野坂還元焼成

陶器の急須でお茶をいれるとまろやかになると言われますが、日本語の「まろやか」という言葉には2つの意味が含まれております。一般的に日本語でまろやかと表現される味覚には、コク、ボディの2つの意味を含んでおります。フランス語や中国語と比べると、日本語における味を表現する言葉は非常に曖昧です。
実際、急須にもちいられる土の種類によりコクを強める場合、ボディを強める場合、さらに、コクもボディも強める場合があります。また、急須の中には、コクもボディも無くす土、渋味を高める土も意外に多く存在します。
急須が水に与える影響は、急須を構成する土に含まれるミネラルの種類、さらに、焼成の仕方、例えば、酸化焼成か、還元焼成かによって決まります。

鉄分はコク、カルシウムはボディに影響

茶器に含まれるミネラルですが、鉄分はコクに影響し、カルシウムなどのようなアルカリ性のミネラルはボディに影響します。例えば、私が販売している野坂土は、アルカリミネラルが少なく、コク偏重型の茶器です。それに対し、信楽土や古琵琶湖土の場合は、アルカリミネラルが豊富に含まれていることから、ボディ偏重型の茶器です。尚、古琵琶湖土には鉄分も多く含まれることから、コクとボディの両方が強く感じられます。

還元焼成はコク、酸化焼成はボディ

また、一般的に、同じ土で酸化焼成と還元焼成を比較すると、還元焼成はボディが弱めに、逆に、コクが強く感じられます。酸化焼成は、ボディが強めで、コクが弱めになります。

野坂酸化焼成

ボディとコクの強弱による味覚の変化

ボディを高めることなく、コクのみを高めた場合、透明感、スッキリ感、シャープさ、クリアー感が増します。また、ボディが高まると、豊かさ、厚み、ふくよかさ、ボリューム感、まるみが増します。

基本的には、半発酵茶と紅茶の香りを楽しむ為には、ボディは重要な要素です。ボディが不足した場合、香りが強く感じられません。ダージリンティをボディが足らない茶器で飲んだ場合、ふわっと立ち上る香りが感じられず人によっては物たら無さを感じます。ただし、ボディが強い方が良いか、弱い方が良いかという問題には個人の好みも影響します。

茶器選びは、カメラのレンズ選びと同じ

よくお客様から、「一番性能の良い茶器はどれか?」、或いは、「私が一番好きな茶器はどれ?」と質問を受けることがあります。この質問に対しては、正直、答えるのが困難です。茶器の性能という言い方をしますが、実際は優劣をつけることは出来ません。

茶器を選ぶのは、ちょうど一眼レフのレンズ選びと似ております。レンズには広角、標準、望遠、ズームレンズがあります。一番手軽なレンズと言えば、ズームレンズでしょう。ただし、こだわりのある人は、ズームでは物足らないと言われるかも知れません。私もカメラが好きで、単焦点の広角レンズや、単焦点の望遠レンズも所有しております。広角や望遠レンズは、ある意味、特殊なレンズですが、目的によってはその機能を必要とする場合があります。

古琵琶湖土 宝瓶

茶器の場合も同じで、ボーンチャイナや信楽土のようにコクもボディもほどほどの茶器は普段使いには良いと思います。逆に、コクが突出している茶器、或いは、ボディが突出している茶器は、お茶の性格を極端に変えてくれるため、非常に面白く、私はTPOに合わせて使い分けております。例えば、朝起きたばかりに、透明感ある味香りを楽しみたい場合、野坂の還元焼成のように、コク重視の茶器をつかいます。午後以降、香りをしっかりと楽しみたい場合、無名異の酸化焼成や古琵琶湖土の酸化焼成の茶器を使います。

茶器とカメラのレンズ
幾つかの異なる性能の茶器を所有することで、同じお茶をいろんな味と香りで楽しみことができます。これは、一台のカメラに対し、複数のレンズを所有することと似ていると思います。自分の好み、その時の状況に合わせて異なる茶器を使うと、お茶の楽しみ方の幅が広がります。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

最新の記事 NEW ARTICLES

HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …
標高2100mのシングルガーデン産プーアル生茶、 火地古樹生茶2021を発売
火地古樹生茶2021を発売しました。 このお茶は、小さな単一茶園(シングルガーデン)のお茶のみから加工されたプーアル生茶です。 https://hojotea.com/item/d147.htm シングルガーデン産のお茶 …
ペットボトル入りのお茶の味に大きく影響するビタミンCの存在
近年、多くの人々にとって、お茶を飲むということはペットボトル入りのお茶を飲むことが普通な今日この頃ですが、本コラムでは、ペットボトル入りお茶の特徴的な味に焦点を当ててみたいと思います。 酸化防止目的のビタミンCの添加 コ …

PAGETOP