• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

日本茶、中国茶、紅茶などおいしく飲むための水

[2016.02.24] Posted By

メールマガジン第71号 : 2016年02月11日発行

お茶をいれる際、最も重要なのは「水」です。
美味しい水でいれたお茶は、美味しくなるし、逆に、まずい水でいれたお茶は不味くなります。

都市部の水は美味しくないというのは迷信

多くの人が、都市部の水は美味しくない、田舎の水は美味しいと想像しがちですが、客観的に水の評価をしてみると、街の開発の度合いと水の味は余り相関がありません。
私は講習会などで東京やその他の都市部の水を使用してお茶をいれることがありますが、東京であっても、適切な処理が行われていれば、十分に美味しくお茶をいれることが出来ます。

日本の水に含まれる塩素量には上限がない

水道水には微生物を殺菌するために塩素が含まれております。
ヨーロッパの場合、法律で塩素の最高値が定められておりますが、日本の場合は、各地方の条例で、最低塩素量が定められているだけで、最高値が設定されておりません。
この為、自治体によって、或いは、それぞれの浄水場によって、投入される塩素の量はまちまちとなっております。
異なる地域で水を飲んだら美味しく無かったと感じるのは、自分の住んでいる市町村よりも多くの塩素が使用されている事で、その水が美味しくないと感じている場合が多いようです。

塩素はお茶の香り成分と反応する

塩素を水に投入する目的は、微生物の殺菌です。塩素は非常に反応性が高い物質であるため、微生物の細胞膜と反応し、微生物を殺菌します。
塩素の場合、微生物のみに対して特異的に反応をするわけではなく、あらゆる有機化合物に対して反応します。お茶の香りや味にも有機化合物が関係しております。
したがって、水の塩素を除去せずにお茶をいれると、塩素がお茶の香をはじめとする、様々な成分と反応します。
塩素と反応した香り成分は、塩素と結合し、異なる分子構造を持つ物質へと変化します。この結果、お茶は本来の香り・味がしなくなります。
塩素はまた、人体に対しても有害な物質であるため、お茶を安全に美味しく飲むためには塩素を確実に除去する事が重要です。

水をしっかり沸騰させれば塩素は除去できるのでしょうか?

結論から言うと、例え30分沸騰させても塩素の臭いは気になります。
また、微生物や水に含まれるその他の有機物と反応した塩素は、有機物と結合し、トリファロメタンのような有機塩素となります。
これらの物質は塩素よりも揮発しにくいため、沸騰したくらいでは塩素は完全に除去する事は出来ません。

お勧めの塩素除去方法

塩素を除去する唯一の方法は活性炭フィルターを使うことです。
ただし、活性炭フィルターもメーカーごとに異なる材料から作られており、それぞれの活性炭に含まれるミネラルが味へ良くも悪くも影響します。
各地方の水との相性もあるため、一概にどのメーカーが良いとは言い切れませんが、フィルターの材質で水の味が変わるという点は頭にとめておくべきです。
仮に、購入したフィルターと水との相性が悪い場合、簡単に別のメーカーに変えられるようにするためにも、フィルターは出来るだけ簡易的で安価なタイプがお勧めです。
各メーカー共に、ヘパフィルターをはじめ、様々な高機能フィルターを販売しておりますが、お茶の場合、沸騰させた水を使用するため、フィルーターとしては最も安価で塩素除去の機能のみで十分です。

 

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP