• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素

Portrait of attractive young asian woman drinking coffee

私の経験上、多くの人がワインやお茶の品質判定に苦労します。反面、果物の善し悪しは多くの人が正確に判断できます。例えば、ブドウを食べたとき、味が濃いブドウと、甘いだけで味が薄いブドウはテイスティングのプロでなくとも直ぐに区別がつくのではないでしょうか?なぜ、ブドウがワインに加工されると、品質判断が難しくなるのでしょう?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

美味しい食材は味が濃い

美味しい果物は説明抜きにして美味しく、敢えてプロが説明するまでもありません。実際、果物の美味しさは糖度では語れません。美味しい=甘いだけではありません。美味しい果物は甘いだけでなく、味が濃く、深い余韻が感じられます。これは果物に限ったことでなく、美味しいアイスクリーム、美味しいお刺身、美味しい煮魚、美味しいご飯等々、ありとあらゆる食材に共通して言えることです。

品質が分かりやすいブドウと品質が分かり難いワイン

果物の場合、美味しさが非常に分かりやすいのに対し、その果物が加工されると急に品質が理解されにくくなると言う事実があります。その代表格がブドウだと思います。ブドウの美味しい美味しくないは非常に明確です。美味しいブドウは甘いだけでなく、味に奥行きがあり、濃厚な甘さが感じられます。ところが、ワインに加工されると多くの人が品質の善し悪しを明確に答えられなくなります。

噛むことで分かりやすくなる品質

なぜ、ブドウだと多くの人が品質の善し悪し(味の濃さ)を正確に評価できるのに、ワインになると分かり難くなるのでしょうか?1つは糖分が関係していると思います。甘さを呈することで、味が分かりやすくなるのは事実です。ただ、それだけではないように思います。煮魚、刺身、ご飯、チーズ、キノコ等々、糖分が無くてもその品質の善し悪しが誰にも理解できる食材があります。なぜ、お茶やワインは品質が分かり難いのでしょうか?
それは、ブドウを初めとする食品は噛むのに対して、ワインやお茶は噛まずに飲み込むためです。噛む事を咀嚼と言いますが、咀嚼をすることで食品が口の中に長く滞留し、更に、唾液が分泌され食品と混ざり合います。

マスカットを食べる女の子

お茶やワインを噛んでみると品質が分かりやすくなる

そこで、お茶やワインも液体だと思わずに噛んでみたらどうなると思いますか?2つの異なる品質を並べ、液体を飲み込まずに噛んでみます。お茶やワインをゼリーかミカンでも食べているかのよう噛んでみるのがポイントです。すると余韻の浅いお茶は味が口元だけで感じられ、逆に余韻の深いお茶は味に広がりがあるように感じられます。噛むことで、お茶の良い点も悪い点も増幅され、品質の差が分かり易くなります。ワインやお茶の品質評価に苦労されている人は是非この方法を試してみてください。簡単な方法ですが、意外に効果的です。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …

最新の記事 NEW ARTICLES

大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …
現地発!2018年の雲南省のお茶の状況
3月31日より雲南省へ来ております。数日こちらに滞在し茶園や生産者を訪問したことで、今年の雲南省におけるお茶の …
とろとろの味わい!火草山古樹熟茶2017を発売
中国で野放茶と呼ばれる、自然のままに放置され、人の手が全く入ってない、野生状態のお茶からプーアル熟茶を作りまし …
高級茶のような味と香りを引き出す魔法のようなブレンド
お茶を正しくブレンドをする事で、単一のお茶では味わえないような素晴らしい香りと品質のお茶を作り上げることができ …
台湾三希の牙白の磁器新商品が各種入荷
台湾の三希製の磁器に複数の新商品を発売しました。また、これまで品切れとなっておりました、牙白蓋碗小 無地と茶海 …
意外!チョコレートと相性が良いプーアル熟茶
お茶請けを上手に選ぶとお茶を飲む楽しみがより増します。お茶に合わせてお茶請けを選ぶのであれば比較的簡単なのです …
村田益規作の伊賀天然朱泥急須、宝瓶、絞り出し他入荷
村田益規氏作の伊賀天然朱泥の茶器が入荷しました。今回入荷したのは横手の急須、後手の急須(茶壺)、絞り出し、宝瓶 …
1つの急須で沢山の種類のお茶を淹れても良いかどうか?
1つの急須を複数の種類のお茶で共有しても良いかどうかと質問されることが頻繁にあります。特に東南アジア、西洋のお …
普段飲み茶にお勧め!安渓色種を発売
安渓産の「色種」という烏龍茶を発売しました。色種は複数の品種をブレンドすることで、余韻の長さ、香りの広がり等を …

PAGETOP