暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思います。

緑茶・白茶・プーアル生茶は水出し茶に最適

水出し茶ですが、水出し用に専用に作られたお茶があるわけではなく、発酵度が低いお茶ならどれも水出しに出来ます。特に、緑茶、白茶、プーアル生茶は水出しに適しております。発酵レベルにより、緑茶は非発酵茶、白茶は微発酵茶、烏龍茶は半発酵茶と分類されてます。お茶の発酵とは酵素が媒介する酸化反応をさします。つまり、発酵度=酸化度と捉えると分かりやすいと思います。お茶に含まれる有機化合物は、酸化が進めば進むほど、水溶性→非水溶性へと変化します。したがって、非発酵茶である緑茶や微発酵茶の白茶の成分の多くは水溶性成分により構成されており、成分が水に溶けやすい=水出しに適していると解釈することが出来ます。逆に、発酵度(酸化度)が高い紅茶は水に溶けにくい成分を多く含みます。紅茶や烏龍茶を沸騰した熱い温度のお湯でいれるのも、水に溶けにくい成分を効率的に抽出する目的があります。

水出し茶の作り方

具体的な淹れ方ですが、5gの茶葉を1〜2リットル位の容器にいれて、室温又は冷蔵庫で半日くらい放置するだけです。夏場は季節冷えていた方が美味しいため、私は冷蔵庫で作ります。抽出が終わったら茶葉は除去した方が雑味が無くて美味しい為、茶葉を取り出しやすいよう、私は100円ショップなどで売っているティーバックに茶葉をいれた上で、ボトルへ投入します。水出し茶は熱によるダメージを受けてないため劣化が遅く、冷蔵庫にいれておけば3-4日は作りたてのような新鮮なお茶が楽しめます。

写真の様に茶葉をティーバックにいれることで、後から除去するのが簡単です。

最近は横にしても冷蔵庫にいれられるタイプのボトルが主流でとても便利です。

(上)夕方に黒鉄観音を5gティーバックにいれ、2Lのボトルにて朝まで置くと丁度良い濃度になります。

水出し茶は湯冷ましで作るのがベスト

尚、水出し茶を作る際の注意点ですが、水道水を直接使用した場合、塩素で香りが劣化するため、簡易的な浄水器でよいので、塩素を除去されることをお勧めします。塩素は体に害を及ぼすだけでなく、お茶の香り成分と反応するため、お茶本来の香りが楽しめません。水は一旦沸騰させてから冷やした、湯冷ましの方が香り・味共に美味しくはいります。

水出し茶に向くお茶

水出しに向くお茶は日本の緑茶、中国緑茶、白茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、ローズですが、加え、HOJOのラインアップの黒鉄観音がお勧めです。黒鉄観音茶は発酵度(酸化度)が低いというわけでは無いのですが、水出しで飲むととても美味しいお茶です。特に、黒鉄観音は麦茶の代わりのお茶として強くお勧めします。私の家族も夏には麦茶を飲みますが、麦茶は余韻が浅く味が軽いと言う点で、私は何時も物たら無さを感じます。
その点、黒鉄観音は鉄分が豊富に含まれるため、麦茶と似たような香ばしさに加え、喉越し、コクがしっかりと感じられて非常に飲みごたえのあるお茶です。黒鉄観音は12時間位長めに抽出した方が美味しくはいります。夜にセットし、朝飲むくらいが丁度良いです。このお茶に関しては、茶殻を入れっぱなしにしても余り雑味がないため、私は特に除去しません。

HOJOのラインアップでは特に以下の商品を水出しにお勧めします。

白牡丹

https://hojotea.com/item/w03.htm


これは定番中の定番です。味と香りのバランスが良いお茶です。自然な花のような香りがし、子供にもとても人気のお茶です。

古樹銀針

https://hojotea.com/item/w04.htm

白牡丹と同じく、水出し茶用としてとても人気のあるお茶です。芽の部分が多い為、軟らかい口当たりです。

茉莉龍珠

https://hojotea.com/item/s01.htm

ジャスミン茶系は水出しととても相性の良いお茶です。茉莉龍珠に限らず、茉莉銀針、茉莉普洱茶のどれも水出しにすると美味しいお茶です。

大雪山野生生茶

https://hojotea.com/item/d27.htm

プーアル生茶は意外にも水出しとの相性が良いお茶です。特に香りが個性的な野生茶系のお茶は水出しにすると春の森を思わせるような清々しい香がします。どの年のものも美味しいですが、迷ったら、一番新しい2018年産ををご選択ください。

朝比奈玉露

https://hojotea.com/item/g04.htm

玉露というと高級茶のイメージがありますが、水出しとの相性が妙によいお茶です。マレーシアの店舗では、店頭で水出し玉露を振る舞うと、意外な爽やかさゆえ、購入してくださるお客さんが多くおります。水で出すことで、玉露の全く違った一面をお楽しみ頂けます。

月ヶ瀬浅揉み煎茶

https://hojotea.com/item/g43.htm


非常に浅く蒸してあるお茶ゆえ、水溶性成分が多く含まれ、水出しとの相性がとても良いお茶です。花の香りが強い爽快なお茶です。

黒鉄観音

https://hojotea.com/item/o73.htm

上でも説明したとおり、麦茶のような香ばしい香りに加え、余韻・喉越しがしっかりと感じられるお茶です。我が家でも子供達にとても人気のあるお茶です。このお茶はしっかり焙煎されているお茶ゆえ、他のお茶よりも長時間抽出してください。夜作り、朝飲むくらいで丁度良いです。他のお茶と異なり茶葉を除去しなくてもあまり雑味を生じません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

最新の記事 NEW ARTICLES

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

PAGETOP