お茶の保存容器とお茶の品質との深い関係

[2015.09.24] Written By


お茶を紫砂の壺に保管すると良い、錫の茶筒に保管すると良い等々、お茶愛好家の間ではお茶の保管容器に関しても強いこだわりがあり、それについての効果の程は常に議論の対象です。
本コラムでは茶を保管する容器によってお茶の質がどう影響するのか説明したいと思います。

お茶の品質は保存容器の材質によって影響を受ける

まず、結論から言うと、お茶は保存する容器の材質により質が顕著に変化します。私はこれまで様々な材質の入れ物にお茶をいれては保存実験をしてきましたが、保管する材料によりお茶の質は全く別方向に変化します。急須でお茶の味が変化するのと同じく、保存容器に水やお茶などの液体を入れると味は良くも悪くも変化します。材料により、コクを増す、ボディを増す、コクを消す、ボディを消す、コクもボディもなくなる、渋味を呈する等々、変化は様々です。注目すべき点は、乾燥した茶葉を保存容器に入れて数週間以上保管したのちにお茶を飲んでみると、同じ材質の保存容器に水やお茶を通したときに感じられた変化と全く同じ方向性の変化が観察されます。例えば、錫製の急須でお茶をいれた場合、ボディを高めずに、コクを高める性質があります。新潟燕の槌器銅器、マレーシアのピューターウェアなどにお茶をいれると、滑らかで透き通るような味わいへと変化します。乾燥茶葉を錫の容器で保管した場合、同じくボディは増えず、コクが増します。同じ期間、袋に入れて保存したお茶と比べると明らかな差が感じられます。

新潟槌器銅器

新潟槌器銅器(外側は銅、内側は錫)

保存容器の材質によってはお茶が駄目になる事も

槌起銅器の茶筒の場合、表面は銅で出来ておりますが、内面は錫で鍍金されております。ただし、量産品など茶筒の中にはクロムメッキなどのものもあり、このような茶筒でお茶を保管すると、渋味が増すなど非常にマイナス面が増強されます。先日、私のスタッフの1人が、茶筒を通信販売で購入したのですが、内面の材質が錫ではなく、何らかのメッキになっておりました。彼女は「安かったから良いんだ」と言いはり、自分のお気に入りのプーアル生茶をいれておきました。その2週間ほど後に皆でそのお茶を飲んだところ、同じお茶とは思えないほど強い渋味が感じられ、コクも顕著に弱くなっておりました。内面の材質が不確かな茶筒で保管すると、大切なお茶が駄目になるという良い例です。

清雅堂の手作り茶筒

紫砂の壺でお茶を保存する場合

紫砂の壺にてプーアル茶や烏龍茶を保管するというのは中国や台湾では昔から良く行われている方法です。ただし、紫砂と言ってもいろんな種類があります。紫砂と言うのは「宜興産の土」を指す総称であり、紫泥とは意味が異なります。紫砂の中には、朱泥、段泥、紅泥、紫泥、緑泥等々様々な種類があります。
宜興の土で相対的に優れた性能を発揮する土は朱泥です。それに対し、茶色や紫色〜エンジ色系の土(紫泥)の場合、銅や亜鉛が多く含まれている事が多く、茶壺(急須)に使われた場、お茶のコクが無くなったり、舌に残る強い渋味を呈する土が大多数です。
壺にお茶を保管する場合も同様に、壺の材質が重要です。多くの場合、壺に朱泥のような良い土が使われていることは希で、あまり良い効果が期待できないのが実情かと思います。勿論、お茶をビニールに入れた状態であれば、問題ないでしょうが、その場合、わざわざ紫砂の壺で保管する意味が見あたりません。

なぜ、保存容器の材質がお茶の品質に影響するのか

なぜ、お茶を保管する入れ物の材質がお茶の味に影響をするかという理由ですが、おそらく、容器内に含まれる水分やお茶に含まれる水分を介して、お茶の成分の立体構造が変化するものと思われます。保存中のお茶の品質を変化させようと思った場合、容器の材質を考慮する以外に、例えば、貝殻や石灰岩のようなカルシウムを密封した袋にお茶と一緒に入れておくと、ボディが顕著に増します。また、コクが非常に強い自然栽培茶と凍頂烏龍茶を一緒に包装し、数週間おくと、凍頂烏龍のコクがまるで梨山茶のように強く変化します。勿論、自然栽培茶については新しめのプーアル生茶など、あまり個性が強すぎないお茶を選ぶ必要があります。炭を一緒に入れて保管する人もおりますが、これも炭に含まれるミネラルの作用によりお茶の質の変化を期待しての方法です。ただし、炭と言っても、様々な木から作られるため、木によってはお茶のミネラルとの相性が悪く、むしろお茶の質が悪化することもあるため、炭を使った保存法は無理にお勧めはしません。

まとめると、お茶を保管する場合、容器(直接お茶に触れる部分)の材質を意識することが重要です。同じ材料が急須に使われたとき、お茶が美味しくなる、または無変化であれば問題有りませんが、コクをカットするような素材の場合、長期保存により折角のお茶の品質が駄目になります。これらのことを考慮すると、無難な材料としては、ポリラミネートの袋、錫などではないかと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …

最新の記事 NEW ARTICLES

ガラスティーポットを3種発売
ガラスの急須を3種類発売しました。 HOJOでは正規の輸入を行っており、正式に検疫を通して輸入をしております。 「ガラスは味の点でニュートラル」は間違い ガラスは味への影響がニュートラルと考えられがちですが、実際にはそう …
佐渡島、渡辺陶三氏の新シリーズ野坂粗土炭化還元を発売
佐渡島の渡辺陶三氏から、新しい商品:野坂粗土 炭化還元焼成の急須、茶壺、宝瓶を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_carbonized.htm 野坂粗土炭化還元とは …
月ヶ瀬在来煎茶の新茶など3種類のお茶を発売
新茶2種を含む、3種類のお茶を発売しました。 – 月ヶ瀬在来煎茶 2022 – 月ヶ瀬萎凋煎茶 2022 – 茯磚茶 2021 月ヶ瀬在来煎茶 https://hojotea.com/ …
渡辺陶三氏作の急須・茶壺・宝瓶各種が多数入荷
渡辺陶三氏の急須・茶壺・宝瓶が多数入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 今回入荷したのは、以下の種類です。 – 秋津無名異酸化焼成 – 秋津無 …
鳳凰単叢単株茶2種を含む、6種類のお茶を発売
6種類のお茶を新しく発売しました。 東山生茶 2015年 マレーシア熟成 无量山古樹熟茶 散茶 2020年 宮廷金毫 散茶 2020年 茶頭磚 普洱熟茶 2017年 マレーシア熟成 鳳凰単叢老欉杏仁香 単株 2021年 …
2022年の中国茶の生育状況、品質、価格に関する現地情報
2022年における、中国のお茶の生育状況、価格相場について現在分かっている状況をシェアしたいと思います。 2022年のお茶の生育状況について 今年はお茶の収穫シーズン前の2月-3月に十分な雨量があったため、お茶の生育が良 …
高山紫茶2021 餅茶(プーアル生茶)を3種類発売
  高山紫茶 2021を発売しました。このお茶は紫茶と呼ばれるお茶から作られた、プーアル生茶です。 紫絹茶とは異なる臨滄の紫茶 紫茶は中国雲南省臨滄の南西部の標高2000m付近の茶山にてごく少数栽培されている非 …
野生茶や鳳凰単叢など8種類のお茶を発売
プーアル生茶、白茶餅茶、鳳凰単叢烏龍茶など、合計8種類のお茶を発売しました。 大雪山野生生茶 2021 餅茶 357g https://hojotea.com/item/d27.htm 散茶バージョンは昨年の春に販売しま …
マレーシアで熟成した生茶2種、熟茶1種を含む4種のプーアル茶を発売
プーアル生茶2種、熟茶2種の4種類のプーアル茶を発売しました。 烏木龍古樹生茶2019 https://hojotea.com/item/d78.htm 烏木龍古樹生茶は低い温度で殺青を行っており、私が現地で生産管理をし …
マレーシアの倉庫で熟成した3種類のプーアル生茶を発売
3種類のプーアル生茶を発売しました。 何れも、マレーシアの倉庫で暫く熟成した後に、日本へ転送したお茶です。 熱帯地方の高い温度下で熟成したことで、新茶では決して味わうことの出来ない、甘い香りが形成されております。 劉家古 …

PAGETOP