お茶が渋い?原因は茶葉だけではありません。水が原因のことも

[2012.12.06] Posted By

お茶を飲んだときに感じる渋味ですが、私がお茶を購入する際にはマイナス要素、つまり減点対象となります。
そもそも渋いお茶を飲んでも不快なだけで、渋くない方がお客さんからも好まれます。
ただ、渋味と言っても、その正体は殆ど解明されておりません。
学者や試験場の技術者が書いたお茶の専門書を見てもお茶の渋味に関する記述は非常に曖昧であったり、データと考察が一致してなかったりと理解に苦しむ内容が多いと感じております。
私も分子レベルまでは追求できておりませんが、経験的に理解している知見を紹介したいと思います。
お茶の渋味には2種類の渋味があります。
1.有機化合物による渋味
2.無機化合物による渋味
有機化合物による渋味については後日ブログで詳しく書こうと思いますが、これも2つに大別することができます。
1a: 原料由来の渋味
1b: 酸化劣化により生じる渋味
今回はあまり知られていない無機化合物による渋味について説明したいと思います。
お茶に限らず、水、茶器であっても、それらに特定の金属が含まれている場合、渋味を呈します。
この渋味の感じ方は夏に摘まれたような低品質のお茶による渋味の感じ方とは明らかに異なります。
金属による渋味は、舌のざらつき、舌の表面に何かがこびりついたような不快感、口の中のイガイガ感がこれにあたります。
普段飲んでいる水でも、この様な感覚はあるのですが、「ゴクゴク」と飲んだ場合さほど気になりません。
ビールなどでも上記の様な渋味を呈する物がありますが、ゴクゴク飲むために殆ど気になりません。
お茶の場合、熱いために少しずつ飲みます。ゆえに渋味がより増幅されて感じられます。更に、高品質のお茶になればなるほどこの渋味は更に気になります。
私が分かっている限りでは、渋味の正体は亜鉛です。他にも渋味を呈する金属があると思うのですが、未だ確認作業ができておりません。
宜興の茶壺で「紫泥」という土がありますが、この土には特に亜鉛が多く含まれております。
(注:紫泥と紫砂は異なります。紫砂は宜興の各種土の総称であり、紫泥は紫砂の中の1つです。)
この為、紫泥の茶器は伝統的に渋味があまり気にならないプーアル熟茶に用いられ、その他のお茶にはあまり向きません。
お茶の場合、紫泥に使われるような紫系・茶系・エンジ系の土壌にて生育すると、その土壌に含まれる亜鉛をお茶が吸収することからやはり渋味を呈します。
IMG_3638.jpg
IMG_3640.jpg
亜鉛を多く含む紫泥
IMG_3299.jpg
紫泥で作られた茶器:観賞用としては素晴らしいのですが、お茶を飲む道具としてはやや疑問が残ります。
水の場合、意外に水の精製をする装置由来で亜鉛が含まれることが多くあります。
例えば、フィルターを長期にわたり変えなかった場合、渋味が増します。
日本で販売されている有名ブランドのミネラルフォーターでもかなり気になるレベルの渋味を呈する水があります。
水としてゴクゴク飲んでいると殆ど気になりませんが、お湯にして少しずつ飲んだり、お茶を淹れると非常に気になります。
せっかく良いお茶を出しても、何らかの原因で舌に渋味が感じられるとお茶が感謝されないばかりか、悪質なお茶だと思われてしまうため、渋味に対する知識は重要です。
今後、何回かに分けてより詳細を説明したいと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP