天然土なら良いとは限らない朱泥急須の性能

[2014.06.24] Written By

朱泥は日本、中国を始め、世界のお茶マニアの間でとても人気のある素材です。朱泥の人気は、中国の江蘇省の宜興の朱泥茶壺(中国語で茶壺とは後手の急須を指す)に端を発します。1960年以前に宜興で作られた朱泥茶壺の中には、お茶の味をコクやボディの点で顕著に改質するものが多く見られました。
残念な事に近年作られた宜興の朱泥茶器の多くは、見た目は昔の朱泥茶器とそっくりでも、味の点では全く異質であり、年代物の宜興の朱泥茶壺のような高い性能のものを見つけ出すのは極めて困難となっております。これは良い朱泥が産出されないという問題もありますが、むしろ作家の意識の問題が大きく、朱泥の種類とお茶の味との相互関係を理解している作家がいなくなってしまったことが最大の問題だと考えます。

世界中にある朱泥

世界のお茶マニアの多くは宜興を朱泥の聖地のように考えており、優れた土は宜興にしかないと考えている人も少なくありません。ただ、私は、お茶の味をより美味しくする(コクやボディを強化する)土があるのは中国だけでなく、世界中、至る所に存在すると思っております。私が知る限り、朱泥と呼べる土は、日本にも、アジアにも、ヨーロッパにもあります。例えば、ワイン用のブドウの産地、オリーブの産地の多くは、赤土や粘土質の朱泥により構成されております。日本でも宇治茶の産地などは、茶園の土を少し掘ってみると下層は厚い朱泥層で覆われております。私にとって身近なところでは、私の家の畑にも朱泥が豊富に存在します。表層の黒い土を除去すると、その下は厚い朱泥の層で構成されております。

朱泥

私の家の畑:黒い表土を掘り進むと下には朱泥の層が見られる。

朱泥

日本にも縄文時代からあった朱泥の焼き物

日本でも遙か大昔から朱泥は容器に使われてきました。他でもない、縄文土器です。私は以前、縄文土器と水の味との関係を評価したこともあります。これら朱泥の特徴としては原土は粘性が高く黄土色をしており、焼成することで朱色に焼き上がります。

朱泥の原土と焼成後のコントラスト

原土とテストピースの比較:焼くことで綺麗な朱色に変化する

お茶味を美味しくする朱泥を選び出す事が仕事

朱泥は至る所にあるものの、急須作家は極めて限られた地域にしかおりません。このことから急須産地外にある朱泥の存在は一般にはあまり知られていないのが実情かと思います。私は急須の産地として有名かどうかに関係無く、出来るだけ多くの朱泥を評価し、味の点から優れた素材を選び出すことを仕事としております。

朱泥

黄色の色をしているのは朱泥の原土

朱泥

原土から作られた焼く前のテストピース

土を評価する際にはまずテストピースを製作します。テストピースはまず原土から作ります。
テストピースを作成することで、土とお茶の味との関係を評価することが出来ます。
評価をするにあたっては、「美味しい」「美味しく無い」と言った、主観的な評価ではなく、より客観的に「コク」「ボディ」「渋味」をそれぞれ評価します。

窯

土の評価を効率的に行うために近年窯を購入しました。

朱泥

各種の朱泥から作られたテストピース(酸化焼成後)

数パーセントしかない理想の朱泥

前述したとおり、焼き上がった状態の色合いのみに注目した場合、「朱泥」を探すことは全く難しい事ではありません。おそらく日本全国に分布しているものと思われます。また、原土を専門とする土業者を訪ねれば朱泥は容易に入手出来ます。ただし、「コクやボディを改善し、渋味を呈さない土」となると極めて希にしか存在しません。私の経験上100種類の朱泥を焼成して評価し、数種類良い土が見つかれば良い方だと思っております。更に、例え味の点で求める性能が確認されたとしても、焼き上がった土の状態がボソボソだったり、高い吸水性を有する場合、水漏れしてしまうために、茶器には向きません。

