2016年馬鞍山古樹生茶期間限定にて毛茶/散茶を予約販売

[2016.04.18] Posted By

IMG_5410

馬鞍山古樹生茶を仕入れました。馬鞍山古樹生茶はHOJOのプーアル生茶のラインアップの中でもトップクラスの品質のお茶です。今年の馬鞍山は収穫時期の前1週間殆ど雨が降らなかったために、極めて良い品質に仕上がりました。大変満足の行く品質ゆえ、今年も毛茶(散茶)の予約販売を行いたいと思います。

IMG_2732

IMG_5425

有名産地、老班章のような豊かな味わいのお茶

馬鞍山は鎮康県に位置するお茶の名産地です。この地域は、土質に非常に恵まれており、馬鞍山のお茶を口に含むと、奥行きのある深い味わい(強い余韻)と、広がりのあるふくよかで豊な味わい(ボディ)の両方を楽しむことが出来ます。馬鞍山産の農作物はお茶に限らず、コーヒー、野菜、米など、どれも同じような味の傾向を示します。ふくよかで強いボディのお茶は、多くの人に好まれる傾向があり、老班章、武易、昔帰のような地域が非常に有名になったのも味が非常に太く豊かな香りが感じられるゆえです。馬鞍山のお茶は、これら有名産地のどのお茶にも劣らない非常に強いボディがあり、加え非常に深い余韻があります。にもかかわらず、馬鞍山は非常に遠隔地に位置することから観光客が訪れることが殆ど無く、値段が老班章の1/10以下という、ある意味非常にコストパフォーマンスの高いお茶です。

IMG_9059

IMG_2875

非常に入手が困難な馬鞍山産の自然栽培茶

ただし、馬鞍山も地元鎮康県やその隣の永德県では非常に名が知れわたっており、馬鞍山の周辺地域ではお茶の栽培方法が現代農業化しており、肥料が使用されつつあります。一般的に肥料が施肥されると、お茶の成長は速まり、余韻の浅いお茶になります。ただ、馬鞍山のお茶の不思議なのは、肥料を与えて育ったお茶でも余韻が非常に強い点です。私は馬鞍山鎮を広範囲にわたって歩き回り、様々な茶園を見て回りましたが、肥料を与えているにもかかわらず、馬鞍山のお茶はどのお茶も非常に深い余韻が感じられました。これは、前述したとおり、馬鞍山周辺の土が非常に優れているためと思われます。ただし、肥料を与えて育ったお茶は、味に透明感が無くなります、苦味が強く、雑味が生じます。肥料の入ったお茶と無肥料のお茶は飲み比べると、顕著な違いが感じられます。私は無肥料のお茶を好むため、HOJOの馬鞍山生茶は馬鞍山村よりも更に奥に位置する標高の高い茶園で作られております。このエリアは村からあまりに距離がありすぎるため、村人は誰も肥料を与えようとせず、お茶の木が自然な状態で生育しております。

IMG_8170

茶色の地肌が見えているのは肥料栽培の茶園

熟成によりマスカットのような甘い香りを形成

自然栽培で作られている馬鞍山は、東方美人の原料と同じくウンカが汁を吸った茶葉を多く含みます。このため、HOJOで販売している馬鞍山産の原料で白茶や紅茶をつくり、1-2年熟成することでマスカットのような甘い香りを形成します。プーアル生茶についても同じ原料を使用していることから、経年保存により非常に甘い香りが期待できます。馬鞍山の茶樹は茶葉が大きく一見ごわごわしている点が特徴です。ただ、見た目とは裏腹に、お茶はとろけるように甘く、水によっては仄かにマンゴのような甘い香りが感じられます。前述したとおり、今年は馬鞍山古樹生茶の収穫が始まる1週間前に雨が降らなかったことから、極めて良い質のお茶に仕上がりました。非常に深い余韻と、広がりの強いふくよかで豊かな味わいが特徴です。また、殺青と天日乾燥が非常によく管理されており、焦げ臭はもちろん、蒸れ臭などの異臭が一切無く、透明感のある香りが感じられます。

IMG_2727

IMG_2743

IMG_3647

お茶の熟成について

優れた原料と製茶技術によって作られたお茶は、緊圧しても、散茶の状態で飲んでも楽しめます。まずは作りたての、爽やかな香りを楽しんで頂きたいため、期間限定の予約販売にて毛茶を販売することにしました。馬鞍山古樹生茶は、自然栽培、標高、鉄分を多く含む良質な土壌のおかげでミネラルとポリフェノールが豊富に含まれるお茶です。良質のワインと同じで、ミネラルの濃いお茶は何十年もの熟成にも耐えられます。保存については餅茶も散茶もそれぞれの長所があります。餅茶で保存すると、熟成がより早く進みます。プーアル生茶は毛茶の状態でも熟成をします。毛茶の状態で熟成した場合、メリットは爽やかな甘い香りを維持しつつ、熟成香が形成されることです。時間はかかりますが、最終的に華やかな香りに熟成をすることが出来ます。

