唐家古樹生茶は雲南省臨滄市の西部、標高2000m〜2100mの茶園産の春茶から作りました。唐家の名前の由来は茶園が「唐」という名字の一家によって所有されているためです。唐家所有の茶園は高樹齢の老木が沢山あり、誰もが羨むような茶園にもかかわらず、2018年までの過去約30年にわたり1度もお茶摘みがされず茶園は放置されておりました。

家庭の事情で30年間放置されていた古樹茶園

実は、唐家はその昔は茶農家を生業としていたのですが、現在の当主が家を継いで以来、牛と山羊の放牧を生業とするようになりました。雲南省の中でも臨滄の高山地帯で野の草を食べさせて放牧した牛や山羊は非常に肉質が良く高い値段で売れます。この地域は標高が高いことで牛の肉質が良く、檻の中で飼った牛でも1匹1万元(約15万円)で売れます。自然放牧で野生の草を食べさせた牛ともなると、価格は更に高く、放牧業は村人の憧れの職業でもあります。この為、茶園オーナーの中には、唐氏のように、放牧業へと仕事を変える人は割に多いようです。

当初、唐家では唐氏(写真上)が放牧をするかたわら、奥さんがお茶に関わることを期待していたようなのですが、唐家の奥さんは放牧で十分に収入が得られるため、農業をやりたがらず、茶園はずっと放置されておりました。ただ、農業をしないことで、家族、特に姑との仲がぎくしゃくしており、遂に数年前に離婚してしまいました。

子山羊を触ろうとしている私

既に50歳過ぎの唐氏ですが、前の奥さんが唐家を去った後、新しい奥さんと再婚しました。再婚相手はミャンマーのカチン州出身の難民の女性でした。

カチン州と言えば、数年前まで戦闘機や迫撃砲が飛び交うような激しい内戦地域です。臨滄西部はミャンマーから50km程度しか離れていないため、難民の受け入れをしており、鎮康県や永德県ではミャンマー人と結婚する人も珍しくありません。

ところで、ミャンマーから来た新しい奥さん(写真上)は、猛烈な働き者で、30年間の放置で完全に藪と化した茶園の下草や雑木を次ぎ次に切り倒し、気がつけば、半年足らずで唐家の茶園はお茶が摘める状態に整備されておりました。あまりの凄まじい仕事ぶりに、唐家の新しい奥さんは、村でも有名になり、近所では「ミャンマーの妻の古樹茶園」とまで呼ばれるようになりました。

実は2018も唐家のお茶を仕入れようとしたのですが、多くの人が注目しており、原料茶葉の取り合いとなった結果、私は少量しか仕入れることができませんでした。そこで2019年は、唐家の茶園をレンタル契約することを考えました。たまたま私が共にプーアル茶作りをしている生産者と唐家は親戚関係だったため、今年は生産者を通じて契約料を支払い、唐氏の茶園を1年間更新で契約する事が出来ました。

この地域の慣習では、茶園のレンタル契約した場合、茶園のレンタル料を支払い、更に、お茶摘み料は別途ミャンマーの奥さんに相場相応の値段を支払います。つまり、唐家としてはレンタル料分が追加収入となります。

藪が刈られ整備された唐家の茶園

時間をかけてゆっくりと成長したお茶の木

不思議なもので、数百歳まで元気に生き続けているお茶の木でも、肥料を与えると急に弱くなり、突然病気になったり、枯れてしまうことがあります。このような事実を経験的に知っている農家は、お茶の木が弱るという理由から肥料を全く使用しません。唐家に於いても昔から無肥料による栽培を行っており、現在も一切の肥料を与えておりません。

非常に標高が高い上に、老木で、無肥料栽培ゆえ、お茶の木はとてもゆっくりと生長します。この為、唐家で1番茶のお茶摘みが始まったのは5月に入ってからでした。同じ地域でも標高1400-1500mの茶園は3月の下旬にお茶摘みが行われることを考慮すると、極めて成長が遅いお茶と理解できます。時間をかけて育ったお茶は細胞密度が高く、ミネラルを始め、ポリフェノールが突出して多く含まれており、お茶の味わいをより豊で濃厚にします。

唐家の茶園にあるお茶の老樹

現場で生産管理をすることで理想の品質にお茶を加工

とても良い原料が仕入れられたため、加工に関しても萎凋→釜炒り→揉捻→乾燥の各工程でサンプルを抜き取り評価をすることで、徹底した工程管理しました。お茶は熱を加えれば加えるほど成分は変化します。特に、殺青時にあまり熱をかけ過ぎないように制御することで、生茶ならではの豊で繊細な味に仕上がるように工夫しました。

また、完成した散茶は私達が長年かけて見つけた緊圧の専門業者へと輸送し、蒸気、圧力、型の材質、乾燥方法や乾燥を行う日の気象条件等、細かな仕様を指定し、更に、作業日には立ち会って作業条件を確認することで、私達の経験上理想とするスタイルの餅茶へと加工しました。実は餅茶への加工方法はプーアル茶の品質に大きく影響します。HOJOでは家内制手工業のような小規模な緊圧業者とお付き合いしており、そのおかげで小ロットの加工にもフレキシブル且つ正確に対応して貰っております。

お茶酔いしそうな深くやわらかな後味

唐家古樹生茶はミディアムボディで、非常に深い後味(コク、余韻)が感じられます。香りは新茶の内は比較的穏やかでマリーゴールドや餅米のような甘い香りがします。

唐家古樹生茶は、突出して濃厚なポリフェノールを含有しているため、熟成速度も速く、熟成により強い蜜香やフルーツ香が形成される事が期待できるお茶です。昨年作った唐家古樹生茶のサンプルを少量マレーシアで保管しておりますが、今の時点で強いフルーツ香と蜜の香りがはっきりと感じられ、とても理想的に熟成しております。お茶を経年熟成させたい場合、無酸素での熟成をお勧めします。HOJOでは出荷時に脱酸素処理をしておりますので、未開封のまま保存してください。温度が高いほど熟成は早く進みます。開封して保存した場合、変化は非常に速い反面、熟成香と同時に(ヒネ臭的な)酸化臭が形成されるため、私は個人的にお勧めしません。また、開封直後は数日間空気酸化させることで香りを開かせるようにしてください。
https://hojotea.com/jp/posts-1064/

唐家古樹生茶2019の買い物はこちらから

唐家古樹生茶は原料の品質、加工の品質共にとても満足できるお茶に仕上がったと思ってます。開封後、もし香りがやや弱いと感じられた場合は、数日おいてから再度試してみてください。餅茶表面の水分が多少抜けることで、香りが引き締まり、より香りがシャープ、或いはクリアーに感じられます。

袋小(固まりを小分けして袋詰め):50g / 価格 1,500円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

餅茶1個:200g / 価格 5,800円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

お値打ちパック:1000g(餅茶200gを5個) / 価格23,200円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …
鳳凰単叢蜜蘭香2023と老欉姜花香2022を発売
鳳凰単叢烏龍茶を2種類発売しました。今回販売したのは、蜜蘭香濃香2023 No.1と老欉姜花香2022です。 https://hojotea.com/item/houou.htm 質の良い鳳凰単叢の特徴 良質な鳳凰単叢は …
ちょっと変わった白茶の楽しみ方!驚きの応用アイデアをご紹介
水出しで抽出した白茶と、お湯で淹れた白茶はまったく異なる香りになることをご存じでしょうか?本コラムでは、水出しを更に応用した白茶の楽しみ方を紹介したいと思います。 殺青工程の無い白茶には酵素が残存 白茶の特徴は、製茶工程 …

PAGETOP