鉄以外のミネラル分が朱泥の性能に大きく影響

実際、日本・台湾・中国では朱泥の茶器が多く製作されております。ただし、100%天然の土から作られた朱泥であってもお茶の味を円やかにするとは限りません。基本的に土に鉄分が多く含まれていれば、窯で焼くことで鉄分が酸化し(酸化鉄になるため)、赤く発色します。鉄分ばかりが注目されがちな朱泥ですが、もう一つ重要なのは鉄分以外のミネラルの存在です。金、銀、チタン、錫、鉄、プラチナのように味を良くするミネラルもあれば、アルミ、亜鉛、銅のように渋味を増し、コクやボディをカットし、渋味を呈するミネラルも存在します。実際にテストすると、コクやボディが劇的に減少する、渋味が強く感じられる等のマイナスの作用を示す土もあります。

お茶の味を美味しくするという点で「優れた朱泥」といえる土はごく僅かであり、その様な土を見つけ出す為には偶然に頼るのではなく、土と味の関係を客観的に評価することが重要かと思います。
中国宜興における先人達も長い歴史の中、経験的にスクリーニングを繰り返すことで優れた朱泥を見いだしてきたのではないでしょうか。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …

最新の記事 NEW ARTICLES

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …
月ヶ瀬在来煎茶の新茶など3種類のお茶を発売
新茶2種を含む、3種類のお茶を発売しました。 – 月ヶ瀬在来煎茶 2022 – 月ヶ瀬萎凋煎茶 2022 – 茯磚茶 2021 月ヶ瀬在来煎茶 https://hojotea.com/ …
渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶各種が多数入荷
渡辺陶三氏の急須・茶壺・宝瓶が多数入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 今回入荷したのは、以下の種類です。 – 秋津無名異酸化焼成 – 秋津無 …
鳳凰単叢単株茶2種を含む、6種類のお茶を発売
6種類のお茶を新しく発売しました。 東山生茶 2015年 マレーシア熟成 无量山古樹熟茶 散茶 2020年 宮廷金毫 散茶 2020年 茶頭磚 普洱熟茶 2017年 マレーシア熟成 鳳凰単叢老欉杏仁香 単株 2021年 …
2022年の中国茶の生育状況、品質、価格に関する現地情報
2022年における、中国のお茶の生育状況、価格相場について現在分かっている状況をシェアしたいと思います。 2022年のお茶の生育状況について 今年はお茶の収穫シーズン前の2月-3月に十分な雨量があったため、お茶の生育が良 …
高山紫茶2021 餅茶(プーアル生茶)を3種類発売
  高山紫茶 2021を発売しました。このお茶は紫茶と呼ばれるお茶から作られた、プーアル生茶です。 紫絹茶とは異なる臨滄の紫茶 紫茶は中国雲南省臨滄の南西部の標高2000m付近の茶山にてごく少数栽培されている非 …
野生茶や鳳凰単叢など8種類のお茶を発売
プーアル生茶、白茶餅茶、鳳凰単叢烏龍茶など、合計8種類のお茶を発売しました。 大雪山野生生茶 2021 餅茶 357g https://hojotea.com/item/d27.htm 散茶バージョンは昨年の春に販売しま …
マレーシアで熟成した生茶2種、熟茶1種を含む4種のプーアル茶を発売
プーアル生茶2種、熟茶2種の4種類のプーアル茶を発売しました。 烏木龍古樹生茶2019 https://hojotea.com/item/d78.htm 烏木龍古樹生茶は低い温度で殺青を行っており、私が現地で生産管理をし …
マレーシアの倉庫で熟成した3種類のプーアル生茶を発売
3種類のプーアル生茶を発売しました。 何れも、マレーシアの倉庫で暫く熟成した後に、日本へ転送したお茶です。 熱帯地方の高い温度下で熟成したことで、新茶では決して味わうことの出来ない、甘い香りが形成されております。 劉家古 …

PAGETOP