茶道家必見!抹茶を美味しくする道具と逆に不味くする道具の見分け方

[2013.01.28] Written By

信楽粗土をベースとした自然釉の抹茶碗

茶道の道具の主役である抹茶碗ですが、その多くはわびさびを基調として作られております。反面、味への影響を意識して作られた抹茶碗が非常に少ないと感じております。私は茶道の専門家ではありませんが、お茶の味については日々興味を持っており、抹茶碗と抹茶の味の関係についてもさまざまな評価実験を行っております。

 

お茶を美味しくする抹茶碗の素材

抹茶碗の場合も、急須と同じく作られている素材の質、焼き方、焼成温度などにより抹茶の味が大きく変化します。良い素材の茶碗で飲むと、抹茶の味が非常に濃くなり、口当たりが柔らかく、ふんわりと広がるような奥行きを楽しむことができます。

ただし、そのような茶碗を求めようと思った場合、釉薬がかかってない茶碗が理想です。釉薬とは、言ってみればミネラルが溶けた状態です。溶けていると言うことは、つまり、ミネラルの粒子が溶解して(ガラス化)いるわけで、表面積がとても小さくなります。

味をまろやかにする鉄釉

鉄分を多く含むような鉄釉でも、朱泥のような陶器と比較するとお茶のまろやかさには大きな開きがあります。釉薬の場合、表面積が小さいため味への影響も穏やかです。私も信楽土や佐渡の朱泥でつくられた抹茶碗を取り扱ったことがありますが、お茶が美味しくなるという理由ゆえに購入してくださるお客さんも多くいらっしゃいます。

私はどちらかと言うと、抹茶碗としてではなく、ソバやうどんを食べるための食器として使用するのが好きです。お汁の味にコクが増し、味がとても深くなります。

 

陶器ほどではありませんが、鉄分を多く含む天目秞や瀬戸黒釉、青磁のような鉄分を含む釉薬がかかった茶碗の場合、比較すれば分かるレベルでお茶がまろやかになります。

http://www.tokoname.or.jp/glaze/tenmoku.htm

鉄分を含む釉薬は概して黒色をしておりますが、黒だからと言って鉄釉とは限らないので要注意です。

 

意外に良い性能を発揮する自然釉

また、最近、味に関して意外だったのは、灰の自然釉の茶碗でした。信楽の土を自然釉で焼いて貰ったのですが、元の土よりもまろやか度が増しておりました。灰の場合、原料の木がミネラルを含んでいるため、お茶の味を素晴らしく良くするものもあります。

 

味を極端に悪くする釉薬

美術品としては美しいですが、道具として要注意なのが亜鉛や銅などの金属を多く含む釉薬です。織部、亜鉛結晶釉をはじめ、緑や青色の釉薬の場合、お茶の味を硬く、あっさりに変えるだけでなく、舌に残るざらつきが生じます。さいきん私が気になったのは、天目茶碗で緑や茶色の油滴があるタイプです。見たは本当に美しいのですが、お茶をいれるとコクが無くなり、舌にざらつきが生じます。

 

抹茶碗には美術品としての側面と道具としての側面があります。純粋に抹茶を美味しく飲みたいという人は、素材にこだわってみるのもおもしろいと思います。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …

最新の記事 NEW ARTICLES

【お茶のレシピ】茶飯が楽しい!紅茶、プーアル茶、白茶、烏龍茶、緑茶で驚きの美味しさに!
お茶を水の代わりにいれてご飯を炊くと、お茶ご飯が出来ます。このお茶ご飯が想像以上に美味しいので紹介したいと思います。 茶飯と言っても、緑茶だけではなく、紅茶、白茶、烏龍茶、プーアル茶、ジャスミン茶などいろんな種類のお茶で …
プーアル茶の餅茶と散茶、どちらを選ぶべき?
プーアル茶というと、円形の餅茶や四角いブロック状の磚茶、或いは、キノコのような形状のトウチャなど、お餅のような硬い塊に加工されているイメージがあります。しかし、プーアル茶には散茶もあることをご存じでしょうか?雲南省の産地 …
2020年産の各種新商品を発売のお知らせ
最近、立て続けに数種類の新商品を発売しましたのでお知らせいたします。 鳳凰単叢烏龍茶 https://hojotea.com/item/houou.htm 2020年産の鳳凰単叢を3種類発売しました。今年はお茶のシーズン …
秋津無名異 酸化焼成の急須・茶壺・宝瓶が入荷
渡辺陶三氏作の秋津無名異 酸化焼成の急須、茶壺、宝瓶が入荷しました。 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm 天然土ゆえの個性的な外観 渡辺氏は自ら山の土を掘り、自前で全て精製し …
蘭の花のような香り!安渓産の鉄観音清香型を発売
鉄観音清香型を発売しました。このお茶は中国福建省にある、安渓の祥华福新村産の春茶から作られた蘭の花のような香りがする烏龍茶です。 鉄観音は品種名 鉄観音とは鉄観音という品種のお茶から作られた烏龍茶を指します。 鉄観音は品 …
プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるために2年間熟成をしました。熟成させたことで乾燥フルーツ系の甘い香りが強く感じられるようになりました。 標高20 …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露です。 玉露やぶきたは朝比奈玉露 玉露やぶきたは、静岡県藤枝市岡部町の朝比奈川流域の茶園で作られた朝比奈玉露で …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほどのお茶の木から摘まれた、無農薬無肥料の自然栽培茶を原料としております。 伸びやかな後味と濃く甘い香りが特徴の …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶です。どちらも生磨きのモデルです。 秋津無名異還元焼成 秋津無名異還元焼成でお茶をいれると、酸化焼成と炭化還元 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンドすることで非常に飲みやすい香りに仕上げております。 https://hojotea.com/item/d31. …

PAGETOP