雲南でドリフト三昧

[2010.06.23] Posted By

雲南省の旅の続きです。
プーアルは无量山の南端に位置しますが、そこから无量山に沿って、北へと北上しました。
実はここからが本当の雲南省山岳地帯の始まりでした。
移動は全てマイクロバスで行いました。
无量山を北上すると、緯度が高くなっていくため、トロピカルな生態系から、高山性の生態系へと変化していきます。
特に注目すべきは北上するに従って、松が山の木の割合が増えました。
途中までは良い感じに動いていたのですが、山の中腹の有る地点で突然交通渋滞にはまりました。
実は雲南省山岳地帯を移動する場合、渋滞は日常茶飯事なのです。
人々はバスから降り、トランプをやったり、お弁当を食べたり好きなことをやっております。
私は何をしていたかというと、猛烈に喉が乾いていたので、近に食べられそうな果物がないか散策しました。運が良いことに道沿いの斜面に野生のラズベリーが自生しており、それをたらふく食べました。
渋滞が発生すると、間をすり抜けようとする車が多発し、狭い山間部の道路にもかかわらず、対向車線にまでぎっしりと車が詰まっておりました。
対向車線も埋まっているわけですので、例え、渋滞の原因が解消されても、往来が出来ません。
こうして、7時間、8時間と時間ばかりが過ぎ、次のバス停に着いたのは、予定より10時間遅れでした。
物凄く疲れていたのですが、明日の予定もあるので、あと2時間だけバスに乗り次の町まで行こうと言うことになりました。
ところが、天気は大雨となり、舗装されていない道路は、グシャグシャになり、バスはまるでラリーカーのようにドリフトしまくりです。
生きた心地もせずに乗っていると、案の定、前のバスが川に落ちたらしく、再び渋滞が発生しました。
渋滞が解消されたのはその6時間後。次の町:「景谷」に着いたのは朝の4時でした。
道中、道は全く舗装されておらず、車内では寝るどころではありません。
頭は天井に打つし、腰はがくがくになるし、第一、道の脇を見れば、谷底まで一直線の崖ではないですか?!
気分はラリーのナビゲーター状態でした。それにしても、バスでドリフトするのは止めて欲しいです。
因みに、雲南省ではバスの転落事故は、ごく当たり前に発生します。
常にニュースを賑わしている話題が、バスの転落事故、真っ逆さまに数百メートル落ちるわけですから、誰も助かりません。
yunnan_bus.jpg
このバスに乗っていきました。座席の前後が異常に狭く、気分はサナギに入っている虫のようでした。
Yunnan_bus2.jpg
雲南省の人々は渋滞に慣れっこで、誰も文句を言いません。
yunnan_bus3.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

最新の記事 NEW ARTICLES

中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …

PAGETOP