ダージリンティは烏龍茶?

[2006.12.08] Posted By

ダージリンティのあまり知られていない話しを徐々に公開していきたいと思います。これら情報が得られたのも、優秀なエステートマネージャーの邸宅に泊めて頂き、彼に手取り足取り教えてもらった御陰です。マネージャーには本当に感謝しております。

 
ダージリンティーには春摘みのファーストフラッシュ、夏摘みのセカンドフラッシュ、秋摘みのオータムナルの3種類があります。フラッシュとは英語でFlush=芽の意味です。
ダージリンの春摘み茶はとても緑色をしております。それに対し、夏摘み茶になると、黄色っぽい褐色になり、秋摘み茶の場合茶色というのが一般的なイメージです。
何故同じ産地で採れたお茶なのに、こうも色が違うのでしょう?私がこれまで読んだ本、聞いていた話は、「春の芽は新鮮だから緑色」と言った非常に意味のない内容でした。
今回良く理解したのですが、これらの差は工場により意図的に作られております。つまり、夏摘み茶も、春摘み茶のように緑色にすることが出来るし、逆に春摘み茶をオータムナルのように茶色に加工することも可能です。
これらの3シーズンの品質の差は何により作られているかというと、萎凋と呼ばれるプロセスです。萎凋とはこれまでも何度も説明してきましたが、収穫後のお茶を萎れされる工程です。
20061208124216.jpg
萎凋は真っ暗な部屋で行われます。左側の空の漕の底面にご注目下さい。この上に茶葉が敷き詰められるのですが、送風機のスイッチを入れると、上に向かって風邪が吹き上がります。
DJ4_3.jpg
萎凋の初期段階
DJ4_1.jpg
萎凋が進むと、写真のように萎れて、色も徐々に変わってきます。それだけではありません。部屋一面に花のような香りが充満するのです。
この萎凋工程ですが、ダージリンのティー工場で最も大切な工程と言われており、萎凋が上手くいけば70%の品質は決まったも同然と言われるほどです。工場の中でも萎凋工程を管理する人は最も重要な技術者で、将来の工場長候補です。
紅茶の萎凋は、萎凋漕と呼ばれる金属製のボックスの底面に茶葉が薄く並べられます。底面には多孔板で出来ており、沢山の穴が開いております。
萎凋漕へは強力な送風機で空気が吹き込まれるようになっており、底面に並べられた茶葉は下から空気を吹き付けられます。
萎凋とは空気を連続的に吹き付けることで、人工的に茶葉を萎れさせる工程です。この工程は烏龍茶・紅茶、一部の緑茶に共通しておりますが、花のような香りのするお茶はみな萎凋が行われていると考えて良いでしょう。
萎凋を行うことで、成分が分解し、うっとりするような香りが作られます。また、ポリフェノールに含まれる糖が加水分解され遊離することから甘みが飛躍的に増加します。
20061208123958.jpg
揉捻装置です。下のトレイが回転します。上からかける圧力の強弱を調節することで揉み具合の調整を行います。
DJ4_2.jpg
揉み終わった茶葉です。ご覧の通り、半分は緑色をしております。=半発酵
普通の紅茶の場合、萎凋後の水分は50%前後となります。その後、揉捻により細胞が破壊されることで発酵が開始され、紅茶特有の茶色に褐変するのです。
ところか・・・・・ダージリンティーの場合、萎凋の程度が他の紅茶とはかなり異なります。萎凋はとても長く24時間以上行われ、また、ダージリンティは高山で収穫されるために元々も茶葉の水分も比較的少なく、萎凋後の水分はたったの30%になってしまいます。
30%しか水分を含まない茶葉は、その後の揉捻工程で細胞を破壊しても、あまり酸化が進まないのです。言い換えると、酸化発酵には水分が必要です。リンゴを切ったときに直ぐ茶色くなる現象もお茶と全く同じ酸化発酵です。萎びたリンゴの場合、新鮮なリンゴほど茶色くなりません。このことからも言えるように、酸化酵素が活性化するためには十分な水分が必要なのです。
 
十分な水分がないままに次工程に送られた茶葉は不十分な発酵をします。言い換えると、半発酵なわけです。つまり、ダージリンティは紅茶ではなく烏龍茶なのです。
私は以前からダージリンティーは烏龍茶だと思っておりました。茶殻を見れば一目瞭然ですが、緑と赤色が斑点になっており、どう見ても烏龍茶なのです。
私がダージリンは烏龍茶という意見に対し、インドカルカッタのお茶商人は猛反対し「ふざけるな」と言わんばかりの態度でした。インドのお茶商人の殆どは実際にお茶の知識はありません。インドのお茶しか見たことがなく、また、彼らのテースティング能力及びお茶の加工に関する知識にはかなり疑問を感じます。
ところが、同じ意見を、茶園を統括するエステートマネージャーにいたところ、「勿論、ダージリンティイーは烏龍茶ですよ」と言われました。あまりにあっけなく、ダージリンティー烏龍茶説が認められてしまいました。その後数人のマネージャーと会ったのですが、皆同じ事を言います。ダージリンティは紅茶として知られておりますが、お茶の加工の視点から分類からすると、烏龍茶と同じ、半発酵茶なのです。
春摘み、夏摘み、オータムナルに顕著な色やや味の違いがある理由は、萎凋の程度及び発酵時間を意図的に変えているからだそうです。何故、春摘み茶は緑色かというと、マーケットがそれを求めているからだそうです。逆にマーケットのトレンドが変わった場合、異なる加工法をすると言っておりました。
茶葉は同じ茶園でも木により、時期により、また、生育場所により水分が全く異なります。これらの特性を正確に見極め、茶葉に適した萎凋を行うことが良いダージリンティーを作り出すポイントなのです。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP