驚き!カルカッタの市内

[2006.12.18] Posted By

ご存じの通り、インドは長いことイギリスによる植民地支配を受けてきました。ビクトリア女王が王位についていた頃、大英帝国は全盛期を迎えておりました。当時のイギリスでは、植民地に近代的な農業経営、ロジスティクス、インフラストラクチャーを導入し、お茶を初めとする貴重な嗜好品の一大調達基地へと作り上げたのです。

当時のイギリスによるインド支配の中心地は、カルカッタでした。カルカッタには、当時イギリスの中枢として使用されていた、まるでホワイトハウスのような巨大な建物が残っております。
Kol_3.jpg
ビクトリア女王の栄華を今に伝えるビクトリアメモリアル。タジマハールを意識して作られたそうですが、年月が経つにつれ、ビクトリアメモリアルはやや黒ずんでおり、真っ白なタジマハールには至っておりません。
20061218171213.jpg
kol11.jpg
ビクトリア女王の銅像がありました。物凄く恐ろしいおばさんだったのでしょうね・・ 銅像にもかかわらず、彼女の恐ろしさが表情に表れております。
この他にも、カルカッタ市内の主要な建物という建物は、当時イギリスが建てた建築物がそのまま残っております。早朝のカルカッタ市内を車で走ると、まるでヨーロッパにいるかのような錯覚すらします。
これらは本当に息をのむように美しく、インド政府もそれら建築物が観光資源として価値があるということを徐々に認識し始めているようです。ただ、インドの町中は荒れにあれておりました。ホテルから一歩外に出ると、お金をたかる人が次々と現れては、後をついてきます。例えば、子供を連れた「女性がこの子のミルクを買うお金を下さい。」と言ってついてきます。ふと見たら、何と子供はビスケットを食べております。この女性は猛烈にしつこく、私を5分以上つけ回しました。これらの女性にお金を渡した場合、その他大勢が一斉にたかって来るそうです。
Kol_9.jpg
 Cathedral教会です。このような精悍な建物がカルカッタ市内にはごく普通に見られます。インド人たちも子供の頃から見ているため全然珍しいとも思わず、説明すらありませんでした。私が、「ちょっと待って」と言って車を止めて貰い、写真撮影をしました。
Kol_2.jpg
塔の周りを鳥がまっており非常に幻想的な雰囲気でした。私は色んな国に行ってもあまり建物には興味がない方なのですが、カルカッタの膨大な建物群には流石に驚き、それらの美しさは尋常ではありませんでした。
Kol_6.jpg
Kol_8.jpg
ダージリンの丘の上にあった教会
Kol_4.jpg
橋の下にもなにやら記念の建物が建っておりました。
Kol_1.jpg
プラネタリウムです。カルカッタにおける、政府・文化に関係する建物の殆どが歴史的な建物です。このプラネタリウムも未だに使われております。
Kol_5.jpg
NEW MARKETとです。マーケットですらこの凄さです。
私がインドで感じたことは、極めてインフラストラクチャーが整備されていないという点でした。インドが今後発展していく上で、最も必要なのは、交通・通信・ロジスティクスの整備ではないかと思います。インドで現在使用されているインフラは全てイギリス植民地時代に作られたものばかりです。が今後、発展する上で、インド政府自身によるインフラの再構築とそれを運営するためのルールの制定が大きな課題だと思いました。

 

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP