中国茶器市場に突如現れた日本風の茶器

[2017.10.03] Written By

過去数年間、各種メデイアで中国人観光客の爆買いが盛んに報道されておりましたが、時同じくして日本の茶器、特に鉄瓶や手作り急須を中国に持ち帰った観光客の影響もあってか、中国は日本の茶器が売れに売れておりました。しかし、1年位前から、中国の茶器市場では急速に変化が起きております。中国で日本の茶器風の手作り茶器が製作され販売され始めました。しかも、デザインも質も非常に洗練されており、商品によっては日本より高い値段で売られており、もはや模倣の域を脱してると率直に感じました。

数年間の中国茶器特需

中国における茶器のブームは南部鉄瓶から始まり、その後、常滑焼、萬古焼、更には新潟の槌起銅器なども中国に輸出されておりました。日本の手作り急須や鉄瓶は中国で数倍の値段で売られており、それが頻繁に話題に上りました。まさに茶器バブルに沸いたここ数年でした。しかし、私の観察、急須の卸関係者の話しを聞く限り、昨年くらいから、中国における日本の茶器特需は収束しつつあるようです。

中国の茶器卸市場で見た銀瓶を初め、槌器銅器。産地は不明ですが、流通に乗っているところを見ると、おそらく中国製ではないかと思います。

流行の変化が非常に速い中国茶器市場

私はマレーシアの直営店舗で販売するための商品の仕入れと視察を兼ねて、中国の茶器卸市場を毎年訪問しております。日本の茶器売り場は1年間訪問しなくても、売られている商品の内容、売れ筋商品などはそう大きく変化がないのに対し、中国の茶器市場は一年訪問しないだけで、商品のトレンドや売れ筋などが劇的に変化します。例えば、昨年仕入れ、店で非常に人気があった場合、仕入れをリピートしたいと思うわけですが、同じモデルが翌年まで継続されることは殆ど無く、毎年同じものを仕入れることはほぼ不可能です。中国の場合、流行・嗜好の変化に非常に敏感で、まるでファッション業界のような速さで流行が変化します。台湾の茶芸トレンドも中国茶器業界では積極的に取り入れており、過去数年は台湾茶芸スタイルを模倣した商品も多く見られました。

天目茶碗:最初は台湾で流行しておりましたが近年では中国でも作られるようになりました。

中国では日本のスタイルを踏襲しつつ非常に質の高い茶器が流通

今年、中国茶器卸市場を訪問したところ、日本の茶器のスタイルを踏襲した茶器が大量に並んでおり驚きました。去年までも日本風の茶器はありましたが、明らかに中国製と分かる質の低い鉄瓶がある程度でした。しかし、今年になると状況が変わっておりました。中国の売り場には日本の茶器のスタイルを踏襲する多種類の急須、槌器の茶筒、槌器銅器や銀器が並んでおりました。更に、その内容に驚きました。急須などは、非常に形がよく、また、作りも非常に丁寧で精巧でした。更に、商品によっては、日本円で数万円で売られているものもあり、もはや模倣の域を超越していると感じました。宜興の茶壺製作で鍛えられた陶芸家が作っているだけに、デザインはシンプル且つ、魅力があり、また、お客さんの好みを良くとられていると思いました。

銀製の茶筒:極めて精巧に作られており蓋がゆっくりとおりてゆく様に感嘆しました。

茶器のグローバル化

前述したように、中国では売れている商品のトレンドを掴み、それを自分たちの商売に反映させるスパンが非常に速いです。これは茶器だけでなく、お茶に関しても言えることで、数年スパンで新しいお茶が開発され、作られるお茶も急速に変化しております。中国というと安かろう悪かろうというイメージがあるかもしれませんが、このイメージを全てに当てはめるのは間違いです。中国茶や景徳鎮の磁器、宜興の茶壺に代表されるように、中国製の商品でも質の高い物は非常に高く、それを作る為の労力を惜しみません。特に近年は、経済的に豊になったことで、同国内でも質を求める人が増え、日本風の茶器も中途半端に安物を作るのではなく、明らかに品質勝負の質の高い商品を作ろうとしています。今後、中国製の「急須」を初め、日本風の茶器が更に増えてくる事が予想され、同時に 中国における日本製の茶器バブルは終焉を迎えると予想されます。今後茶器に関してもグローバル化が起ころうとしていることを予感させられました。私も日本製の茶器を世界に紹介している1人として、Made in Japanという事実だけではなく、道具としての高い機能と、独自性を追求し続ける事の大切さをあらためて認識しました。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …

最新の記事 NEW ARTICLES

佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …
知ってますか?発酵食品とお茶の発酵の違い
紅茶や烏龍茶は「発酵茶」と表記されますが、実際のところ、発酵食品なのでしょうか? 本コラムでは、お茶と一般的な発酵食品の違いについて詳しく説明したいと思います。 一般的な発酵食品とは 一般に発酵食品といえば、生産に微生物 …
松林大樹茶園 単株古樹生茶2019を限定量のみ発売
2019年産の単株プーアル生茶、松林大樹茶 単株生茶 2019 を発売しました。 このお茶は、松林の間にひっそりと自生する、樹齢300歳越えの大木から収穫された単株生茶です。 日陰の木のみ選んで収穫していることから、日陰 …
古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

PAGETOP