お茶の香りも味も劇的に美味しくなるいれかた

[2016.11.28] Posted By

img_3396
お茶に適度な熱を加えると、お茶の鮮度が上がるという現象があります。この「火入れ効果」を生かしたいれ方は多くのお茶に応用が出来ます。

海苔をあぶると香りが良くなるのと同じ原理をお茶に

海苔やスルメを少しあぶると非常に新鮮な香りが戻るのはご存じかと思います。お茶も上手ないれ方をすることで、鮮度の高い香りと、より透明感のある味を出すことが出来ます。

いれる人によって変わるお茶の味と香り

具体的な方法ですが、95℃の湯(沸騰水)で茶葉を加熱します。非常に簡単そうですが、これにはコツが必要です。適切な方法でやらないと、お湯の温度は確実に下がります。お茶はいれる人によって味も香りも変わると言われておりますが、実際にその通りで、湯の温度をどう管理するかが腕の見せ所です。一般的に、初心者がいれたお茶は水っぽい味がし、雑味が感じられ、香りに透明感がありません。これはお茶を入れる際の温度管理が上手に出来てないためです。やかんの湯の温度は100℃だったとしても、実際に茶葉が浸っている湯の温度ははるかに低くなっているためです。

熱湯をただ注ぐだけでは温度が低下してしまう

お茶に100℃の湯を注ぎ入れても、湯の温度は茶葉や茶器が冷えているためにどんどん低下します。
例えば、冬場に容器を温めずに湯を注いだ場合、湯の温度は70-80℃まで下がります。また、茶葉も冷えているため、茶葉に湯がふれた瞬間に温度が下がり、更に20℃近く温度が下がります。自分では熱湯でお茶をいれているつもりでも、実際には60-70℃に温度は下がっております。したがって、以下の点に気をつける事が重要です。

湯の注ぎ方

湯は出来るだけ低い位置から早めに注ぎ入れてください。高い位置から注ぐと、湯と空気が触れあう為に温度が低下します。また、ゆっくり注ぐと、空気に触れる面積が増えることから、同じく温度が下がります。

容器を予め温める

急須や蓋碗に沸騰水を注ぎ入れ10秒間置くことで容器を温めます。

茶葉を温める

茶葉自体も非常に冷えているため沸騰水を通すことで茶葉の温度を上げる必要があります。烏龍茶やプーアル茶白茶の場合、湯をいれてから数秒(5-6秒)を2回、緑茶や紅茶のように比較的小さな茶葉は1回のみ湯を通します。湯を通すことで、お茶の香りや色が失われるために「勿体ない」という思いがあるかもしれませんが、これをすることで得られる味香りを考慮すると、仮に少量の味香りを失ったとしてもやる価値があります。

以上の手順で茶器と茶葉の両方を温めた上で、沸騰水を茶葉に注ぎ入れると、前述した火入れ効果が得られます。なお、既に茶葉に沸騰水を通しているため、茶葉は開き始めております。したがって、この方法でお茶をいれる場合は、長時間蒸らす必要がありません。一般的には10秒程度で十分な濃度のお茶がいれられます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …

最新の記事 NEW ARTICLES

急須のサイズと湯の温度の関係
急須のサイズは色々有りますが、大きさによって冷える速度が違うことをご存じでしょうか? 急須の体積が小さくなるに …
佐渡島の渡辺陶三作無名異焼急須が3種類入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の茶器が入荷しました。 今回入荷した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元焼成、無 …
マレーシアで11年無酸素熟成したビンテージ茶を4種限定発売
マレーシアにて11年間無酸素で保存することで理想的な状態に熟成したビンテージ茶を発売しまました。これらのお茶は …
お茶の味に影響する日々の水質変化
毎日同じお茶、或いは同じ味噌汁を飲み続けていると、日によって味が違うと思うことはありませんか?実はこれには「水 …
雲南省の隣ミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
雲南省の南西部鎮康県に隣接するミャンマーの果敢という地域で作られたプーアル熟茶を発売しました。後味が極めて濃く …
雲南省自然栽培茶の白茶、栗香白牡丹2017を発売
雲南省の標高2000-2200mの無農薬無肥料の自然栽培茶園産の茶園で収穫された茶葉を原料に用い、福建省の白茶 …
中国茶器市場に突如現れた日本風の茶器
過去数年間、各種メデイアで中国人観光客の爆買いが盛んに報道されておりましたが、時同じくして日本の茶器、特に鉄瓶 …
2017年産のプーアル茶・白茶の新茶発売
2017年に仕入れたプーアル生茶及び白茶の一部を数種類発売しました。残りについても順次発売していきます。 大雪 …
1本のお茶の木のみから収穫した単株プーアル生茶の予約販売
特定の一本のお茶の木のみから作られお茶を単株茶と呼びます。今年の雲南省での仕入では毎日いろんな山を歩き回り、半 …
伊賀天然朱泥と佐渡の無名異上赤急須が入荷!
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の急須と、佐渡島の渡辺陶三氏作の無名異上赤急須が入荷しました。 村田益規作の伊賀天然 …

PAGETOP