紅茶のような甘い香り白鶯山古樹白茶2017年産を発売

[2018.01.19] Posted By

HOJOの白茶の定番の白鶯山古樹白茶 2017年産を発売しました。今年は萎凋を長めに行うことで、ダージリン紅茶を連想するような甘い香りのお茶に仕上げました。非常に香りが強いお茶ゆえに、紅茶が好きな人に是非ともお勧めしたいお茶です。このお茶はコク(余韻・後味)が非常に強く、ボデイ(ふくよかさ・広がり感)は穏やかで、飲み終わった後も強く印象に残るお茶です。
https://hojotea.com/item/w08.htm

肥料を与えないと農薬も不要

白鶯山は臨滄の雲県にある山の名称です。この山は非常に知名度が高いため、雲南省の空港などでも白鶯山の名を冠したプーアル茶を良く見かけます。ただ、高い知名度ゆえに、大多数の茶園は肥料栽培を行っており、多くのお茶は味に奥行きが無く、名前負けをしております。一般的に名声と品質は反比例関係にあります。HOJOでは濃厚な後味(コク・余韻)を求め、無肥料無農薬で、自然のままの状態になっている茶園を選び、原料茶葉を入手しております。無肥料の茶園は、お茶の成長が非常に遅く、味わいや香りが濃厚なお茶になります。また、茶葉に含まれる窒素分が極めて低くなることから、農薬を使わずとも昆虫があまりつかない性質を有し、結果的に農薬を必要としません。

加工法で決まる白茶の定義

白茶とはお茶の木の品種や茶葉の白い外観の呼称ではなく、緑茶、紅茶、烏龍茶などと並び、6つあるお茶のカテゴリーの1つです。お茶のカテゴリーは製茶方法によって決まります。この為、例え外観が黒くても、白茶の作り方を踏襲していれば白茶と呼ばれます。
雲南省の伝統的な白茶の作り方は、数日間の萎凋→そのまま自然乾燥か天日乾燥と非常にシンプルです。萎凋とは時間をかけて水分を落とすことで、脱水ストレスによりお茶の酵素酸化の発酵を促す工程です。雲南省における白茶の作り方の場合、自然乾燥で水分を無くすため、長時間の萎凋が特徴です。一見すると、ただ放置しているだけのように見える白茶の加工ですが、萎凋の際には湿度と温度の管理が非常に重要であり、天気を注視しつつ生産計画を練る必要があります。雨が数日続くと、湿度が上がるため、萎凋中に酵素発酵が急速に進み、茶葉が蒸れることで、発酵が行き過ぎてしまいます。どのようなお茶を作りたいかという商品設計に基づき、萎凋時間を調節します。白鶯山古樹白茶2017年については、しっかりと萎凋をすることで、紅茶の様な香り高いお茶に仕上げました。

長時間萎凋を行うことで紅茶の様な香りを実現

私はシーズンが始まる前に、雲南省へと入り、生産者と、使用する茶葉原料、加工法を打ち合わせることで、特注にて本商品を生産しました。2016年に発売した白鶯山古樹白茶2016は、萎凋を短めに制御することで、フローラルな香りを引き出しました。このお茶は現在も在庫がありますが、餅茶に加工されたHOJOの白茶のなかでもひときわ香り高いお茶です。今年同産地から白茶を仕入れるに当たり、同じ性格のお茶が重複しても意面白くないため、今回は、乾燥速度を遅め、萎凋を72時間以上、行うことで、ダージリンオータムナル紅茶の様に甘い香りを引き出しました。萎凋の後半になると、萎凋室はフルーツのような香りで充満しており、そこにいるだけで美味しいお茶を飲んでいるような気持ちになりました。緊圧したことで、香りは多少落ち着きましたが、お茶を淹れると甘くい濃厚な香りが感じられます。香りは、水飴や蜂蜜に近く、非常に甘いです。ダージリンオータムナルが好きな人にもお勧めします。

プーアル茶よりも早い熟成速度

白茶は熟成することで味香りが変化します。熟成に関しては一般にプーアル茶が有名ですが、近年中国では白茶の熟成がブームになっております。白茶はプーアル茶の数倍の速度で熟成するため、短中期間で熟成の結果が目に見えて分かります。これは白茶が微発酵茶であることに関係しており、数年での熟成でも、とても分かりやすく香りが変わるため、熟成のし甲斐があります。HOJOでは長期の熟成をしやすいように餅茶(200g)の形状に緊圧しております。熟成を行う際には、未開封のまま、できるだけ温度の高い場所にて保管してください。熟成することで、蜜のような(マスカテルフレーバー)がより強くなり、より華やかな香りへと変化します。

雲南省の自然栽培茶から白茶を作る意味

白茶というと、日本では福建省のお茶がよく知られております。近年では福建省でも白牡丹を餅茶に加工したお茶が沢山流通しております。ただ、福建省の白茶は例外なくどれも慣行栽培の茶園産で、肥料栽培が基本であり、お茶の木の樹齢も低いことから、お茶の味が非常に軽く、余韻が短めです。この点、雲南省の標高2000M以上有る茶園に自生する、樹齢が100歳を超えるような自然栽培の老木は、後味の濃さ、お茶の滑らかさ、余韻の長さなどが突出してすぐれております。お茶を飲んだ後にも、香りが何時までも口の中に残り、非常に飲みごたえのある味わいです。

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …

最新の記事 NEW ARTICLES

ダージリンのような香り!ミルクティーでも美味しい雲南紅茶2種を販売
古樹滇紅(こじゅてんこう)は極上の滇紅(雲南紅茶)を作ってみたいという目標のもと、原料の選定に関して全く妥協せ …
雲南紅茶好きにお勧め!高山紫紅茶2018販売
高山紫紅茶が2018年産のお茶に切り替わりました。高山紫紅茶はとても美味しい紅茶ゆえ、紅茶が好きな人には強くお …
台湾三希製の茶漉し付マグカップ販売
台湾の三希製の磁器が何点か入荷しました。これまで品切れとなっておりました商品も入荷しましたので是非ご覧ください …
自然栽培のプーアル熟茶、火草山産の宮廷金毫2018販売開始
プーアル熟茶ファンに朗報です。HOJOの熟茶の中でも絶大な人気のある火草山から作られた宮廷金毫 2017を発売 …
自然栽培プーアル生茶、烏木龍古樹生茶2018を販売開始
烏木龍古樹生茶(ウームーロンこじゅなまちゃ) 2018を発売しました。このお茶は2018年産のプーアル茶の中で …
鳳凰単叢烏龍茶7種発売。知名度の低い名称のお茶がおすすめな理由
鳳凰単叢烏龍茶2017産を多数発売しました。鳳凰単叢烏龍茶は仕入れた直後よりも暫く熟成した方が香りも味も良くな …
中国茶の王様とも言える鳳凰単叢烏龍茶
烏龍茶というと台湾の烏龍茶を思い浮かべる人が多いかと思います。事実、HOJOの烏龍茶の中でも台湾の烏龍茶は非常 …
屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国茶好き必見!高級ジャスミン茶の作り方
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …

PAGETOP