スパイスのプロから見たスパイスティをおいしく作るコツ

[2013.05.14] Written By

スパイスティ
スパイスティ・マサラティという分野があります。紅茶にスパイスやハーブをブレンドしたアレンジティです。スパイスティは市販もされておりますが、紅茶は別に仕入れ、自分でスパイスをブレンドすることをお薦めします。そのほうが茶葉自体の質を自分で管理することが出来、値段もむしろ安く付きます。
本コラムの読者はご存じかどうか分かりませんが、私はお茶の会社を始める前は、香辛料を専門とする食品会社に10年間勤めており、商品開発や生産技術、工場運営などの技術的な仕事に従事しておりました。当然、人一倍スパイスには詳しいと自負しております。そこで、スパイスティを作る上で重要と思う知識を紹介したいと思います。

 

食べて美味しいスパイスと、食べると「えぐみ」があるスパイス

スパイスを扱う上で重要な点は、スパイスによって、香りだけ楽しむべき種類と、食べて美味しい種類があります。実はスパイスには粉砕して粉にすることでえぐみや渋味が生じるタイプと、粉にしてそのまま食べても渋味などがないタイプがあります。当然えぐみが生じるタイプの香辛料を、粉砕してお茶に加えた場合、紅茶自体にえぐみや渋味が生じ、結果的にミルクをたくさんいれないと茶が楽しめなくなります。

 

ホールで使用するスパイス、粉砕して使用するスパイス

上記の考え方は手作りで各種スパイスからカレーを作るさいにも重要です。マサラパウダーのように粉砕してから使用するスパイスと、ホール(丸ごと)のまま使用するスパイスがあります。ホールのまま使用すべきスパイスを粉砕して粉にした場合、えぐみ・渋味・苦みなどが生じます。インドや東南アジアでは「香り用のスパイス」については、ホールのまま油で炒めることで香りのみ抽出します。香りだけを油で引き出し、えぐみは殻の中に閉じ込めたままにします。「これらのスパイスを粉砕するともっと香りが強くなるかも?」との下心から香り用のスパイスを粉砕した場合、カレーはえぐみと渋味をともなう料理へと変わります。せっかく苦労して作っても子供達は真っ先に拒否反応を示すでしょう。
スパイスティ

 

スパイスティへに適したスパイスの使い方

以上の考え方を頭に入れつつ、スパイスティをつくってみてください。重要なのは、粉砕すべきスパイスと、粉砕すべきでないスパイスがある点です。粉砕すべきでないスパイスは、粉にせず、ホールのまま、或いは、数mmの粗い状態で加えてください。茶漉しで除去できるサイズ以上であることが重要です。粉にして混ぜ込むべきスパイスは、香りの相性を確認する前に、えぐみ・渋味を確認しつつ厳選すべきです。

 

粉砕すると、えぐみや渋味が生じるスパイスの代表格

  1. スターアニス
  2. クローブ
  3. シナモン
  4. カシア
  5. カルダモン

 

使用するスパイスは極力抑える

スパイスティを作る際、あくまで主役はお茶という点が大切なポイントです。市販品も含め、多くのスパイスティはスパイスが個性を出しすぎているように思います。ある意味、バックダンサーがメインの歌手よりも前で踊っているようなものです。特に個人でブレンドをした場合、ついつい張り切りすぎてスパイスを使いすぎてしまう傾向があります。スパイスティはスパイスがほんの僅かだけ香ることが大切です。スパイスはお茶の引き立て役と捉えるのがよいでしょう。あまり、スパイスがききすぎると、物珍しさから、その場はひとまず満足感を覚えるでしょうが、継続的に飲みたいと思えないお茶になってしまいます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …
お茶を美味しくするHOJOのオリジナル急須&茶壺4種が入荷
新たに以下の茶器が入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 渡辺陶三作 秋津無名異酸化焼成 渡辺陶三作 秋津無名異還元焼成 渡辺陶三作 野坂粗土還元焼成 舘正規作 信楽粗 …
ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!
お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。 中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。 実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。 …
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …

PAGETOP