私が雲南省へ行く際には、半分は仕入れの旅で、半分は自分の知らない産地の新規開拓を行っております。今回は何カ所かこれまでに行ったことのない土地へと足を踏み入れました。
Changning.jpg
その1つが、昌寧(チャンニン)という地域です。
この地域は保山市と呼ばれる地域に属します。
昌寧はプーアル茶の産地の中でもかなり北に位置し、また、前情報によると、1000年を超える古い木がある事が分かっておりました。
私としてはかなり期待していたのですが、臨滄市で出会ったお茶業者に、「昌寧のお茶はどうですか?」と訪ねると、決まって、味が薄いという答えが戻ってきました。
そうは言う物の、自分の目で確認しないことには納得が出来ないため、数泊の予定で出かけました。
昌寧へ行くには2つの方法があり、大理から保山市経由で下る方法と、雲県から雲南紅茶の産地である鳳慶を経由していく方法があります。
昌寧について気がついたのですが、この地域はその殆どが漢民族により構成されておりました。
これはある意味危険信号です。漢民族が運営する農場は、私の経験上、その殆どが現代農業により管理運営されており、お茶の味が薄っぺらくなる傾向があります。
漢民族はビジネスに長けており、収量を増やそうとするがあまり、施肥や剪定をし過ぎてお茶の品質を下げてしまうのです。
しかも漢民族の農家は、非常にビジネス能力が高いため、自分で自分のお茶を売ろうとします。
インターネットを使ったり、昆明の茶商に売り込んだり、或いは、広東省へ営業へ出向いたり、、、
昌寧で衝撃的だったのは、どの農家へいっても、今、老班章のお茶はいくら、易武のお茶はいくら、と他地域のお茶の値段を異常に意識しており、自分たちの値段も高いお茶を参考にして設定しているようでした。臨滄市の奥地で合った少数民族農家は、他の地域の値段なんて全く知りませんでした。
昌寧のもう一つの問題点は、隣町が鳳慶だと言う点です。
鳳慶は雲南紅茶の一大産地で、鳳慶の街へ行けば一目瞭然ですが、紅茶の需要は年々高まっており、街自体が見て分かるほどに潤っておりました。
雲県から鳳慶に入ると、雲県では見られなかったような豪邸が沢山建ち並んでおり、町並みも雲南省とは思えないほど整然としておりました。
鳳慶では自分の郡だけでは紅茶用の原料が足りません。この為、鳳慶では多くの原料を昌寧から仕入れており、その為に、昌寧の原料茶葉の価格が引き上がってしまっております。鳳慶も昌寧も漢民族により占められている郡ゆえに、お互いに商売をし易い関係にあるのです。更に、昌寧ではもう1箇所に大量の原料を供給しているそうです。それは、勐海。勐海と言えば、四双版納に位置するプーアル茶の代名詞のような場所です。こちらも漢民族が占めており、漢民族繋がりで昌寧のお茶がかなり流れているようです。
R0010469.jpg
鳳慶の主要茶園エリア:茶園内に建っている家も3階建てが殆ど
R0010500.jpg
鳳慶の高級住宅地:車から撮った写真
昌寧でも老木を見せて貰いましたが、どれも過剰な窒素肥料の施肥と剪定により、葉が巨大化し、その表面はワックスがかかったようにギラギラとしておりました。
聞いた話によると、この地域ではお茶は年間9回も摘まれます。紅茶としての原料需要があるために、摘める限り徹底的に摘むようです。
茶葉を食べてみるまでもなく、香りも味も薄く、全く喉越しが感じられない、まるで茶園産の茶葉のようでした。
R0010484.jpg
昌寧の老木
IMG_1650.jpg
この地域でも老木神話が横行しておりました。
お茶の品質は二の次です。お茶を選ぼうとすると、「このお茶の品質は・・・」という話は全くありません。ひたすら、木がどれほど老木で、どれだけ貴重で、他の地域でこれだけの老木は幾らぐらいする等々の話を聞かされました。
私はストーリーに対してお金を払うわけにはいきません。自分の求める品質規準と価格規準がありますので、それに合わなければ例え樹齢1万年の木から採れたお茶でも買いません。
昌寧では仕入れられそうなお茶は見つかりませんでした。しかし、昌寧のお茶事情が明確になったことは、私にとっては良い結果でした。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …

PAGETOP