絞り出しは中国茶をいれるのに便利でお薦め

[2015.12.10] Written By

絞り出し
「絞り出し」と言うお茶の道具をご存じでしょうか?この道具は主に玉露や煎茶をいれる道具として紹介されがちですが、特徴を理解すると、蓋碗の代わりの道具として、烏龍茶やプーアル茶のような中国茶にとても向いていることに気がつきます。

絞り出しは玉露や煎茶に向いているわけではない

絞り出しは玉露や手揉み煎茶のような高級煎茶を入れる道具だと思っておりませんか?それもそのはず、インターネット、書籍等多くのメディアでは絞り出しで玉露・高級煎茶をいれる道具として紹介されております。
ただ、なぜ、絞り出しで玉露や煎茶をいれる必要があるのでしょうか?おそらく、絞り出しには幅があるために「茶葉が開きやすい」という理由かと思われます。
ただ、茶葉が開きやすいのであれば、平型の急須、または、大きな急須を使えば良く、敢えて絞り出しを使う理由が見あたりません。
また、私の経験上、茶器の形状は最終的なお茶の香りや味には影響を与えません。仮に縦型の筒のような急須で煎茶や玉露をいれたとしても、スペースさえあれば茶葉は開きます。この点から、「絞り出しのような幅広の茶器で茶葉を開かせたい」というのはどちらかというと自己満足の世界になります。

絞り出しの特徴は、以下の3点にまとめることが出来ます。

  1. 流速が速い
  2. 大きな茶葉も含め、茶葉の出し入れが楽
  3. 口の隙間の開き度合いが決まっているため使い易い

流速が速い

絞り出しの場合、茶漉しがないため、茶葉で流れが閉塞することなく、蓋碗のようにスムーズにお茶を注ぎ出すことが出来ます。上手に作られている絞り出しは口の開口部が「三日月」の形状をしております。三日月の形状にすることで、茶葉を留め、お茶だけを流し出すことが出来ます。絞り出しの蓋と胴との隙間を調整するのは絞り出しを作る上で非常に難しく、開口部には作家の技術が反映されます。狭すぎたり、広すぎると、本来の絞り出しの機能を損ないます。以下のビデオは前川淳蔵氏作の古琵琶湖土の絞り出しです。ビデオを見て頂くと、絞り出しの流速が速い点を理解して頂けます。前川氏の絞り出しは開口部が非常に精巧に作られており、非常に使い易いと感じております。

大きな茶葉も含め、茶葉の出し入れが楽

絞り出しは蓋を外すと、まるでお茶碗のようにシンプルな構造をしております。このため、茶葉をいれるのも、茶殻を取り出すのも楽です。特に、プーアル茶や鳳凰単叢烏龍、武夷岩茶のように茶葉が大きなお茶をいれる際にとても便利に感じられます。

絞り出し

絞り出し

絞り出し

口の隙間の開き度合いが決まっているため使い易い

中国や台湾を訪問されると気がつかれると思いますが、お茶の専門家の多くは蓋碗を使ってお茶をいれます。蓋碗は流速が速く、また、茶葉の出し入れが楽と言う点で、普段仕事でお茶をいれている私達プロにとっては非常に使い易い道具です。ただし、蓋碗には短所もあります。それは、流速をコントロールする蓋と胴の隙間を自分で調節する必要があり、それが原因で割とミスしやすい点です。
隙間が広すぎると茶葉も一緒に流れ出るし、狭すぎると流速が遅くなります。また、プロの私でも湯をいれすぎて火傷しそうになる事もあります。絞り出しは、蓋の隙間をを自分で調節する必要が無いため、不慣れな人にでも上手にいれることが出来ます。

蓋碗

蓋碗

絞り出し

絞り出しを用いた紅茶の淹れ方の例

絞り出しの特徴を利用した紅茶のいれかたを紹介した動画をご覧ください。白茶、緑茶も同じ方法でOKです。烏龍茶、プーアル茶の場合、リンスを2回行ってください。紅茶をリンスするというやり方はやや意外かと思いますが、一度リンスすることで、温度を高め、これをすることで、よりクリアーな香り、味にお茶をいれることが出来ます。ただし、この方法は勿体ないと思われる場合、紅茶や緑茶の場合リンスなしでも大丈夫です。ただし、リンス有りでいれた紅茶とリンスなしでいれた紅茶では、香りと味わいが異なります。動画中では蒸らし時間を数秒とっておりますが、もっと短くても良いかと思います。緑茶は低い温度でいれるという概念があるかと思いますが、高温短時間のいれかたでも意外に美味しいことに驚かれると思います。高温短時間でいれると、意外に苦みや渋味が出にくい特徴があります。この高温短時間のいれかたは現在中国や台湾におけるお茶のプロが多く用いる方法で「工夫式」と呼ばれます。


絞り出し

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

東洞庭山産、無農薬無肥料の碧螺春を発売
碧螺春(Biluochun)は中国を代表する緑茶の一つで、その優れた品質と独特の風味で有名です。HOJOでは、無肥料無農薬栽培による、余韻の長い碧螺春をお届けします。 https://hojotea.com/item/g …
マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …

最新の記事 NEW ARTICLES

2022年産の鳳凰単叢老欉と単株茶を3種類発売
単株を含む、鳳凰単叢の老欉を3種発売しました。今回発売したお茶は以下の三種類です。何れも標高1200mの茶園産で有り、高山茶ゆえの濃厚な香りが素晴らしいお茶です。 鳳凰単叢老欉夜来香 2022 鳳凰単叢老欉兄弟仔 202 …
東洞庭山産、無農薬無肥料の碧螺春を発売
碧螺春(Biluochun)は中国を代表する緑茶の一つで、その優れた品質と独特の風味で有名です。HOJOでは、無肥料無農薬栽培による、余韻の長い碧螺春をお届けします。 https://hojotea.com/item/g …
マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …

PAGETOP