緑茶を沸騰水でいれるのは非常識?常識にとらわれない緑茶のいれ方

[2013.01.30] Written By

日本茶は60-80℃の低い温度でいれるというのが常識のように言われておりますが、この方法は全てのお茶には向いているとは限りません。

低い温度でいれる方法ですが、2つの理由があります。

 

1.1つ目は渋みや苦みの成分であるポリフェノールが高温で抽出されにくいため。

2.旨味成分であるアミノ酸の存在感をより引き立たせるため。

 

低温でいれる理由 その1

1については、確かに春の終盤に摘まれた煎茶をいれる場合、低温が適しております。おそくに摘まれたお茶は、生の茶葉そのものが非常に渋くて苦いため、緑茶に加工してもとうぜん苦みと渋味を呈します。

このようなお茶の場合、やや低めの温度でいれると、渋みと苦みが抽出されず、不快感なくお茶を楽しむことができます。

 

プーアル生茶でも同じ方法が用いられます。市場には春の終わりから夏に摘まれた茶葉から作られたプーアル生茶が流通しております。私は決して手を出さないような品質ですが、現実的には世の中に流通しているプーアル生茶の8割以上が強い渋味と苦みを伴うお茶です。

夏に摘まれた茶葉は苦みが強烈で、普通にいれたのでは口の中が渋いばかりか胃が痛くなります。ところが70 – 80℃位の温度で手短にいれると、苦みや渋味が感じられません。

 

低温でいれる理由 その2

アミノ酸は低めの温度の方がその食感を感じやすいものです。日本ではここ数十年お茶に含まれるテアニンなどのアミノ酸が美味しさの規準と考えられており、いれかたもテアニンの存在感が十分に引きだせる方法が推奨されてきました。アミノ酸の旨味は、低めの温度の方が舌で感じやすくなります。例えば、85℃位で試飲するのと、60℃位で試飲するのでは、異なる食感が感じられます。高温ではサラサラすぎてアミノ酸の存在が薄れてしまいます。逆に50-60℃位の温度になると、液体その物がどろりとしてくるため、アミノ酸の存在を捕捉しやすくなります。確かに、アミノ酸を最大限に感じようと思ったら、低めの温度が適しております。ぎゃくにアミノ酸の多いお茶を高い温度でいれると、アミノ酸の味・食感が感じられなくなります。

 

旨味=美味しさではない

ただ、1つ説明しておきたい点として、旨味は、美味(おいしさ)という意味では無いということです。旨味は味の種類の1つで、英語でもUmamiと呼ばれます。問題なのは、「旨」という字を書くために、「美味しい」と混同される点です。旨味とは、グルタミン酸ナトリウム(商品名:味の素)に代表される味です。

なめても、美味しいわけではないし、水に溶かしても美味しくありません。お茶にグルタミン酸ナトリウムを添加しても、おいしさが増すとは思えません。また、アミノ酸が増えたからと言ってまろやかさが増すわけではありません。まろやかさにきよするのは鉄分などのミネラルで、アミノ酸はむしろふくよかさに寄与しております。私はお茶に含まれるアミノ酸とそれによって感じられる、味と香りは、質を左右する指標ではなく、お茶の個性の1つととらえております。

 

お茶のアミノ酸とミネラル量は反比例するようで、経験的にアミノ酸の多いお茶には強いコクがありません。このことから、旨味の強いお茶を高い温度でいれた場合、旨味が感じられにくく、さらにコクがもともと少ないため、物足らないお茶になります。

 

コクを与え、お茶の質を高めるのはミネラル

逆に、宇治煎茶 鷲峰山、月ヶ瀬在来煎茶、春日在来煎茶のような無肥料、浅めの枝がり、粘土質の土壌で育った自然栽培・準自然栽培のお茶にはアミノ酸がほとんど含まれず、旨味はほとんど感じられません。逆にこれらのお茶は強いコク、まろやかな味、透るような香りが特徴です。旨味が少ないお茶のばあい、従来のいれかたでは、もの足らなく感じられます。自然栽培系のお茶は、むしろ台湾の烏龍茶のように高温で短時間のいれかたをするのが理想です。同じ日本茶でも、コクが強くまろやかなお茶の場合、高い温度でいれた方がコクと香りの広がりが強調され、満足度が増します。これは煎茶ばかりではなく、玉露にも言えることです。本玉露のように伝統的な藁の被覆で作られた玉露の場合、コクが強いお茶が多く、沸騰水で数秒サッと淹れると意外に美味しいものです。但し、普通の玉露の場合、低い温度で、アミノ酸を味わいながら飲むのがよいでしょう。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …

PAGETOP