高山紫茶を発売しました。このお茶は今年発売するプーアル茶の中でも非常に面白いお茶の1つです。

雲南省でも非常に稀少な紫茶

高山紫茶は雲南省の産地では「紫茶」と呼ばれております。一見すると普通のお茶とそっくりなのですが、茎の部分が赤紫色をしており、また、プーアル茶に加工すると藍色のような濃い色合いになります。
紫茶は何処にでもあるわけではなく、どちらかというと非常に珍しい類の種類と言えますです。臨滄の永德や鎮康県などの2000mクラスの高山地帯に散見されます。ただし、紫茶の数は全体に非常に少なく、現地でも稀少なお茶の部類です。紫茶というと四双版納産の紫絹茶と混同されますが、臨滄地域の紫茶は同じ品種ではありません。一般的に紫茶は老樹の数が非常に少なく、老木産の紫茶は非常に入手が難しいのが実情です。偶々、私がお付き合いしている農家では、紫茶を沢山所有しており、今年は事前に原料茶葉を予約することで、優先的に仕入れる事が出来ました。

フルーツや花の香りが紫茶の特徴

紫茶はその品種特性上、非常に香りの強いお茶で、熱を加えすぎないように上手に加工すると、紅茶、白茶、プーアル茶のどれに加工しても、フルーツや花のような香りを呈します。ただ、紫茶自体が非常に珍しいこともあり意外にこの事実は知られておりません。また、多くの生産者が技術的な未熟さから、加工中に熱をかけ過ぎ、その結果、折角の紫茶の香りが引き出せてないことが多いように思います。私は萎凋を24時間行なったうえで、殺青を低い温度で行うことで半発酵を促進し、フルーツの香り引き出す作り方を用いました。香りは、表現が難しいのですが、杏、マンゴ、デイツのような香り、仄かに鳳凰単叢ののような香りも感じられます。尚、紫茶は、単株茶と、更にもう1種類別の作り方をした、花の香りがするタイプも入荷しており、これらの紫茶も今月中に発売を予定しております。

標高2100mの自然栽培茶園産

紫茶のもう一つの特徴は非常に強いボディがです。高山紫茶を口に含むと、非常にふくよかで香りが広がる感覚がします。華やかなお茶が好きな人にはお勧めです。


また、今回用いた原料茶葉は、標高2100m付近の老木から摘まれており、濃い後味とクリーミーで透明感のある味わいが感じられます。

熟成する事で蜜の香りを形成

紫茶は新茶で飲むのも美味しいですが、2〜3年以上、熟成してみると更に濃厚な香りへと変化します。紫茶は熟成する事で、春の蜂蜜のような甘い香りを形成します。実は昨年、数キロですが高山紫茶を生産しマレーシアで販売を行いました。一年経過した時点で無酸素で保管していた袋を開封し、試飲してみたところ、蜂蜜そのもののような甘い香りがしておりました。マレーシアでの一年は日本では2-3年に相当します。

高山紫茶2019は甘いフルーツの香りがしっかりと感じられるため、プーアル茶初心者にも分かりやすい美味しさのお茶です。

高山紫茶2019のお買い物はこちらから

HOJOパッケージ

お買い物の合計が5,000円以上で送料無料!

お支払い・送料について >>

袋小:50g / 価格 1200円(税抜き)


クリックして買い物カゴへ

円茶:200g / 価格 4,600円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

お値打ちパック:1000g(円茶200gを5個) / 価格18,400円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売
雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も …
臨滄の名産地、鳴鳳山産のプーアル生茶散茶2020を2種類発売
鳴鳳山古樹生茶の2020年の散茶を限定発売します。 在庫に限りがありますので、興味のある方はお早めにお買い物く …

最新の記事 NEW ARTICLES

原料と製茶方法を変え大雪山野生茶2020を発売
雲南省臨滄市の大雪山産の野生のプーアル生茶2020年産を発売しました。今年はお茶の原料も、生産者も、生産方法も …
臨滄の名産地、鳴鳳山産のプーアル生茶散茶2020を2種類発売
鳴鳳山古樹生茶の2020年の散茶を限定発売します。 在庫に限りがありますので、興味のある方はお早めにお買い物く …
白岩山高山茶の散茶2020年産を限定発売!
白岩山高山茶の散茶を発売しました。 2種類発売しますが、非常に限られた量のみの限定販売ですので、興味のある方は …
雲南省でも入手が難しい大茶頭2019を発売
茶頭はプーアル熟茶の発酵過程で自然に形成される塊です。今回、茶頭の中でも、大茶頭と呼ばれるとても珍しいプーアル …
雲南省の無農薬無肥料の自然栽培茶から作った白牡丹を発売
白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶から作った白牡丹は2018年に1度発売し、非常に人気のあるお茶でした …
佐渡島、渡辺陶三氏作の秋津無名異の急須・茶壺・宝瓶が入荷
新潟県佐渡島より、渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成と炭化還元の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 今回はこれま …
24時間萎凋により香りがアップグレードした高山紫紅茶を発売
高山紫紅茶2020年産を発売しました。 今年の高山紫紅茶は、予想以上に上手く製茶が出来、個人的に大変満足出来る …
意外と知らない白茶の3つの顔
最近、何かと話題になり、人気上昇中の白茶ですが、白茶には3つのまったく異なる顔があります。 白茶とは 白茶とい …
樹齢数百歳のお茶の木から摘まれた花茶、古樹茶花を発売
無農薬無肥料の老木から収穫されたお茶の花茶を発売しました。 臨滄西部の標高2000-2200mの茶園にある樹齢 …
小さな子供が喜ぶお茶の種類は?
子供はジュースやソフトドリンクなど甘い飲み物を好むように思いがちですが、本当に美味しいお茶をあげると、意外なほ …

PAGETOP