雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い

[2024.04.30] Written By


中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは本当に誘っている場合と、京都における「お茶でもどうぞ」と同じで、逆の意味を持つ場合があることがあると分かります。

雲南省ではお茶を選ぶのでは無く、自分たちで生産

鳳凰単叢や台湾の烏龍茶の場合、私たちは産地を訪れ、生産者が作ったお茶を選定します。品質向上に不可欠なのは、選定プロセスで問題点を共有し、それに起因する製造上の課題を生産者と話し合うことです。

しかし、雲南省のお茶については、仕入れ方法が全く異なります。単に出来上がったお茶を仕入れるのではなく、私たちは生産者の設備や工場、人員を活用し、生産管理はもちろん、実際に自らお茶を生産しています。ある意味、アウトソーシングのような形態を取りながら、自らが生産者として活動しています。そのため、夜中の2時や3時まで工場に滞在することも珍しくありません。滞在中は、生産者の提供で夕食を毎回ご馳走になっております。

現在も私達は雲南省に滞在しており、日々の様子は以下のインスタやFacebookで紹介しております。

https://www.instagram.com/hojoteajp/
https://www.facebook.com/hojoteajp

雲南省では肉が一番高価な食材

雲南省では、野菜が非常に安価であり、一方で肉類は高価であるという現状があります。少数民族のマーケットなどに行くと、野菜は種類に関係なく、一束1元(20円以上)程度が相場です。

そのため、ゲストをもてなす際には肉料理が用意されることが一般的です。また、それら肉料理の味付けは、各種香辛料に加え、発酵食品やハムが用いられます。

山間部では、ほとんどの農家がハムや発酵豆腐など、さまざまな発酵食品を製造しています。これらの貯蔵食品は彼らの料理に欠かせず、特にハムは日本料理における煮干しや昆布、鰹節のように出汁を取る上で欠かせない食材として重要視されています。

夕食を戴くべき状況とお断りすべき状況

野生茶の探索や遠隔地の茶園を訪れる際には、現地の農家の方々が料理を振る舞ってくれます。私は、夕食まで御馳走になってしまうのは非常に申し訳ないと思い、一緒に行った友人に帰ろうと促すのですが、彼らは食べる気満々で、帰ることを拒みます。結局、毎回昼食や夕食を御馳走になるのが常です。

山村での野生茶探索の際にいただいた食事は、余韻が強烈に長く、シンプルながらも香辛料やハーブの複雑な香り、そして発酵食品による味わいが素晴らしい料理でした。

一方で、生産工場などで皆で食事をしていると、色んな人が代わる代わる工場に用事があって立ち寄ることがあります。雲南省では、やってきた人には、立場に関係なく、必ず、「吃饭!」と声をかけます。つまり、「一緒にご飯を食べましょう!」という意味です。しかし、工場に来た人が実際にご飯を食べるのを見たことがありません。彼らは基本的に何らかの理由で断り、ご飯を食べません。近所の人に「ご飯食べてってよ」というのは、雲南省では「こんにちは」と言う意味なのです。

外の世界との繫がりを非常に重要視する地域性

私は既に雲南省に10年以上来てますが、最初の内は、このご飯を戴くべきか、お断りするべきかの空気感が中々読めませんでした。ただ、最近分かったのは、遠路、仕事の話で遙々訪れたお客には、ご飯を振る舞うし、お客もそれを戴くのがある種のマナーなんだという事です。

雲南省で仕事をしていて思う点は、彼らはお茶、クルミ、山菜、キノコ、蜂蜜、ハム、その他発酵食品など、我々から見たら非常に貴重な食材を生産したり、採取したりしておりますが、村が山奥の僻地に位置していることで、外との繫がりが非常に限られております。このため、他省はもちろん、自分たちの村外から来た人と知り合うことは、外との販路を確保する稀少なチャンスなのです。このため、彼らは些細な出会いでも、外の人との出会いを非常に大切にします。外から遙々来た人をもてなすのも、そういう地域性ゆえなんだと思います。

彼らのもてなしに仕事を通じて応えてあげるのがベストなのですが、そうも行かないことも多々あります。そのため、私たちが山村を訪問する際には、フルーツやお菓子など、村では稀少と思われるお土産を沢山持参するように心がけています。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …

PAGETOP