屋台の集合体 ホッカーセンター

[2006.03.11] Posted By
マレーシアにはホッカーセンター(別名;コーヒーショップ)と呼ばれるフードコートがあります。いわゆる屋台を効率的に運営するためのマレーシア独特の仕組みです。
先ずホッカーセンターという名称ですが、福建(ホッカー)料理の店が集まっていることに由来しております。但し実際には福建料理だけではなく、インド・マレー・洋食もどき、ナシカンダール等、様々な屋台が混在しております。ホッカーセンターは数店舗の屋台しかない小さなものから100店舗近い屋台を持つ巨大な物まで多種多様で、ペナンだけで数千或いはそれ以上のホッカーセンターが有ります。
20060311223350.jpg
ホッカーセンター
ホッカーセンターは経営者と、テナントである屋台により成り立っております。経営者は飲み物を販売し、また、屋台からのテナント料を収入とします。従って屋台は飲み物を販売することが出来ません。経営者の視点からすると、より良い屋台を誘致することは、自分のホッカーセンターの人気を高めることになる為、常に人気の有る屋台を求めます。また屋台は人気のあるホッカーセンターにテナントとして入ることができればより多くのお客さんを確保する事が出来るわけです。人気のあるホッカーセンターでは月に数百万近く利益を出しています。実際、ホッカーセンターの経営はマレーシアでは一般的な起業モデルです。ホッカーセンターを経営しつつ、その不動産が値上がりするのを待っているのです。多額のキャピタルゲインが得られそうな場合、ホッカーセンター丸ごと売りに出したり、土地だけ売約したりと、様々な不動産投資テクニックを用います。
マレーシア人及び現地に駐在している外国人の殆どが昼食はホッカーセンターで済ませます。大体、食べ物が2-3RM(60-90円)で飲み物が1RM(30円)くらいです。ホッカーセンターでおなじみなのが、福建麺、ラクサ、チキンライス、雲呑麺、トムヤム麺、クエティャオスープ、そして忘れてはならないのがエコノミーライス(経済飯)です。エコノミーライスとはご飯に自分の好きなおかずをトッピングするタイプで、屋台版のバイキングと言った感じです。値段が安く、野菜や自分の好きなおかずが食べられるので非常に人気があります。
20060311223429.jpg
Economy Rice
ホッカーセンターで売られている殆どの料理は火が通っているために衛生上特に問題はありません。但し、私の経験上、赤貝(Curry Mee)は非常に危険です。マレーシアでは赤貝を半生で食べる習慣があり、これを原因とするA型肝炎やその他の食中毒が多いそうです。
注文と支払いの仕組み
ホッカーセンターでは飲み物と食べ物は別々に注文しなければなりません。飲み物は席まで注文を取りに来てくれますが、食べ物は自分で注文しなければなりません。その為、食べ物だけ食べているとややきまりが悪いです。食べ物の注文は各屋台に行き、直接オーダーします。彼らは驚異的な記憶力で誰が何処に座っているか覚えております。(偶に忘れておりますが・・)。ホッカーセンターによってはテーブルに番号が付いており、その番号を伝える場合もあります。支払いは飲み物も食べ物も配達された時点で行います。これはマレーシア中何処の店に行っても同じ仕組みです。
20060311223328.jpg
チキン(ダック)ライスの屋台

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …

最新の記事 NEW ARTICLES

安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …

PAGETOP