元スパイス屋のお茶屋さんが教えるチャイのレシピ!手軽にできる本格的なチャイの作り方

[2021.04.06] Written By

チャイはカジュアルなお茶というイメージがあるかもしれません。
しかし、質の高いお茶で作ると、チャイの質が全く異なります。作り方が同じでもコクのある、濃厚で美味しいチャイが作れます。

私はお茶の会社を始める前は香辛料メーカーにて10年間、商品や生産技術の開発をやっておりました。そこで、香辛料の知識も踏まえて、チャイの作り方と注意点を紹介したいと思います。

チャイという名称について

チャイ(chai) はインドの言語でお茶を指す言葉です。
但し、近年のインドではチャイと言えば、お茶を煮だして作るミルクティを指し、世界的にはチャイは、マサラなどを加えたマサラミルクティーを指します。

このようにチャイには3つの意味があります。

本コラムではインド風のチャイ、また、香辛料を加えて作るマサラチャイを作る全体の流れと、作るときの注意点を説明したいと思います。
チャイには人それぞれ色んな作り方がありますので、あくまで、1つの例として参考にしていただけたら幸いです。

チャイを作るときはお茶はお湯で煮出す

お茶をストレートで飲む場合と異なり、チャイを作る場合、お茶の成分をしっかりと抽出し、より癖を高めた方が飲みごたえがあります。
この為、チャイを作るときは、お茶は淹れるのではなく、煮出すのがお勧めです。

但し、ミルクで煮出すと、お茶が抽出されにくいため、まずはお湯で煮だしてから、ミルクを加えて熱を加えるという手順が一般的です。

材料

水 :計量カップ一杯程度
牛乳:500ml程度(好みに応じて量を調整してください。)

お茶 5g程度

ホール(丸のままの)の香辛料各種

粉の香辛料各種

必要に応じて黒糖など

インド風のチャイ(香辛料無し)の作り方

インド風チャイはいわゆるミルクティなのですが、お茶を煮出すこと、牛乳を沸騰させることで、想像以上に美味しい飲み物ができます。
個人的にはプーアル熟茶や雲南の紅茶で作るのが好きです。

  1. 計量カップ一杯の水を沸騰します。
  2. 茶葉を投入し、更に、1-2分沸騰します。
  3. 牛乳を入れ、かき混ぜながら煮てください。かき混ぜないと焦げ付きます。
  4. 牛乳が沸騰したら、弱火にして、かき混ぜながら更に1-2分煮てください。
  5. 最後に茶葉を茶漉しなどで濾過して完成です。

お茶を煮出す際に、生姜のスライスを2-3枚加えると、ジンジャーチャイが出来ます。

鍋はアルミ、銅、真鍮を避け、ステンレス製を使用してください。アルミや銅を使用すると、使用するお茶に関係無く、全くコクの無いチャイになってしまいます。

マサラチャイの作り方の手順

まず最初に香辛料をホールのまま沸騰水で1-2分沸騰させます。
香辛料はついいれすぎる傾向がありますが、あくまで引き立て役として、仄かに香る程度に使用されることをお勧めします。

次に、お茶を加え、更に、1〜2分ほど煮立たせた後、牛乳を加え、かき混ぜながら沸騰するまで煮ます。沸騰したら弱火で更に1分ほど煮たのち、茶漉しで濾して完成です。

好みに応じて、香辛料の微粉末を少し振るのも良いと思います。

えぐみのある香辛料

香辛料には「食べられる香辛料」と、「食べるとえぐみが強くて不快感を呈する香辛料」があります。

インドなどで本格カレーを作る際、ホール(丸)のまま使用する香辛料と、粉で使用する香辛料と分ける事をご存じですか?

ホールで使用すべき香辛料は、粉にしてカレーに加えると、えぐみや渋味が出ます。

以下の香辛料はチャイとの相性が良い香辛料です。
非常に香りが良いのですが、粉にして入れると、えぐみを呈します。これらの香辛料は粉にせず、ホールの状態でお湯で煮出すのが基本です。

各スパイスは

 

スターアニス(スターアニスは使用する場合は少なめに):1/4〜1/8個程度

クローブ:1〜2粒

カシア:適量

カルダモン:1-2粒

 

尚、生の生姜はえぐみはありませんが、一緒に煮出すと美味しいのでお勧めです。

逆に、フェンネル、クミン、アニシード、唐辛子、ナツメグ、シナモン(物にもよります。)は、粉で投入することが可能な香辛料になります。

チャイにお勧めのお茶

チャイに向くお茶ですが、紅茶が最も一般的です。
意外にというか、非常に美味しいのはプーアル熟茶です。熟茶と紅茶を半々でブレンドするのもお勧めです。
また、焙煎がしっかりとしている烏龍茶、和風の焙じ茶チャイも面白いです。

以下のお茶がチャイとの相性が良くお勧めです。

雲県古樹熟茶 2019

https://hojotea.com/item/d24.htm


このお茶は値段が手頃でミルクとの相性も良いので紹介しましたが、HOJOの他の熟茶もお勧めです。
自然栽培茶ゆえにコクが非常に強く、砂糖をいれなくても甘味が感じられるお茶です。

古樹滇紅

https://hojotea.com/item/b49.htm


雲南紅茶は、ミルクとの相性が非常に良いお茶です。古樹滇紅以外にも、雲南功夫紅茶、雲南古樹紅茶 杏蜜香などがお勧めです。

黒鉄観音

https://hojotea.com/item/o73.htm

黒鉄観音とミルクとの相性は絶妙です。このお茶でチャイを作る際はちょっと長めに沸騰させて、しっかりとお茶の成分を抽出するのがポイントです。

宇治焙茶鷲峰山

https://hojotea.com/item/g34.htm


焙じ茶のチャイには繊細ゆえ、香辛料は無しか、軽めのがお勧めです。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …

最新の記事 NEW ARTICLES

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雨の日はお茶が美味しく淹れられない驚きの理由
ようやく梅雨が明けつつあり、気分も晴れやかですね! 実は雨が続くと水の味が変化し、お茶が美味しくいれられません。 その理由をご存知でしょうか? 日々変化する水の味 今まで美味しく飲めてたお茶が、急に渋くなったり、甘味が弱 …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …
大雪山野生白茶、鳳凰単叢竹葉と馬鞍山功夫普洱茶の発売
3種類の新商品、大雪山野生白茶2021、鳳凰単叢竹葉2020と馬鞍山功夫普洱茶2018を発売しました。 大雪山野生白茶 2021 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生白茶 2021 …
中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …

PAGETOP