四双版納、プーアル生茶の産地、南糠山

[2010.05.16] Posted By

西双版納では幾つかの山を訪れましたが、最初に行ったのが南糠山という山です。
この山は西双版納の中心部の街、景洪市から車で2時間程度でいけることから、お手軽に行くことの出来る場所です。
4駆で暫く走り、標高およそ1600M程度の地点まで登りました。西双版納の街は亜熱帯の暖かな街ですが、山まで来ると一気に肌寒く、周りには松の木がちらほらと生えておりました。
山の頂上付近は全て少数民族のみが生活しており、マレーシアやタイを思わせるような村の光景でした。
各家々では、釜炒りし、揉捻をした茶葉を庭先で干し、頻繁にゴミを除いたり手返しをしておりました。
この詳細については次回に説明するとして、私は山に生えているお茶林に案内されました。
この山には老樹と言われる茶木は殆ど無く、多くが100-300歳程度の茶木で構成されておりました。
どう見ても、普通の山なのですが、よく見ると至る所にお茶の木が生えております。
時々、ガサッと音がするので、動物かと思うと、大概茶摘みをしている人々が、木の上やら中やらにおりました。
南糠山のお茶は、土質が余り良質なミネラル分に富んでおらず、樹齢が余り古くないために、良いお茶は出来ません。
ただ、昆明あたりでは「南糠山」といえば、立派なブランドです。マニアの間では大変珍重されている南糠山ですが、喉越しには今ひとつ欠けます。
因みに、お茶原料の質を判断する簡単な方法があります。
その場で、若芽を摘み、前歯でかんだ後、口の奥まで一気に吸い込む事で、喉越しの強度を評価することが出来ます。
その産地の良否を判断するにはこれが一番確実な方法です。
加工されたお茶の場合、既に他産地や、年齢の若い茶木から採れた原料とブレンドされている可能性があるため信用なりません。
nannushan03.jpg
南糠山から見下ろした景色。山に見えるところには全てお茶の木が植わっております。
nannushan01.jpg
山麓から上を眺めた景色。南糠山は概してはげ山になっており、殺伐とした景色でした。
nannushan02.jpg
樹齢100-200年程度の木
plucking01.jpg
茶摘みをする農民
WITHERING02.jpg
釜炒と揉捻が終わった茶葉は、太陽で乾燥が行われます。どの家もこのようにプーアル茶を広げておりました。これらのお茶はプーアル生茶になります。
WITHERING01.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …
ゴールデンチップを多く含む紅茶は本当に美味しい?
紅茶に含まれる金色の芽のことをゴールデンチップと呼びます。「ゴールデンチップが多いから稀少」、「ゴールデンチッ …

PAGETOP