北京ダックは鴨それともアヒル?

[2006.05.29] Posted By

先日はマレーシアでのラムと山羊肉の関係について掲載しましたが、類似の問題はダックに関しても見られます。ダックは場所を問わず何処でも見られ、マレーシアの中華系のホッカーサンターではごく一般的にダック(アヒル)の肉が吊されております。

所で、このダックですが、漢字を見ると、鴨と書かれているではありませんか。漢字が余り得意でない私は、鴨=カモ??と疑問に思い、アヒルを辞書で調べてみました。アヒルは家鴨と書かれております。つまり、アヒルも鴨の一種な訳です。マレーシアの中華レストランでメニューを見ると北京ダックは北京鴨と書かれております。もっとも、鴨もアヒル(家鴨)のどちらもカモなのですが・・

真実を知ったのは、NHKの鳥インフルエンザの特集番組でした。何でも日本の高級中華料理屋では北京ダック用のアヒルが鳥インフルエンザの影響で中国から輸入できないと言うことで、代わりにマレーシア産のダックで代用しようとしたが、代用できいという内容でした。番組曰く、マレーシアのダックは全て合鴨だそうです。合鴨とは野生の鴨とアヒルの交配種です。

その番組に出演していたシェフが言うには、ダックと合鴨の根本的な違いは、皮の厚さだそうです。ダックは非常に厚いのに対し、合鴨の皮はとても薄くペラペラなのだそうです。番組ではシェフが得意そうな顔をしながら合鴨とアヒルの皮を比較してました。その映像を見た瞬間、あ!と思いました。「ペラペラの皮」と言って紹介されている合鴨こそ、私が長年食べ親しんできたマレーシアのダックではありませんか・・・

 その後、本当の北京ダックを食べる機会がありましたが、マレーシアで有り難がって食べていた合鴨とは似て非なる物でした。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

モンゴルで愛される黒茶、茯磚茶を発売
茯磚茶を発売しました。茯磚茶は茯茶とも言われ、モンゴルを初めとする中国北西部の遊牧民が重要なビタミンやミネラル …
佐渡の渡辺陶三氏作の秋津無名異茶器3種入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異土による急須、宝瓶、冷ましが入荷しました。 同じ土にもかかわらず、焼き方によっ …

最新の記事 NEW ARTICLES

1本の老木のみから作られた単株プーアル茶
特定の老木1本のみから作られたプーアル茶を仕入れました。特定のの木のみから回収したお茶の事を中国では「単株茶」 …
自然栽培のミャンマー産プーアル熟茶の仕入
今年の雲南省出張の1つの目的は高品質プーアル熟茶の仕入をすることでした。幸い今年は、お茶の成長が非常に遅く、雲 …
フルーツと花のような香りの大雪山野生白茶
大雪山で収穫された野生の茶葉を用いて白茶の生産を行ってきました。この商品は昨年も発売したのですが、生産量が非常 …
中国の1番茶は全体に約2週間遅れ値段は高め
雲南省におけるお茶の生育状況ですが、今年は雨が少ないことから、お茶の質が良くなると期待しておりました。しかしな …
白樹プーアル茶と白樹紅茶の茶山を視察
昨年に引き続き、今年も白樹プーアル生茶と白樹紅茶を作る計画しております。白樹プーアル生茶については今年も予約販 …
急速に減りつつある雲南省の自然栽培茶
私は雲南省産のお茶については自然栽培か野生のお茶を専門的に扱っております。私が定義する自然栽培茶とは、周りの生 …
雲南省でのプーアル茶とその他新茶の仕入2017
3月21日にマレーシアのクアラルンプールを出発し、3月22日の早朝に雲南省臨滄南西部の仕入のベースとなる町に到 …
プーアル茶についてみんなが知りたいこと
プーアル茶とはどのようなお茶なのでしょう? どのような種類があり、何を持って良い品質とするでしょう? また、ど …
モンゴルで愛される黒茶、茯磚茶を発売
茯磚茶を発売しました。茯磚茶は茯茶とも言われ、モンゴルを初めとする中国北西部の遊牧民が重要なビタミンやミネラル …
佐渡の渡辺陶三氏作の秋津無名異茶器3種入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異土による急須、宝瓶、冷ましが入荷しました。 同じ土にもかかわらず、焼き方によっ …

PAGETOP