佐渡島渡辺陶三氏作の無名異焼各種を発売

[2019.10.11] Posted By

渡辺陶三氏作の茶器が大量に入荷しました。今回は仕上がりが非常に良く、また、味の点でも非常に満足できる内容です。

原土ゆえの個性

渡辺陶三氏は自ら山や野から原土を回収し精製まで行っております。天然土は地層が複雑に入り組んでいるため、土業者から土を仕入れるのとは異なり、掘り出す場所の微妙な違いにより、含まれるミネラルに変化が生じます。このため、同じシリーズの土を扱っていても、土のロットが変わる毎に味は少なからず変化します。
私は入荷毎にテイスティングをし、その結果を渡辺氏にフィードバックすることで、採取部位の調整をして貰っておりますが、今回は、味が特に良く、結果にとても満足しております。

野坂の原土

秋津無名異 酸化焼成

https://hojotea.com/item/tozo_akitsu.htm

この茶器は味と香りの広がり(ふくよかさ・ボディ)を大きく高めつつ、同時にコク・後味も高めます。この土でお茶をいれたり、水を通すと、お茶の味がとろりとして感じられます。また、香りが非常に華やかになる事から、紅茶や烏龍茶をはじめとする発酵茶との相性が非常に良い土です。

発酵茶との相性が良い理由ですが、発酵茶は香りを重要視した作り方をしたお茶です。ふくよかさが増した場合、お茶を口に含んだときの香りに広がりが生じるため、お茶がとても華やかに感じられ、発酵茶の特徴である「香り」がより豊に感じられます。勿論、紅茶や烏龍茶以外のお茶とも相性が良く、日本茶やプーアル茶、白茶も美味しくはいります。

秋津無名異 炭化還元

https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_tanka.htm
1度焼き上げた秋津無名異 酸化焼成の茶器を、炭の中にいれて焼き直すことで、土のミネラルを炭化した茶器です。秋津無名異 酸化焼成と同じ土ですが、焼き方を変えることで異なる味になる点が焼き物の面白さです。

味は秋津無名異の酸化焼成よりも広がりは抑えめですが、その分、後味が更に濃く、余韻が非常に長い土になります。あらゆる種類のお茶と相性がよく、お茶の品質が数倍上がったように感じられます。

秋津無名異 還元焼成

https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm
秋津無名異シリーズと同じ原土を使用しておりますが、ガス釜にて還元焼成した土です。還元焼成は焼く度に色合いが微妙に異なる点が、難しさでもあり、面白さでもあります。
味的には、ちょうど、秋津無名酸化焼成と秋津無名異炭化還元の中間的な味です。後味・コク・余韻などの言葉で表現される味の奥行きと、ボディ・ふくよかさ・広がり・骨格などの言葉で表される味の広がりが釣り合っているため、味が非常に丸く感じられます。あらゆる種類のお茶と相性が良い土です。

無名異常赤

https://hojotea.com/item/tozo_joaka.htm

日本最大の金山である佐渡島相川金山の坑道内から回収した赤土をそのまま使用しております。非常に稀少で、血のような赤い色合いが出ることから、佐渡島の無名異焼作家の間では最上の土とされ珍重視されてきました。ただし、希少性や作家視点での価値は味とは関連性が有りませんので、その辺は切り分けて判断する必要があります。
今回入荷の無名異常赤土は、ボディやふくよかさは殆ど高めず、コク・後味のみを引き上げる性質があります。お茶に広がりを求めない人にはお勧めの土です。強ければ強い程良いコクに対して、ボディは強ければよいと言う訳ではないため、上品で余韻の長いお茶が好みの人にお勧めです。

野坂粗土酸化焼成

https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm

野坂は佐渡島の旧相川町、相川金山から比較的近い距離にある地域の名称です。野坂土の原土は黄色みを帯びており、鉄分を多く含み、深いコク・後味が特徴の土です。

これまで扱っていた野坂はボディが細めだったのですが、今回入荷したロットは、ボディ・広がりがしっかりと感じられます。秋津無名異土ほどではない物の、味に広がりがあるため、紅茶や烏龍茶などの発酵茶との相性が良いと思います。

野坂粗土還元焼成

https://hojotea.com/item/tozo_nosaka_reduction.htm
野坂の土をガス窯で還元した茶器です。還元焼成の場合、同じように焼いていても、窯内の位置によってガスの濃度が異なり、この為、モデル毎に様々な色合いに発色します。非常に個性的で存在感のある土です。
野坂粗土の還元焼成は、酸化焼成と比べると、ボディ・広がり・ふくよかさは抑えめですが、その分、余韻・後味が長く、あらゆる種類のお茶と相性が良い土です。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …

最新の記事 NEW ARTICLES

朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …
伊賀天然朱泥の宝瓶・茶壺入荷
暫く品切れとなっておりました、伊賀天然朱泥の宝瓶、急須・茶壺が入荷しました。 600万年前に琵琶湖の底に沈殿し …

PAGETOP