佐渡島では幻と言われる無名異上赤で急須を制作

[2014.09.29] Written By

無名異上赤

佐渡島の相川金山周辺や大佐渡山脈・小佐渡山脈で出土する無名異と呼ばれる赤土を用いた焼き物は無名異焼と呼ばれ、佐渡島を代表する焼き物です。無名異の中でも上赤と呼ばれる「特別な土」を用い、後手や横手の急須をプロデュースしました。

無名異は相川金山周辺の山から採取

金山の採掘が活発であった時代は、金鉱内からも無名異土が採取されておりましたが、全ての金鉱が廃坑となった現在では佐渡島の作家は、大佐渡山脈の山中など、独自の場所から無名異を採掘し、自ら精製した上で作陶に用いております。私がお付き合いしている、清水謙氏、渡辺陶三氏もそれぞれ独自の採掘場所をもっており、自ら採掘の手配をしておりました。(ただし、2年前から世界遺産申請のために相川周辺での無名異の採掘は禁止となりました。)

相川周辺での無名異の採掘現場

無名異の原土

無名異の原土

無名異

幻の土、無名異上赤

無名異と呼ばれる土の他に、佐渡の作家の間で上赤と呼ばれる土があります。この土は初代の三浦常山などが作陶に用いていたとも言われている土で、作家の間では極上の土と位置づけられています。
上赤とは、金鉱の内部から回収された土の呼称です。土自体は大佐渡山脈などで採掘された赤土(無名異土)と基本性質は同じなのですが、金鉱の壁を染み出す過程で濾過されているために、上赤は普通の無名異と比べると極めて微粒子により構成されております。つまり、無名異上赤は天然の岩によって濾過された土と言えます。
一般に、大佐渡山脈などで採掘された無名異と呼ばれる赤土は、粒子が粗いために粘性が低く、この土単一では轆轤でひくことが出来ません。この為、佐渡の無名異焼は無名異と呼ばれる赤土に、野坂と呼ばれる黄土をある一定割合ブレンドすることで作られます。
それに対し、上赤の場合、洞窟内の岩壁を通じて自然の精製が行われており、粒子系が非常に細かく、この土単一でも急須を制作が可能です。

無名異 上赤

味をふくよかにする無名異上赤

上赤と言っても、この土を定義するのは「金山の坑道内で採掘される土」という点「粒径が細かい」という点です。しかし、粒度が細かいという点は、茶器としては非常に重要な要素となります。粒度が細かいと言うことは、より低い温度で焼きしめることが可能となります。また、土を構成するミネラルの粒径が細かいことは、急須がより多孔質になるため、表面積が大きく、味への影響がより大きくなります。

 

世界遺産登録により入手が不可能となる無名異

現在、国の文化庁が中心となり、相川金山を世界遺産に登録しようという活動が行われております。このため、相川金山周辺での土の採掘は既に禁止されており、今後、相川産の無名異を入手するのは事実上不可能となります。まして、無名異上赤は坑道内部から掘られた土であり、今後、この土が入手出来る可能性は非常に低いと推察されます。

相川金山

相川金山

無名異

無名異

無名異上赤の茶器を発売

非常に稀少な無名異上赤ですが、渡辺陶三氏が限定量を所有しており、この土を使用して茶器を製作する事が可能となりました。過去半年の間、複数の条件のもとで急須を制作 → 味を比較、焼成温度など条件の精査を繰り返した結果、希望する条件が定まったため、上赤の茶器を商品化するに至りました。江戸・明治時代に採掘されていた無名異焼の原料と全く同じ土で茶器の制作が出来ることは非常に興味深く、また、夢のような話です。

無名異上赤

無名異 上赤はボディを高める性質があり、お茶の香りや味わいを華やかにします。お茶の味への影響については、清水謙氏の無名異土と基本的な性質はにており、紅茶、烏龍茶等のような発酵茶に適しております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …
お茶を美味しくするHOJOのオリジナル急須&茶壺4種が入荷
新たに以下の茶器が入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 渡辺陶三作 秋津無名異酸化焼成 渡辺陶三作 秋津無名異還元焼成 渡辺陶三作 野坂粗土還元焼成 舘正規作 信楽粗 …
ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!
お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。 中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。 実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。 …
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …

PAGETOP