台湾茶視察旅行 その1

[2006.10.23] Written By

今、台湾に来ております。インターネットは出来ないと思っていたのですが、周りに商業ビルがたくさんあるためか、ワイヤーレスネットワークが豊漁で、簡単に接続できてしまいました。本当にラッキーです。

今日は移動日だったのですが、体力勝負の一日でした。
午前中に中部国際空港に行き、そこからエバ航空で台北に向かいました。中部国際空港は、行く毎にサービスの質の低下しているような気がしてなりません。店の応対、警備員の誘導の仕方、手続きの段取り、どれをとってもなんか改悪しているのです。管理の仕組みが上手く機能してないのかもしれませんね。
それにしても、最近の「手荷物持ち込み」の「基準」の厳しさには愕然とします。私はサムソナイトの「キャビンバック」を使っているのですが、殆どの航空会社で重量規制が作られ、大概7kg以上は許されません。でも、キャビンバックの場合キャスターやフレームが入っているため、バックそのものの重さが5kg位有ります。そのため、7kgという制限は実質手荷物は「ショルダーバックのみ」と言っているような物です。かといって、バックを別送すると、荷物がボロボロになるため、私はキャスターバックにカメラだけを残し、その他の荷物は航空会社から頂いた段ボールに詰め、別送しました。
台北に着いたのは3時間後でした。3時間という飛行時間はちょうど良く、殆ど疲れを感じませんでした。
実は台北からが今回一番の正念場でした。目的地は南投縣と呼ばれる台湾の真ん中。
お金を節約するために、ローカル交通を利用したのですが、これが大変でした。
まず、空港のバスターミナルから台中駅行きのチケットを購入しました。でも、バスがいつ出るのか、ドキドキして待っていなければなりません。何しろ、中国語でしかアナウンスがないため、耳に全ての神経を集中していなければなりません。
到着したバスは2階建てのバスだったのですが、何故か、物凄く臭いバスで、バスに乗っている間意識が朦朧としておりました。このバスも同じく、何処で降りたらいいのか分からず、私は何度もフライングをしてしまいました。
20061023234637.jpg
台中駅:夕方ホームで電車を待つ人々
結局、台中駅は終着駅でした。台中駅で確定の電車にのり、最終的に目的地の田中という駅に着いたのは台湾時間の20時でした。(日本との時差は1時間です。)
明日は、朝早起きをして、阿里山に向かいます。実は今回2社訪問するのですが、別の会社でも阿里山行きを計画してくれており、私は2回も阿里山に行くことになりそうです。
明日は最盛期を迎えた凍頂烏龍茶の茶畑の様子が報告できるかと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ジャスミン茶の常識を覆す!プーアル熟茶を使った斬新な味わいの黒ジャスミン茶(黒茉莉茶)
私たちは完成したジャスミン茶を仕入れるのではなく、自分たちで選んだ原料をジャスミン工場に持ち込むことで、オリジナルのジャスミン茶を特注生産しています。これまでにも、プーアル生茶を原料としたプーアルジャスミン茶、古樹銀針( …
中国でもレアな薫香の高級正山小種、奇種伝統式が登場!
正山小種には、松の木を燃やしてお茶の乾燥を行うことで薫香を呈するタイプと、甘く華やかなフルーツ香が特徴のタイプの2系統のお茶があります。それぞれ全く異なる香りがするお茶ですが、一般的にフルーツの香りがする正山小種は高価な …

最新の記事 NEW ARTICLES

ジャスミン茶の常識を覆す!プーアル熟茶を使った斬新な味わいの黒ジャスミン茶(黒茉莉茶)
私たちは完成したジャスミン茶を仕入れるのではなく、自分たちで選んだ原料をジャスミン工場に持ち込むことで、オリジナルのジャスミン茶を特注生産しています。これまでにも、プーアル生茶を原料としたプーアルジャスミン茶、古樹銀針( …
中国でもレアな薫香の高級正山小種、奇種伝統式が登場!
正山小種には、松の木を燃やしてお茶の乾燥を行うことで薫香を呈するタイプと、甘く華やかなフルーツ香が特徴のタイプの2系統のお茶があります。それぞれ全く異なる香りがするお茶ですが、一般的にフルーツの香りがする正山小種は高価な …
プーアル生茶は発酵茶?それとも緑茶?という議論
プーアル茶というと、発酵茶の代表格のように各書籍には書かれております。 プーアル茶は分類的には、黒茶に分類されることから、後発酵茶と定義されている事が一般的です。 しかし、プーアル茶と言ってもプーアル生茶とプーアル熟茶の …
武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
お茶で絶対にやってはいけない2つの保存法
お茶を保存する上で絶対に避けるべき保存方法を2つ紹介します。 冷蔵庫・冷凍庫での保存が劣化に寄与 お茶は冷蔵庫にいれておけば新鮮という印象がありますが、実は冷蔵庫はお茶を急速に劣化する大きな原因の1つです。 冷蔵庫がなぜ …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …
知れば納得!お茶摘み時期と品質の関係
お茶のシーズンが始まると、春一番最初に市場に出てくるお茶は非常に高値で取引されます。 日本に限らず、中国緑茶やダージリンでも同じような傾向が観察されます。 お茶愛好家や茶商の中には早摘み=正義と捉える「早摘み原理主義」の …
舘正規氏作の萬古急須と湯飲みを発売
三重県四日市市の無形文化財、舘正規氏の萬古急須と湯飲みが多数入荷しました。 https://hojotea.com/item/banko.htm 萬古急須は、日本茶やプーアル熟茶、ジャスミン茶、各種花茶などと相性が良い土 …
想像以上に奥が深く面白いお茶の焙煎技術
お茶には焙煎という加工法があります。中国茶における焙煎は非常に奥が深いので、少し掘り下げて紹介したいと思います。 尚、焙煎は、中国のお茶業界では烘焙とか、炭焙などの言葉で呼ばれます。 香ばしさを引き出すだけではない焙煎技 …
サツマイモのような甘い香りがする白茶、甜香白牡丹を発売
甜(てんこう)とは甘い香りを指す言葉です。2020年産の白茶を、約2年間無酸素で熟成させ、独特の甘い香りに仕上げました。 雲南省の茶園標高2000mの自然栽培茶産の1芽1葉の茶葉から作られた2019年産の白茶を数年間保存 …

PAGETOP