ただし、毛茶を保存される場合は、出荷時の状態のまま未開封で保存してください。HOJOでは出荷時に酸素を除去し無酸素状態にてお茶を保存しております。この状態でできるだけ温かい場所(直射日光は避け)に保存すると、数年くらいで甘い香りが非常に強くなります。熟成後は、開封してから2-3日後以降が飲み頃です。袋を開封した状態で保存した場合、熟成速度自体は早くなりますが、漢方薬・土のような香りも同時に形成されることからお勧めいたしません。なお、全商品とも100gパック毎にチャック付のアルミラミネート袋にて包装しております。

IMG_2845

なお、本商品が日本に到着するのは5月の末頃の予定です。到着し次第、発送致しますが、通関に予想以上に時間がかかる場合があり、その場合、出荷は6月上旬にずれ込むこともございます。なお、他の商品と併せて注文された場合、発送タイミングをはかりかねますので、出来るだけ本商品のみでの御注文をして頂けますようご配慮ください。

馬鞍山古樹生茶 2016 散茶(毛茶)

予約期間は来週の月曜日25日までの1週間とします。予約の受付を閉め切り次第、残りのお茶は200gの餅茶に緊圧する予定です。
100g 4900円 送料無料(税別)
クリックして買い物カゴへ

200g (100g袋 x 2) 9400円 送料無料(税別)
クリックして買い物カゴへ

600g   (100g袋 x 6) 27800円 送料無料(税別)
クリックして買い物カゴへ

1000g 39200円   (100g袋 x 10)送料無料(税別)
クリックして買い物カゴへ

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2019年産の太平猴魁を販売開始!
2019年産の太平猴魁を発売しました。太平猴魁は中国茶トップ10に選ばれており、清朝の頃より最も高級な中国茶の …
大雪山野生白茶・プーアル生茶2019の散茶先行予約販売
野生のお茶(カメリアタリエンシス)から作ったプーアル茶と白茶の散茶を予約販売します。 生産量が限られているため …

最新の記事 NEW ARTICLES

2019年産の太平猴魁を販売開始!
2019年産の太平猴魁を発売しました。太平猴魁は中国茶トップ10に選ばれており、清朝の頃より最も高級な中国茶の …
有機茶が健康に良いとは限らない!サステナブルな自然栽培茶とは?
Sustainable(サステナブル)とかSustainability(サステナビリティ)という言葉を聞いたこ …
大雪山野生白茶・プーアル生茶2019の散茶先行予約販売
野生のお茶(カメリアタリエンシス)から作ったプーアル茶と白茶の散茶を予約販売します。 生産量が限られているため …
月ヶ瀬緑茶(日本茶)
緑茶カテキンは抗酸化にも免疫力アップにも!効果的な入れ方も解説
健康や美容によいといわれている緑茶カテキンは、具体的にどのような働きが期待できるのでしょうか?特に注目度の高い …
月ヶ瀬の茶葉
緑茶はノンカフェインが安心?カフェイン少なめ水出し緑茶がおすすめ!
緑茶を飲みたいけれどカフェインが気になる、という人もいるでしょう。お茶にもともと含まれている成分ですが、体質に …
2019年産の緑茶と黄茶合計4種を発売
2019年産の中国緑茶と黄茶が合計4種類入荷しました。早速販売を開始しましたので、興味のある方は是非ご覧くださ …
緑茶(日本茶)無農薬・有機栽培茶園
緑茶は無農薬なら良いお茶なの?おいしい緑茶のポイントを徹底解説!
無農薬や有機栽培だけが、おいしい緑茶のポイントなのでしょうか? 実は誤解の多い有機栽培について解説します。また …
現地速報!2019年の雲南省のお茶の状況
4月9日より中国雲南省にお茶の仕入に来ております。例年ですと、3月の終わりから雲南省入りしていたのですが、今年 …
稀少な単株茶から作ったプーアル茶、白茶、紅茶を限定発売
2018年産の単株茶の限定販売を行います。単株茶とは1本の老木のみから作られたお茶の事で、中国茶の中で最も高級 …
鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売
3種類の鳳凰単叢烏龍茶を発売しました。何れも数年前に仕入れたお茶ですが、無酸素状態にて保管することで味香りの熟 …

PAGETOP