お茶の香りも味も劇的に美味しくなるいれかた

[2016.11.28] Posted By

img_3396
お茶に適度な熱を加えると、お茶の鮮度が上がるという現象があります。この「火入れ効果」を生かしたいれ方は多くのお茶に応用が出来ます。

海苔をあぶると香りが良くなるのと同じ原理をお茶に

海苔やスルメを少しあぶると非常に新鮮な香りが戻るのはご存じかと思います。お茶も上手ないれ方をすることで、鮮度の高い香りと、より透明感のある味を出すことが出来ます。

いれる人によって変わるお茶の味と香り

具体的な方法ですが、95℃の湯(沸騰水)で茶葉を加熱します。非常に簡単そうですが、これにはコツが必要です。適切な方法でやらないと、お湯の温度は確実に下がります。お茶はいれる人によって味も香りも変わると言われておりますが、実際にその通りで、湯の温度をどう管理するかが腕の見せ所です。一般的に、初心者がいれたお茶は水っぽい味がし、雑味が感じられ、香りに透明感がありません。これはお茶を入れる際の温度管理が上手に出来てないためです。やかんの湯の温度は100℃だったとしても、実際に茶葉が浸っている湯の温度ははるかに低くなっているためです。

熱湯をただ注ぐだけでは温度が低下してしまう

お茶に100℃の湯を注ぎ入れても、湯の温度は茶葉や茶器が冷えているためにどんどん低下します。
例えば、冬場に容器を温めずに湯を注いだ場合、湯の温度は70-80℃まで下がります。また、茶葉も冷えているため、茶葉に湯がふれた瞬間に温度が下がり、更に20℃近く温度が下がります。自分では熱湯でお茶をいれているつもりでも、実際には60-70℃に温度は下がっております。したがって、以下の点に気をつける事が重要です。

湯の注ぎ方

湯は出来るだけ低い位置から早めに注ぎ入れてください。高い位置から注ぐと、湯と空気が触れあう為に温度が低下します。また、ゆっくり注ぐと、空気に触れる面積が増えることから、同じく温度が下がります。

容器を予め温める

急須や蓋碗に沸騰水を注ぎ入れ10秒間置くことで容器を温めます。

茶葉を温める

茶葉自体も非常に冷えているため沸騰水を通すことで茶葉の温度を上げる必要があります。烏龍茶やプーアル茶白茶の場合、湯をいれてから数秒(5-6秒)を2回、緑茶や紅茶のように比較的小さな茶葉は1回のみ湯を通します。湯を通すことで、お茶の香りや色が失われるために「勿体ない」という思いがあるかもしれませんが、これをすることで得られる味香りを考慮すると、仮に少量の味香りを失ったとしてもやる価値があります。

以上の手順で茶器と茶葉の両方を温めた上で、沸騰水を茶葉に注ぎ入れると、前述した火入れ効果が得られます。なお、既に茶葉に沸騰水を通しているため、茶葉は開き始めております。したがって、この方法でお茶をいれる場合は、長時間蒸らす必要がありません。一般的には10秒程度で十分な濃度のお茶がいれられます。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …

最新の記事 NEW ARTICLES

村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …
お茶の味を大きく左右する湯沸かしの選び方
お茶をいれる際、急須の材質にはこだわりがちですが、意外に見過ごされているのがやかんの材質です。やかんの材質が不 …
オクミドリ単一品種からなる朝比奈本玉露を発売
静岡県藤枝市岡部町を産地とする朝比奈玉露から、単一品種であるオクミドリのみから作られた本玉露を発売しました。名 …
なぜダージリンティの香りは華やかなのか?
ダージリンティは独特の香りがあり、この香りゆえに多くのファンを有します。このダージリン紅茶特有の香りですが、製 …
渡辺陶三作の無名異焼手作り急須各種発売
渡辺陶三氏作の無名異焼の茶器が沢山入荷しました。今回入荷したのは、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異還元焼成、無名 …
紅茶のような甘い香り白鶯山古樹白茶2017年産を発売
HOJOの白茶の定番の白鶯山古樹白茶 2017年産を発売しました。今年は萎凋を長めに行うことで、ダージリン紅茶 …
台湾を代表する烏龍茶の1つである文山包種茶を発売
文山包種茶を発売しました。文山包種茶は台湾茶を代表するお茶の1つで、茶葉は緩く揉まれ、極めて軽く発酵をすること …
中国紅茶によくある工夫紅茶とはどのような紅茶を意味する?
中国茶関連の書籍には工夫茶(中国語では功夫茶)という名称が良く用いられております。ただ、工夫茶の意味に関しては …

PAGETOP