現地速報!2019年の雲南省のお茶の状況

[2019.04.16] Posted By

4月9日より中国雲南省にお茶の仕入に来ております。例年ですと、3月の終わりから雲南省入りしていたのですが、今年はシーズンの最後まで現地に滞在したいと思ったため、雲南省入りする時期を10日ほど後にずらしました。ここ一週間で様々な茶園をまわり、また複数の生産者を訪れることで、今年の雲南省のお茶の状況について把握しましたので簡単に説明したいと思います。

2019年の雲南省のお茶の生育状況

今年は3月に程良い雨が降り土壌が湿った後、4月になってからは晴天の日々がずっと続いております。また、中国の農歴(農業カレンダー)によると今年の春の訪れが例年よりも早いとされており、事実、例年の同時期と比べると今年は温かく感じられます。
このような状況により、お茶の成長は例年よりも1週間〜10日ほど早く推移しており、既に標高2000-2100mクラスの茶園でもお茶摘みが始まっております。
通常だと、標高に100mの差があると、収穫時期は1週間くらいズレが生じるのですが、今年は異なる標高間でもズレが数日に留まっており、この先10日間に多くのお茶の収穫がピークを迎えそうです。
今年のお茶の収穫状況を考慮すると、今後短期間に大量のお茶が出てくる為、時期後半になると、お茶の値段が崩れることも予想され、仕入れる側としては非常に興味深い状況です。

2019年の雲南省のお茶の品質

品質は一般的に成長速度と比例関係にあり、時間をかけて成長するほど、品質が高くなる傾向があります。その点では、今年のお茶は例年よりも早い時期に収穫されているために、品質が心配でした。しかし、意外にも今年のお茶の品質は非常に良く、私も生産者も驚いております。4月に入って晴天がずっと続いたことがお茶の品質に好影響を与えたようです。
但し、より標高が高く、樹齢の高いお茶の木の収穫が始まるのは今週以降ですので、今後の天気の推移は非常に重要な品質決定要素になります。雨が降ると、成長が早まることから品質は一気に下降します。通常、雨が降った日から2日間はお茶摘みを中止し、3日目から品質が正常に戻ります。

2019年の雲南省のお茶の価格状況

各地からの情報によると、緑茶市場を中心に、今年の中国茶市場は例年よりも冷え込んでいるとのことです。中国政府による汚職防止政策が非常に功を奏しており、政府間での贈り物が激減したために、それがお茶市場にも影を落としているようです。また、中国における開発事業が一段落したことから、建設業界に牽引されていた経済成長が鈍化したこともお茶市場冷え込みの一原因のように思います。雲南省南西部のお茶産地である臨滄地域の場合、僻地と言うこともあり、中国茶市場の冷え込みはあまり影響して無いように感じられます。ただ、今年はお茶の収穫量が短期に集中し、例年よりも収穫量が多いことから忙肺のような有名産地では値崩れが起きているようです。

写真は単株茶として販売予定のお茶の老木

一方、単株茶のような特殊な高級茶に関しては以前に増して需要が高まっております。ただ、単株茶については、玉石混淆でただ老木なら良いというわけではなく、高いお金を出すだけの価値のあるお茶を入手するためには、茶園の標高、茶園の環境、肥料の有無、除草剤の有無など、現地にてお茶の木の状態を見極める事が重要と考えております。

今後、5月の中旬過ぎくらいまで雲南省に滞在し各種お茶の生産を行う予定です。

先月発売した限定販売の単株茶2018についてですが未だ在庫が僅かに残っております。興味のある人は以下のサイトからご購入ください。
https://hojotea.com/jp/posts-1152/

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

紫茶単株プーアル生茶の限定販売
紫茶の単株茶(たんしゅちゃ)を発売しました。単株茶とは、一本のお茶の木のみから作られたお茶のことです。紫茶は稀 …
標高2300mの野生化した自然茶園産のプーアル生茶、白岩山高山茶
白岩山高山茶というプーアル生茶を発売しました。このお茶は2300mという非常に標高の高い地域にある、野生化した …

最新の記事 NEW ARTICLES

紫茶単株プーアル生茶の限定販売
紫茶の単株茶(たんしゅちゃ)を発売しました。単株茶とは、一本のお茶の木のみから作られたお茶のことです。紫茶は稀 …
標高2300mの野生化した自然茶園産のプーアル生茶、白岩山高山茶
白岩山高山茶というプーアル生茶を発売しました。このお茶は2300mという非常に標高の高い地域にある、野生化した …
在来種と品種物のお茶の驚くべき違い!
お茶には、「挿し木で増やされる品種物」と「種から蒔かれる実生のお茶」の2種類があることをご存じでしょうか? 品 …
台湾三希の牙白シリーズ磁器を2種類新発売
台湾三希より新しい商品を仕入れました。 今回新たに追加したのは、大型の茶壺(急須)とやや大きめの茶杯です。 h …
プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして発売
HOJOのオリジナルのお茶、プーアルジャスミンパールを品質アップグレードして再発売しました。長年のプーアル茶と …
プーアル茶は開封後1週間位で甘い香りが形成される
HOJOのプーアル茶は開封直後に直ぐ飲むよりも、封を開けて、最低1週間くらいおいてからの方が香りが遙かに強くな …
とにかく余韻が好きと言う人にお勧めのプーアル茶、大茶林古樹生茶を発売!
大茶林紫茶と大茶林古樹生茶の2種類のプーアル茶を発売しました。大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株 …
水道水から塩素を除去するだけでお茶が美味しく!!!
お茶を淹れるときに水道水を直接沸騰して使用しておりませんか?折角良い急須や、良い茶葉にお金をかけても、塩素を除 …
緑茶の種類を製法と品種により徹底解説
緑茶の種類って何があるの?製法や品種ごとに徹底解説!
緑茶と一口に言っても、その種類はさまざまです。では、具体的にどのような種類があるのでしょうか?緑茶の製法や品種 …
唐家古樹生茶(プーアル生茶)の販売開始!
唐家古樹生茶は雲南省臨滄市の西部、標高2000m〜2100mの茶園産の春茶から作りました。唐家の名前の由来は茶 …

PAGETOP