg
舘氏の窯変急須:手元に急須が無く、良い写真が見つかりませんでした。写真の急須は発色を良くするため、一般的な紫泥ではなく、古萬古風の白黄色い土を使用しております。左側が銀色に光っているのが見えますでしょうか?実物は本当に議員色にキラキラと光っております。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

白茶なのにプーアル生茶と烏龍茶の個性!无量山古樹白茶 を販売開始
雲南省南西部に位置する无量山産(むりょうさん)の自然栽培茶を使った白茶を発売しました。加工法を工夫することで、 …
ミャンマー産2010年ビンテージのプーアル茶!果敢古樹熟茶の販売開始
ミャンマーの果敢という地域で作られた8年もののビンテージプーアル熟茶を発売しました。極めて濃厚な味と個性的なビ …

最新の記事 NEW ARTICLES

お茶を美味く飲むためにお勧めする急須の選び方3ポイント
お茶を美味しく飲むという観点から、急須を選びで着目すべき3つのポイントを説明したいと思います。これらは陶器に限 …
白茶なのにプーアル生茶と烏龍茶の個性!无量山古樹白茶 を販売開始
雲南省南西部に位置する无量山産(むりょうさん)の自然栽培茶を使った白茶を発売しました。加工法を工夫することで、 …
お酒でお茶をいれる?!茶葉とお酒の意外な相性
お正月は何かとお酒を飲む機会が多いですが、お茶を使った小ワザを紹介したいと思います。 お茶で味が円やかになるの …
ミャンマー産2010年ビンテージのプーアル茶!果敢古樹熟茶の販売開始
ミャンマーの果敢という地域で作られた8年もののビンテージプーアル熟茶を発売しました。極めて濃厚な味と個性的なビ …
花の香りがする煎茶!月ヶ瀬萎凋煎茶の販売開始
奈良市月ヶ瀬の在来煎茶の一番茶から面白いお茶を作りました。煎茶なのですが、長時間の萎凋をすることで花の香りを高 …
ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …
台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …

PAGETOP