アマゴ釣りながらダージリン?!

[2007.03.31] Posted By

私は人一倍、スポーツ及びアウトドアが好きですが、最近妙に忙しく、とても自分の趣味に明け暮れている時間がありませんでした。

が、しかし・・・ここ長野にいると、自然からの誘惑が多く、今日は遂にその誘惑に負けました。昼休みの間だけでもと思い、近くの渓流に渓流釣りに行きました。と言うのも、渓流釣りの鑑札(お魚を釣っても良いという有料遊魚許可証)の期限が今日までだったのです。

車で走ること7-8分、近所の渓流に着きました。 6mほどの竿に2m程度の糸をつけ、その先に針とおもりを、真ん中辺に目印を付けただけの単純な仕掛けを使います。

渓流釣りは餌採りから始まります。流れの真ん中にある石の中から、動きそうな石を探します。そして、その下流にタモ網をあてがい、石をひっくり返します。すると、石の下に隠れている川虫と呼ばれる水生生物たちが捕獲できるのです。私の場合、よく肥えた川虫が捕えると、それだけで満足です。 この川虫はお魚たちが実際に食べている天然の餌。渓流釣りでは物凄い効果を発揮します。

糸を垂らすと、早速、目印が微かに変化しました。あげると、15cmに満たないチビアマゴでした。15cm以下はリリースと決まっているので、リリースし、その後も釣り続けたのですが、釣り始めると電話が鳴ります。インドから・・・、マレーシアから・・、今日は次から次へと電話が来ました。渓流竿を片手に、ダージリンファーストフラッシュの収穫状況、送付サンプルの内容確認、価格交渉・・・とても釣りにならないので1時間ちょっとで切り上げました。端から見ていたら不思議な釣り人だったのでしょうね・・

結局、今日釣れたのはチビアマゴばかりでしたので、持ち帰ったのは川岸に生えていた芹(せり)だけでした。芹は春の香がして大好きです。

因みに、もし魚が釣れた場合・・・私の一押しは一夜干しです!おすすめの作り方を以下に説明いたします。

20070331204001.jpg
渓流魚の一夜干し写真が無かったので、以前に作った鯛とイサキの一夜干し写真を貼付します。

10%の食塩水に、背開き又は腹開きした魚を漬けます。この際、頭は付けておいた方が見た目がよいです。漬ける時間は、魚の厚みで判断しますが、渓流魚の場合30分、鯛やアジの場合40分位漬けます。漬け終わったら、ペーパータオルで水分を良く拭き取り、ネットに入れ、風当たりの良い場所で翌日のお昼くらいまで干します。早朝に上げると、朝露により湿っているため、お昼くらいに上げるのがベストだと思います。ポイントは魚のサイズ・厚みが変わっても濃度は変えず、漬ける時間を変えることです。

塩焼きにしてもそれなりに美味しい渓流魚ですが、一夜干しを一度食べてみて下さい。世界が変わること間違い無しです!目から鱗がボロボロ落ちるのが分かるくらい美味しいです!塩に漬け込むことで、身が柔らかくなり、タンパク質が分解されて旨み(アミノ酸)が劇的に増します。元々身が柔らかい渓流魚なだけに、上品な舌触りです。まるで高級料亭で高級魚を食べているかのような絶品の味、機会のある方は是非挑戦してみて下さい。

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP