• ホーム >
  • メールマガジンバックナンバー

第51号 2012年12月07日発行
こんにちは。大変寒い季節になりましたが皆様はどうお過ごしですか?
数日前に日本に戻りました。お茶に関する質問など、気軽にお電話ください。
Facebookでも豆知識などを写真と共に更新しております。機会があれば是非覗いてみてください。

紅茶が妙に美味しく感じられる季節になりましたね。暑い時期は、体が水溶性の成分求めるためか、緑茶や発酵度の低いお茶が美味しく感じられます。
逆に寒くなると、発酵度の高いお茶が美味しく感じられるのは、やはり同じく体がそれを求めている為なんでしょうね。

今回のメルマガでは紅茶の品質評価法の1つを紹介したいと思います。

 

色で判別できる紅茶の品質

紅茶の主成分は、発酵によりカテキン類が重合してできたタンニンです。因みに発酵が上手に行われるかどうかによって、形成されるタンニンの種類が異なります。
紅茶は「紅」の文字の如く、本来上手に作られた紅茶の茶葉は、オレンジ〜紅色をしている事が重要です。お茶を淹れた後の茶殻を観察することで、発酵が上手に行われているかどうかを簡単に判断することができます。綺麗なオレンジ色〜紅色(銅のような色)の茶葉の場合、発酵が上手に制御され、お茶そのものの能力が引き出せていることを示しております。
逆に、焦げ茶色、くすんだ色、黒、グレーの色をした茶葉の場合、過発酵、発酵不良を示しております。
紅茶の茶葉品質比較
紅茶茶葉比較

上2つの写真は広西の紅茶の写真です。左がOK、右は品質不良です。水中の方が色が判別しやすいです。

この判別法は紅茶の種類に関係無く当てはまります。中国紅茶、ラプサンスーチョン、インドの紅茶、CTCの紅茶、全てに体して同じ規準をあてはめることができます。
唯一の例外はダージリンのファーストフラッシュくらいです。沢山の量を取り扱う大手の紅茶バイヤーなどになると、色だけを品質の評価基準としていることもあります。
紅茶茶葉の品質比較

右の茶葉は発酵が上手にできており、左と真ん中の茶葉は発酵不良。

 

色が明るいオレンジ〜紅色ではない場合、基本的には過発酵(発酵の制御不良)を示しております。色と味は関係無いという意見もあるでしょうが、実はそうではありません。暗い色合いになってしまった茶葉の場合、100%蒸れ臭がします。

 

熱いうちは分かり難い品質の違い

お茶が熱いうちは気が付きにくいですが、以下の方法を採ることで簡単に蒸れ臭が把握できます。

  1. 冷やしてから飲んでみる
  2. 2煎目を評価する
  3. 冷えた茶葉の香りを評価する

茶葉が暗い色の紅茶は含まれる成分その物が違う

暗い色の茶葉の場合、独特の蒸れ臭がし、これが原因で2煎目以降が楽しめません。暗い色の茶葉には茶色をしたテアルビジン(TR)というタンニンが主に含まれており、
一方、明るい紅色をした茶葉にはテアフラビン(TF)というタンニンが含まれます。テアフラビンは発酵工程の制御不良により過度に発酵が進めてしまった事で生成する物質です。
美味しい紅茶の指標の1つに、湯飲みの縁にできるゴールデンリングという黄色の輪がありますが、これはテアフラビンが豊富な場合のみ形成されます。
紅茶のゴールデンリング
上の写真は金螺を濃いめに淹れて撮影しました、縁に見える黄色がゴールデンリングです。

テアフラビンが豊富な茶葉の場合、茶殻の色が紅〜オレンジ色をしております。つまり、テアフラビン豊富=ゴールデンリング=茶葉がオレンジ〜紅色と言うことになります。
身の回りに美味しく無い、香りが良くない、ほこり臭い等々、不満足な評価の紅茶があった場合、先ずは茶殻を見てみてください。必ず、茶葉が焦げ茶色〜くすんだ暗黒色系の色をしております。

最近和紅茶が非常に流行っておりますが、発酵に問題があり、暗い色をした茶葉が目につきます。
萎凋工程、堆積工程、乾燥工程を初めとする、発酵に携わる工程を管理できてない事が主な原因と思われます。
是非問題を把握し、良い香りのするお茶を作ってもらいたいです。

