お茶の安心と安全

[2006.11.16]
東方美人の無農薬茶園

今回の台湾出張の最大の目的は、最高の品質の東方美人を買い付けることでした。 東方美人は6-7月に飛来するウンカに汁を吸われた茶葉だけを選択的に摘むことで作られます。 その昔、有る農家が忙しさのあまり、茶園を放置したところ …

[2006.11.10]
無農薬陳年老茶30年もの

先日、台湾で購入したお茶の1つを紹介します。本当は、他のお茶もどんどん紹介したいのですが、最近他にも紹介したいことが目白押しなので(嬉しいことですが)、順番に紹介していきます。烏龍茶のプロセスについても、定期的に公開しま …

[2006.09.09]
ただ検査をすれば良いわけではない中国茶の農薬事情

農薬に関し、どうすることで確実に信用できるお茶が入手出来るのか?これは本当にややこしく、難解な問題でした。 まず、どの業者も必ず言ってくるのが、「うちでは昔から海外に販売しているから心配ないです」という言葉でした。 しか …

[2006.09.07]
お茶における安全と安心の違い

近年では食品に関わる限り、常に「安全安心」と言う言葉が聞かれます。 私は「安全」と「安心」は根本的に異なる概念だと思います。 以下、私の思う、安全と安心の定義を示します。 安全とは「明確な規格」による「論理的な危害除去」 …

[2006.07.11]
中国における有機茶園の実態

今回湖南省に来た目的の一つは、湖南省にあるお茶生産会社との商談をする事です。 写真:農園に向かう道は舗装されてなく、途中から徒歩で農園に向かった。 今回は有機緑茶の生産地の見学をさせて貰いました。有機茶と一概に言っても、 …

[2006.06.18]
農薬のない安全な中国茶を仕入れる方法

2006年5月29日より農薬のポジティブリスト制が施行されました。私たち食品の輸入に携わる業者としては、非常に深刻な問題であり、確実な方法にて残留農薬の管理に臨まねばなりません。 残留農薬を管理するためには、日本における …

[2006.02.23]
残留農薬の無い安全な中国茶の確保

私は中国製品=品質の不安というイメージが実在する事を深刻に受け止めております。 2006年5月より日本の農薬基準が改正 今年の5月より日本における農薬基準が劇的に改正されます。これまで、ネガティブリスト制という管理方法だ …

PAGE 2 OF 2

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …

人気記事ランキングお茶の安心と安全

PAGETOP