中国広東省潮州の鳳凰山にて茶葉国際品評会金賞の鳳凰単叢烏龍を飲む

[2010.09.29] Posted By

以前にも書きましたが、中国にお茶の買い付けに行くと、必ず通り抜けねばならない登竜門があります。
お茶を買う時は、売り手、買い手の双方が、お互いの技量を見極める事から始まります。
試飲を始める際、どのようなお茶が欲しいのかと聞かれます。
この際に、「香りの強いお茶」とか、「こんな種類の香り」が欲しいという意見を言った場合、安物のお茶が出されます。
お茶のことを良く理解してない人は香りの強さを気にします。お茶を良く理解している人は、逆に、香りの質、香りの深さを気にします。
私の場合、喉韻と呼ばれる、「喉越し」「後味」を重視している事を相手に伝えるようにしております。
或いは、中国語で「回甘」、つまり、喉の周りで感じられる甘い後味という意味の言葉を使うときもあります。
これらの言葉はお茶のことをどこまで理解しているかを計る指標でもあり、これらの言葉を用いて品質を説明できることは、その人のお茶に対する理解度が有る一定レベル以上であることを示唆します。
因みに、最初に出てくるお茶は決して高品質ではありません。
お茶を飲むと、必ず、意見を求められます。
この際に、「美味しいですね」とか、「良いお茶です」と適当に返事をした場合、お茶の味の分からない輩だと判断されます。
正しくは、①喉韻の強度、②香りの質に対する意見、③香りの強度を切り分けて、意見を述べることが重要です。
例えば、「香り質に関しては素晴らしいが、喉越しが殆ど感じられない。」等々
より強い喉越しのお茶を求めると、次に値段が倍くらいのお茶が出されます。値段が倍と言っても、品質が倍とは限りません。
お茶が出された段階で、再び同様の意見が求められます。
この繰り返しをすることで、自分の理想とする喉越し強度のお茶を探しだし、同時に値段とのバランスをとる必要があります。
中国では喉越しの強度は明確に値段と比例しております。比例と言っても正比例ではなく、喉越し強度と値段の関係は対数比例しております。
喉越しが強いお茶は素晴らしいですが、ある程度の段階でバランスをとらないと、値段はとんでも無く高くなり、売り物にならなくなります。
今回、鳳凰山で試飲をしたわけですが、お茶会社の主が、私のお茶鑑定能力を非常に高く評価してくださりました。
主は私が品質を良く理解している事を喜んでくださり、最終日に凄いお茶を淹れてくれました。
そのお茶はお茶会社のご主人が国際茶葉品評会で金賞を受賞したお茶で、樹齢500年の木から作られた鳳凰烏崠八仙単叢と呼ばれるお茶で、1kgが卸価格で162万円のお茶です。
1回に8-10gの茶葉を使うため、私が飲んだ分だけで16200円もするわけです。(汗)
お茶は、滑る様に喉に流れ落ち、香りが何時までも持続し、凄まじい品質レベルでした。鳳凰烏龍は只でさえ、香りが強く、茶葉とは思えない様なフルーティな香りがするため、それに喉越しが加わると、世界最強と言っても過言ではないくらい凄まじい品質のお茶となります。今回は、国際品評会金賞の八仙は仕入れませんでしたが、樹齢数百年物の鳳凰烏崠八仙単叢を日本用に仕入れました。こちらも相当に高いレベルの品質です。値段帯は獅峰龍井茶レベルかと思います。
また、マレーシアの店舗では鳳凰烏崠花蜜香単叢と言って、中国茶葉品評会で金賞を受賞したお茶を販売予定です。
ところで、驚くべき事に、今回試飲した国際茶葉品評会金賞受賞のお茶は前回雲南省で試飲した布朗山の生プーアル茶と同レベルの喉越し強度でした。このお茶は毛沢東の献上茶として用いられたこともある銘茶です。
布朗山の生プール茶は非常に高かったため、自分用にだけ数百グラム購入し、販売用には購入しませんでした。今になって、店の販売用に仕入れなかったことが非常に悔やまれます。
ある意味、トップクラスの鳳凰烏龍茶を戴いたことで、今年、仕入れ損ねた布朗山プーアル生茶の品質の凄まじさを再確認することが出来ました。
布朗山生プーアル茶は高いと言っても、100gが10000-15000円程度です。来年は必ず仕入れたいと思います。
八仙2
国際品評会で金賞受賞の鳳凰烏崠八仙単叢
八仙
鳳凰烏崠八仙単叢を淹れる主人

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …

最新の記事 NEW ARTICLES

誰でも簡単に出来る水出し茶の作り方
暑い季節には水出しでお茶をいれるのがお勧めです。水出し茶の簡単な作り方、水出しに適したお茶を紹介したいと思いま …
現地でも珍しい台湾烏龍茶2種を予約販売
台湾に1週間程滞在し、烏龍茶の仕入れをしてきました。台湾茶の仕入れをする際は、例年と同じレベルの品質と価格を維 …
安渓の烏龍茶を鳳凰単叢烏龍のように仕上げる実験
潮州を代表する鳳凰単叢烏龍茶は、お茶とは思えないレベルのフルーツのような甘い香りがするお茶です。初めて飲まれる …
渡辺陶三 野坂粗土
無名異、信楽、伊賀の急須・宝瓶各種入荷
各種茶器が入荷しました。今回入荷した茶器は、渡辺陶三氏作の秋津無名異酸化焼成、炭化還元焼成、野坂粗土還元焼成、 …
日当たりの優劣とお茶の味香りの関係
同じ無肥料の自然栽培茶であっても、日陰や森の中で作られたお茶と日が良くあたる場所で作られたお茶は香りや味に大き …
雲南省の自然栽培茶から作る白茶!白牡丹
HOJOでは雲南省の標高2100mクラスに自生する老樹から収穫された茶葉を用い、オリジナルの白牡丹を作りました …
老木の自然栽培茶から作られた大茶頭を予約販売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しい茶頭を入 …
中国緑茶2018を4種類発売!
2018年産の中国緑茶を複数発売しました。今回は晴天が続いたことでお茶の素材が非常に良く、例年と比べて、非常に …
高い品質のお茶ほど成長が遅い
3月に雲南省入りし、既に1ヶ月が経過しました。ここ臨滄地域の場合、春の1番茶は3月の20日頃から茶摘みが開始さ …
大雪山野生白茶とプーアル生茶の散茶を限定予約販売
今年も大雪山産の野生茶を原料にプーアル生茶と白茶の生産を行いました。今年は中華正月以降、殆ど雨が降らなかったた …

PAGETOP