やってはいけないお茶の3つの保存方法

[2020.10.07] Posted By

お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。

1. 冷蔵庫/冷凍庫での保存

お茶は品質劣化が早いというイメージから冷蔵庫で保存している人を多く見かけます。
しかし、お茶の冷蔵保存はむしろお茶を急激に劣化します。
冷蔵庫内の茶葉は温度が低いため、一旦開封したお茶を冷蔵庫に保管していた場合、冷蔵庫から出したら時に一瞬で結露を起こします。冷蔵は、外気との温度差が大きいため、更に結露が進みます。結露によって表面が濡れた茶葉は、急速に酸化が進み、翌日の時点で既に顕著な品質劣化が見られます。
緑茶や烏龍茶は特に劣化速度が速く、翌日の段階で香りが弱くなり、渋味や苦味をを呈するようになります。一旦結露したお茶は加速的に酸化が進むため、1週間後には劣化は更に進み、新鮮な香りは消滅し、代わりにヒネ臭と呼ばれるプラスチックのような香りが出現します。
尚、テープやクリップで袋をしっかりととめていても、結露を防ぐという点では、殆ど効果は期待できません。

シールされていれば冷蔵保存は可

唯一、シーラーで100%シールされているお茶に限ってのみ冷蔵庫での保存が可能です。完全にシールされていれば、外部と縁が切れているため、冷蔵庫から取りだしても結露をしません。
ジャスミン茶や緑茶など、お茶の熟成を望まないお茶は未開封の状態で冷蔵保存する選択肢もあります。
ただし、取りだして直ぐに開封した場合、茶葉が急速に外気と触れるため、例外なく結露を起こします。未開封のお茶を冷蔵庫から取りだした場合、24時間室内で静置し、温度を戻した後に、開封するように心がけましょう。

2. 太陽光や照明の光による劣化

太陽の光はお茶を一瞬で劣化します。
私も偶にテイスティングの後、お茶の封をするのを忘れることがあります。お茶のテイスティングは日光が当たる場所でやるため、数時間おくだけで、お茶の香りは目に見えて劣化します。太陽光に含まれる紫外線はお茶の成分を急激に酸化するためです。
部屋のライト類は太陽光ほどではないものの、やはりお茶を劣化します。
お茶を保存する際に、透明な瓶やビニール袋で保存することは絶対に避けてください。お茶は光が全く入らない環境下で保存するのが基本です。

尚、これはお茶に限らず香辛料も同じです。時々透明瓶で販売されている香辛料がありますが、店頭に並んでいる時点で品質劣化が進行しております。

プーアル茶も天日にあてては駄目

プーアル生茶は天日で乾燥されたお茶です。もともと太陽光に当たっているお茶なだけに、プーアル茶は日光にあてても問題ないと思いませんか?
しかし不思議なことにプーアル生茶に関しても、完成品を太陽にあてると、急速に品質劣化が進みます。太陽光にあてることで、お茶は藁や枯れ草のような香りへと変化し、急速に渋味を呈します。例え、製造工程で天日乾燥をしているプーアル生茶であっても、太陽の光は大敵なのです。

プーアル茶の天日乾し作業風景

3. 茶缶や茶筒での保存はお茶の香り変化する

HOJOの缶入りのお茶はアルミラミネート袋に包装した状態で、缶に入っております。
実は私達は、繰り返し保存実験を行うことで、お茶の味に影響を与えにくい素材を吟味し、包装資材を選んでおります。HOJOで採用している袋は味の点で私達が問題ないと考えている材料で出来ていますので、余程のこだわりがない限り、お茶の保存は、アルミ袋でお願いします。

茶缶を選ばれる際には内側の素材に要注意

お茶を袋だから出して、直接缶(HOJOの缶も含む)に入れた場合、茶葉が缶内面の金属素材の影響を受けます。数日の保存で、お茶の香り、味、渋味は変化しますゆえ、缶には直接茶葉を入れるのは避けてください。

また、世の中には手作りの茶筒なども販売されておりますが、茶葉と直接触れる金属素材には注意が必要です。
アルミ、銅、ブリキ、真鍮、銀の素材はお茶の後味を減少し、同時に舌に渋味と違和感を呈します。良いお茶の証は後味の厚みです。しかし、上記の金属素材は後味をカットするため、折角の良いお茶が台無しになります。

お茶に悪影響を与えにくい素材は、錫、チタン、ステンレスの3種類です。
錫製の素材の場合、後味をむしろ高めます。ただし、香りの広がりが減少するため、お茶が落ち着いた印象へと変化します。
チタンは後味と香りの広がりの両方を高めるため、茶筒の中では最も理想的な素材です。ステンレスは調理器具にも使用されている位なので、無難な選択です。ただし、ステンレスでもいろんな種類があり、それぞれにお茶への影響は異なる事を、頭に入れておいてください。

どうしても茶缶を使われたい場合は、茶葉はアルミ袋に入れて封をしたうえで缶に挿入されるのが理想です。

理想の保存方法

1度開封したお茶は、納品時にお茶が入っていたアルミラミネートの袋のまま、室内温度で保存してください。(お茶を袋に入れた状態で缶に入れるのは問題ありません。)
尚、高湿度になりやすいため、床近くの低い場所やキッチンの戸棚内は避けてください。カビが増殖する危険性がある為です。屋内でも、出来るだけ乾燥している場所を選び、腰よりも高い位置にて保存してください。また、袋はしっかりと密閉することで、外部の光が全く袋内部に侵入しないように注意してください。

尚、自宅にヒートシーラーがあると更に理想的な保存が可能です。シーラーでシールをすることで、外気と完全に縁を切ることが出来ます。また、ヒートシーラーに加え、脱酸素剤があれば完璧です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP