ラプサンスーチョンは本当は煙臭くない?!

[2006.04.14] Written By
紅茶と言えばスリランカやインドを連想しがちですが、紅茶は中国が元祖です。中国紅茶は手作業による非常に複雑な工程により作られ、味香りとも非常に洗練されておりストレートで飲んでも美味しく味わうことが出来ます。
イギリスもその昔は紅茶を全量中国から輸入しておりました。当時紅茶の消費量は右肩上がりで伸びており、その状況下値段が安い紅茶を安定的に供給したいという目的でインドやスリランカのプランテーション開発が進められたのです。
中国紅茶で一般によく知られているお茶にはキムーン(祁門)、雲南(滇紅)、ラプランスーチョン(正山小種)の3つがあります。その中でも、特に個性が際だって変わっているのがラプサンスーチョンではないでしょうか。このラプサンスーチョンですが、名前からしてとても魅惑的な響きを持っております。名前の由来は、福建省武夷山の桐木村に自生している正山小種(Zhengshan Xiaozhng)と呼ばれる種類の茶が、英語で発音された際、訛ってラプサンスーチョンと呼ばれるようになりました。
LS2.jpgLS.jpg

ラプサンスーチョンは紅茶の元祖であり、世界の紅茶の中で最も古い歴史を持っております。
このお茶は松の薪を使って萎凋や火入れ(葉を萎れさせる工程)を行うため、正露丸のような独特の煙臭さを伴います。人によって好みがはっきりと分かれますが、ヨーロッパでは非常に好んで飲まれているお茶です。
但し、伝統的な方法で作られたラプサンスーチョンは煙臭さが殆ありません。松の薪は乾燥の目的で燃やされるのであって、本来、着香目的ではありません。何故、一般の(特に安価な)ラプサンスーチョンは猛烈に煙り臭いかというと、その昔、ヨーロッパのお茶商人がより強い香りを求め、それを要求し続けたため、意図的に煙り臭が付与されるようになったそうです。ヨーロッパの水は非常に強い硬水であるため、軟水と比べて香りが出にくい性質をしており、それ故、人々は強い香りのするお茶でも、容易に受け入れることが出来たのでしょう。
ラプランスーチョンのもう一つの特徴として、竜眼と呼ばれるフルーツの強い香りが感じられます。竜眼香とは、乾燥竜眼の香りのことです。実際、乾燥竜眼の香りは上質のラプサンスーチョンと非常にそっくりです。ラプサンスーチョンのグレードは煙臭さではなく、この竜眼臭の質と強度により決まります。
20060414141912.jpg20060414141844.jpg
写真:竜眼
因みに、かの有名なフレーバーティのアールグレイはラプサンスーチョンをコピーしようとする試行錯誤の過程で作られたと言われております。中国からイギリスに渡ったラプサンスーチョンは大変な人気になりましたが、その独特な竜眼香に匹敵する香りは当時のヨーロッパにはなく、その代わりにイタリア性のベルガモット(柑橘類)の精油を紅茶と混ぜで作られたのがアールグレイです。当時、首相だったグレイ伯爵に因んでアールグレイと命名されたそうです。
20060414141807.jpg20060414141826.jpg
写真:乾燥竜眼とその中身。中身は干し柿を濃縮したような味がして非常に美味しい。
但し、英語の資料を見ると、このような説明は全く見あたりません。その代わりのストーリーとして「1830年にグレイ伯爵により中国に派遣された使節団が中国要人の命を救った。そのお礼として、お茶とそのレシピを受け取った。」それに基づいて作られたのが、アールグレイだそうです。但し、中国にベルガモットはないため、オリジナルのレシピはマンダリンオレンジを用いていると推定されます。
別のストーリーではギフトとして受け取ったお茶が終わりそうになったので、首相はそれと同じお茶を作るようにお茶商人に命じたそうです。そのお茶商人がかの有名なTwiningだったそうです。
どのストーリーが正しいのかは分かりませんが、東洋と西洋とで異なるストーリーが伝えられているのが興味深いです。因みに、私は東洋バージョンのストーリーを信用します。
ともあれ、ラプサンスーチョンは様々な面で非常に興味深い紅茶です。私のブランドでもラプサンスーチョンを取り扱う予定です。一般に流通している、極端に煙り臭い品質ではなく、煙臭が弱く、強い竜眼香のする上質なラプサンスーチョンを紹介したいと計画しております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …

最新の記事 NEW ARTICLES

古樹白茶:7種類の茶園の飲み比べセットを期間限定で予約販売
茶園ごとに包装した古樹白茶の飲み比べセットを予約販売します。 ブレンド前の今の時期のみ可能な、限定のセットになります。 農家に白茶の正しい作り方を指導することで原料と加工の質を両立 雲南省には、標高の高い茶園、樹齢の古い …
標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雨の日はお茶が美味しく淹れられない驚きの理由
ようやく梅雨が明けつつあり、気分も晴れやかですね! 実は雨が続くと水の味が変化し、お茶が美味しくいれられません。 その理由をご存知でしょうか? 日々変化する水の味 今まで美味しく飲めてたお茶が、急に渋くなったり、甘味が弱 …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …
大雪山野生白茶、鳳凰単叢竹葉と馬鞍山功夫普洱茶の発売
3種類の新商品、大雪山野生白茶2021、鳳凰単叢竹葉2020と馬鞍山功夫普洱茶2018を発売しました。 大雪山野生白茶 2021 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生白茶 2021 …
中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …

PAGETOP