岐阜県春日で在来種の煎茶の仕入れ

[2013.06.06] Written By

春日の茶園

岐阜県の揖斐川町の春日(以前は春日村)にお茶の仕入れに行ってきました。
春日は標高は500m前後、揖斐川を中心にVの字型の谷で形成された地域です。春日の茶園は谷から数百メートル上の、なだらかなスロープに広がっており、在来種とやぶきたが中心に作られております。

お茶の在来種はつまり雑種

お茶の場合、在来種と言っても、ニホンカモシカ、大和イワナのような日本古来の固有の種を指す言葉ではありません。本来、種というからには、単一の種類を指すべきなのですが、お茶における在来種というのは様々な種類のお茶の混生を指します。むしろ「雑種」というのが最も適切な表現で、昔からの複雑交配で様々な品種のお茶が混じり合った状態の茶園を指します。複数の種類のお茶から構成されている在来種ですが、藪北のような選抜種と比べると平均的に味が濃くなる傾向にあります。藪北のような選抜種の場合、肥料の吸いが良く、成長が著しく早いことから一つ一つの細胞が大きくなりがちで、結果としてコクが少なくなる傾向があります。平均的な在来種のお茶と比べると、例え混生種であっても在来種の方が濃い味になる傾向があります。

春日の茶園

何と!茶園に鹿が現れました!

意外と重要ではない老木

春日の茶園は沢山の老木が沢山残っていることでも知られております。なかには樹齢が200年ほどの木もあると言われております。老木ゆえに、根の表面積が大きく、養分やミネラルをより多く吸収し、若い木と比べるとコクが強いお茶が出来ると考えられております。ただし、老木によるメリットは、他の栽培条件が同じであった場合のみ適応されます。例え老木でも、肥料を与えたり、深く刈り込んで、枝の生長を早くした場合、若い木と全く変わらない性質のお茶へと変化します。私はプーアル茶の仕入れを通じて、多くの老木を見てきておりますが、老木でも、収量を上げる為の試みをおこなった場合、コクのないフラットな味わいに変化します。実際には春日の全ての茶園が、老木の特長を生かせているわけではありません。

春日のお茶の長所

私の個人的な視点で春日のお茶を観察した場合、3点特筆すべき点があります。

無肥料・無農薬栽培

春日のお茶は、自然栽培・準自然栽培が実践されており、窒素肥料や農薬がほとんど使われておりません。もちろん、全ての農家がそうしているわけではなく、肥料の袋が散見される茶園もあります。少なくとも、私がお付き合いしている農家では農薬・窒素肥料を全く使用しておりません。無肥料で育てられた、お茶はゆっくりと成長し、味が濃く、コクの強いお茶ができます。

ウンカ

無農薬茶園と言うこともあり、沢山の昆虫がおりました。写真はウンカです。この虫が汁を吸った茶葉だけを集めて作られたのが台湾の東方美人です。春日には沢山のウンカが飛び回っておりました。

芽数型の管理

春日には、芽数型といって、深く枝を刈り込まず、先端の枝を極力細くし、成長速度を遅くする方法でお茶を管理している農家が多く見られます。多くといっても、パット見た感じでは全体の30-50%程度の茶園です。芽数型で管理された茶園の場合、芽がしっかりとしており、芽のサイズは小さく、茶葉は全体に黄色味を帯びた色になります。この方法で作られたお茶はコクが強くなります。

ボディのあるお茶

私が春日のお茶を注目している最も重要な理由は、土に含まれるミネラルです。春日の土は、お茶のボディを強くする傾向があります。私の仮説ですが、土壌に含まれるアルカリ系のミネラルが関係しているように思います。春日のお茶はコクという点では、ベストではありませんが、ボディとのバランスが良くそれゆえに飲み応えがあります。

春日で野イチゴつみ

春日の茶園周辺には沢山の野イチゴが自生しており、これを食べるのが私の毎年の楽しみでもあります。地元ではヘビイチゴと勘違いされており、ほとんど誰も食べないのです。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

最新の記事 NEW ARTICLES

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

PAGETOP