お茶が渋い?原因は茶葉だけではありません。水が原因のことも

[2012.12.06] Written By

お茶を飲んだときに感じる渋味ですが、私がお茶を購入する際にはマイナス要素、つまり減点対象となります。
そもそも渋いお茶を飲んでも不快なだけで、渋くない方がお客さんからも好まれます。
ただ、渋味と言っても、その正体は殆ど解明されておりません。
学者や試験場の技術者が書いたお茶の専門書を見てもお茶の渋味に関する記述は非常に曖昧であったり、データと考察が一致してなかったりと理解に苦しむ内容が多いと感じております。
私も分子レベルまでは追求できておりませんが、経験的に理解している知見を紹介したいと思います。
お茶の渋味には2種類の渋味があります。
1.有機化合物による渋味
2.無機化合物による渋味
有機化合物による渋味については後日ブログで詳しく書こうと思いますが、これも2つに大別することができます。
1a: 原料由来の渋味
1b: 酸化劣化により生じる渋味
今回はあまり知られていない無機化合物による渋味について説明したいと思います。
お茶に限らず、水、茶器であっても、それらに特定の金属が含まれている場合、渋味を呈します。
この渋味の感じ方は夏に摘まれたような低品質のお茶による渋味の感じ方とは明らかに異なります。
金属による渋味は、舌のざらつき、舌の表面に何かがこびりついたような不快感、口の中のイガイガ感がこれにあたります。
普段飲んでいる水でも、この様な感覚はあるのですが、「ゴクゴク」と飲んだ場合さほど気になりません。
ビールなどでも上記の様な渋味を呈する物がありますが、ゴクゴク飲むために殆ど気になりません。
お茶の場合、熱いために少しずつ飲みます。ゆえに渋味がより増幅されて感じられます。更に、高品質のお茶になればなるほどこの渋味は更に気になります。
私が分かっている限りでは、渋味の正体は亜鉛です。他にも渋味を呈する金属があると思うのですが、未だ確認作業ができておりません。
宜興の茶壺で「紫泥」という土がありますが、この土には特に亜鉛が多く含まれております。
(注:紫泥と紫砂は異なります。紫砂は宜興の各種土の総称であり、紫泥は紫砂の中の1つです。)
この為、紫泥の茶器は伝統的に渋味があまり気にならないプーアル熟茶に用いられ、その他のお茶にはあまり向きません。
お茶の場合、紫泥に使われるような紫系・茶系・エンジ系の土壌にて生育すると、その土壌に含まれる亜鉛をお茶が吸収することからやはり渋味を呈します。
IMG_3638.jpg
IMG_3640.jpg
亜鉛を多く含む紫泥
IMG_3299.jpg
紫泥で作られた茶器:観賞用としては素晴らしいのですが、お茶を飲む道具としてはやや疑問が残ります。
水の場合、意外に水の精製をする装置由来で亜鉛が含まれることが多くあります。
例えば、フィルターを長期にわたり変えなかった場合、渋味が増します。
日本で販売されている有名ブランドのミネラルフォーターでもかなり気になるレベルの渋味を呈する水があります。
水としてゴクゴク飲んでいると殆ど気になりませんが、お湯にして少しずつ飲んだり、お茶を淹れると非常に気になります。
せっかく良いお茶を出しても、何らかの原因で舌に渋味が感じられるとお茶が感謝されないばかりか、悪質なお茶だと思われてしまうため、渋味に対する知識は重要です。
今後、何回かに分けてより詳細を説明したいと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …

PAGETOP