陶器や鉄瓶とコーヒーの味の関係

[2015.02.13] Written By

陶器でコーヒーを飲む
私が急須作家の協力のもとにプロデュースしている茶器ですが、お客様の中には、お茶に使用するだけではなく、特にフリーカップなど、コーヒーをより美味しく楽しむ目的で購入される場合があります。そこで、各土の特徴がコーヒーの味にどう影響するのか解説してみたいと思います。

コクとボディが重要な評価指標

私はコーヒーの専門家ではありませんが、コーヒーは人並み以上に好きです。自分なりにこだわった豆を購入し、毎日のように飲んでおります。私には親しい友人でコーヒーの仕入れ・焙煎のプロがおります。彼と一緒にテイスティングをさせて貰うことがありますが、コーヒーについても、テイスティングの基本はお茶やワインと同じと言えます。味の立体感の要素であるコクとボディを評価することで、豆の品質的特徴を理解し、更に、苦み、酸味、渋味などを評価することで、焙煎や豆の個性を評価します。もちろん、これら以外にも評価する人によってそれぞれ独自の評価指標があるでしょうが、これらが最も重要な評価ポイントかと思います。

陶器によるコーヒーのコクとボディ変化

優れた性能の陶器をコーヒーに使用すると、お茶が変化するのと同じく、コーヒーでも例外なく味が変化します。(尚、この変化は私の経験上過半数の人が理解できますが、中には様々な理由から理解できない人もおります。)陶器をコーヒーに使用した場合、お茶と同じく、コク(奥行き、透明感、軟らかさ)やボディ(ふくよかさ、広がり、香りの豊かさ)が土の特徴どおりに変化します。例えば、お茶のコクを増す土は、コーヒーのコクも増します。また、お茶のボディを増す土は、同じくコーヒーのボディを増します。この変化は茶器に水を通した場合も同じように感じられます。

コクとボディにより変化する酸味と苦み

コーヒーの場合、コクやボディが変化すると、それに伴って、苦みと酸味の感じ方が非常に大きく変化します。コクが増えると、酸味が増強され、逆にボディが増すと、酸味があまり感じられなくなり、逆に苦みが気になるようになります。
もともと酸味の強いコーヒーを還元焼焼成系のようなコクだけを引き上げる陶器フリーカップで飲んだ場合、非常に酸味が強く感じられます。

コーヒーの個性を理解し、それを補う形で茶器を選択

私はコーヒーの個性にもとづいて、組み合わせるカップの素材を選ぶようにしております。例えば、あまり酸味がきついと感じられた場合、ボディを強めるタイプの陶器、例えば、清水謙氏の無名異や信楽土、また、私が現在開発中の伊賀天然朱泥のような土を選択します。酸味が強いコーヒーでも、「ボディを高める土」で飲むと不思議なくらい酸味が緩和されます。逆に、焙煎による苦みが強く、味に奥行きが感じられないコーヒーの場合、私はコクを増す土を選びます。そうすることで、苦みが緩和され、バランスの良い味へと変化します。

南部鉄器の湯でコーヒーを飲んだ場合

南部鉄器で沸かした水の場合も、同様にその水がコクを増すか、ボディを増すか理解しておく必要があります。南部鉄器の場合、釜焼き工程と言って、鋳込んだ鉄瓶を、炭火で焼き、表面を処理する工程があります。この工程を経ることで、銀色だった鉄瓶が、還元され、青黒い色へと変化します。ただし、メーカーにより、使用する炭の種類が異なります。白炭を使用した場合、還元が強くかかるためか、還元焼成の陶器と同じくコクを増すもののボディは高めない性質の鉄瓶になります。逆に黒炭を利用した場合、中性還元的な焼き上がりになるためか、コクだけでなくボディを高める性質になります。また、砂鉄の場合、コクとボディの両方を高める性質があります。流通している鉄瓶は、水の味をいずれかの方向へと変化します。従って、「鉄瓶=水を美味しくする」ではなく、コクとボディのどちらを高める性質があるのかを正確に理解することで、飲み物にあった使い方をすることが出来ます。
茶器とコーヒーの味の関係

ジュースを陶器のカップで飲んだ場合

ボディを高めずコクを高める陶器を利用した場合、コーヒーの酸味が強調される点について説明しましたが、実は全く同じ現象が、フルーツジュースでも見られます。例えば、グレープフルーツジュース、オレンジジュースなどを野坂還元のフリーカップで飲むと、コクが増すと同時に酸味の強いジュースになります。逆に、酸味が強すぎるジュースを無名異酸化焼成の容器で飲んだ場合、ボディが増すと同時に酸味が軽減されます。

一概に土の土が適していると言うことではなく、コーヒーやお茶、更にはジュースなど、素材の個性を理解し、それにあわせて陶器を選択することが重要と考えます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …

最新の記事 NEW ARTICLES

濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売しました。 単株白茶 2018 マレーシア熟成 https://hojotea.com/item/w18.htm 単株茶は特定の1本だけの木から作られたお茶です …
マレーシアで5年熟成したミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
マレーシアで5年間熟成した果敢古樹熟茶20216年を発売しました。 果敢は中国雲南省のお隣、ミャンマーの地域の名称であり、非常に稀少なお茶です。 https://hojotea.com/item/d88.htm 雲南省と …
マレーシアで3年熟成した単株プーアル生茶2019の餅茶200gと357gを発売
マレーシアで3年間熟成した単株プーアル生茶2019を発売しました。 単株茶とは、特定の1本のお茶の木のみから収穫し、製茶されたお茶のことで、プーアル茶や烏龍茶の中では最も高級なお茶とされるカテゴリーです。 このお茶は20 …
自然の山で収穫された大雪山野生白茶 散茶2022年産を発売
大雪山野生白茶 散茶 2022 を発売しました。 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生茶は、中国雲南省臨滄地区の大雪山で収穫された野生のカメリアタリエンシスから作られた白茶です。 …
プロがお茶を評価するときに重視する余韻とボディとは?
お茶を選ぶとき、多くの人は香りに注目しがちです。 香りが重要なのは勿論ですが、我々プロが重視するのは、味香りの立体感です。幾ら香りが強くても、味香りに立体感のないお茶は美味しいと感じられないからです。 立体感と言われても …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル生茶5種を発売
プーアル生茶を5種類発売しました。 武家寨古樹生茶2022 武家寨は中国雲南省臨滄の南西部に位置する小さな村の名称です。 標高2000m〜2300m、完全無農薬無肥料の老木から作られたプーアル生茶の散茶です。 今年も樹齢 …
ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 普段あまり意識されないと思いますが、直接口に触れる食器は、食品衛生法で検疫の義務があります。 「ガラスは味の …

PAGETOP