 

■発行責任者:北城 彰(株式会社HOJO代表者)

■発行元:お茶の専門店HOJO https://hojotea.com/
〒399-3101長野県下伊那郡高森町山吹2262
TEL/FAX : 0265-358384

■海外店舗:The Gardens 3rd Floor, Midvallye City
Lot No. T-215, 3rd Floor, Mid Valley City, Lingkaran Syed Putra
59200 Kuala Lumpur, Malaysia

■お問い合わせ:info@hojotea.com
■ブログ
https://hojotea.com/jp
■このメールマガジンの転載・引用はご自由にどうぞ。ただし著作権は株式会
社HOJOが所有します。

■メルマガ新規登録、解除、メールアドレスの変更:

───────────────────────────────────
All Rights Reserved (c)2006-2013by HOJO co.,ltd.
───────────────────────────────────
◎高級茶のバイヤーがそっと教える非常識なお茶の話
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000229668/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種:老欉東方紅と鴨糞香を発売
2022年産の鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。 2022年は各お茶産地に共通して、雨が多い年でした。しかしながら、鳳凰単叢烏龍茶の収穫期前は意外にも晴れの日々が続き、予想外に香りがしっかり出ております。 https: …
濃香な三次火蜜蘭香など3種類の鳳凰単叢2021を発売
鳳凰単叢烏龍茶を3種発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm どれも非常に個性的なお茶でお勧めです! 鳳凰単叢老欉蜜蘭香 2021 蜜蘭香はライチを連想するとてもフルーティな香 …
古樹白茶2022(無農薬無肥料の自然栽培茶)を発売
2022年産の古樹白茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/w25.htm 樹齢数百歳のお茶の木 古樹白茶は無農薬無肥料の自然栽培茶園で作られたお茶を原料に1芽1葉の茶葉から加工した白茶です …
武家平掌古樹生茶2020年産 357g餅茶と2021年産 200g餅茶を発売
武家平掌古樹生茶 2020と2021を発売しました。 このお茶は中国雲南省臨滄市の南西部、ミャンマー国境から数十キロに位置する、2100m前後の茶園産です。 https://hojotea.com/item/d137.h …
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売
単株白茶2018年の散茶と餅茶、鳳凰単叢玉蘭香2021を発売しました。 単株白茶 2018 マレーシア熟成 https://hojotea.com/item/w18.htm 単株茶は特定の1本だけの木から作られたお茶です …
マレーシアで5年熟成したミャンマー果敢産のプーアル熟茶を発売
マレーシアで5年間熟成した果敢古樹熟茶20216年を発売しました。 果敢は中国雲南省のお隣、ミャンマーの地域の名称であり、非常に稀少なお茶です。 https://hojotea.com/item/d88.htm 雲南省と …
マレーシアで3年熟成した単株プーアル生茶2019の餅茶200gと357gを発売
マレーシアで3年間熟成した単株プーアル生茶2019を発売しました。 単株茶とは、特定の1本のお茶の木のみから収穫し、製茶されたお茶のことで、プーアル茶や烏龍茶の中では最も高級なお茶とされるカテゴリーです。 このお茶は20 …
自然の山で収穫された大雪山野生白茶 散茶2022年産を発売
大雪山野生白茶 散茶 2022 を発売しました。 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生茶は、中国雲南省臨滄地区の大雪山で収穫された野生のカメリアタリエンシスから作られた白茶です。 …
プロがお茶を評価するときに重視する余韻とボディとは?
お茶を選ぶとき、多くの人は香りに注目しがちです。 香りが重要なのは勿論ですが、我々プロが重視するのは、味香りの立体感です。幾ら香りが強くても、味香りに立体感のないお茶は美味しいと感じられないからです。 立体感と言われても …
無農薬無肥料の自然栽培プーアル生茶5種を発売
プーアル生茶を5種類発売しました。 武家寨古樹生茶2022 武家寨は中国雲南省臨滄の南西部に位置する小さな村の名称です。 標高2000m〜2300m、完全無農薬無肥料の老木から作られたプーアル生茶の散茶です。 今年も樹齢 …

PAGETOP