鳳凰単叢老欉銀花香単株2020を発売しました。単株茶は1本の木だけから製茶されたお茶であり、鳳凰単叢の中でも名実共に高級茶です。

1本の木から収穫されたお茶

本商品は烏崠山の坪坑头、標高1000m、樹齢約180歳の1本の老木から作られた単株茶です。以下の写真はこのお茶を収穫した木です。

銀花香=鴨糞香

鳳凰単叢の中で異色を放つ名前のお茶と言えば、他でもない鴨糞香ではないでしょうか?

あまりにも香りが良かったために、人に盗まれることを恐れ、意図的に酷い名称を用いたという言い伝えなどが有ります。

ただ、近年では、この名称があまりにも酷いと思う人もおり、銀花香という名称が代わりに用いられるようになりました。
勿論、鴨糞香と言う名称も健在であり、生産者によって銀花香を用いたり、鴨糞香が使ったりします。

鳳凰単叢老欉銀花香単株の名称について

鳳凰単叢老欉銀花香単株の名称について言葉の意味を解説したいと思います。

鳳凰は産地である鳳凰鎮と言う地域の名称です。この地域にある烏崠山という山とその周辺の山々が鳳凰単叢烏龍茶の主要産地です。

鳳凰単叢の単叢は「特定のロット」という意味で用いられます。単叢は1本の木から作られたお茶と説明している書籍などを目にしますが、これは誤りです。鳳凰単叢烏龍の場合、特定の香りの特徴毎に分類され小ロット単位で販売するのが文化です。同じ銀花香と言う名称でも、異なる単叢(ロット)のお茶は、香りが微妙に異なります。単叢(ロット)毎に、お茶の木の生育環境、気候、発酵、炭焙の技術が異なるため、香りは多様化します。

一方、1本の木から作られたお茶は単株と呼びます。これは鳳凰単叢烏龍茶に限ったことではなく、プーアル茶をはじめ、あらゆるお茶に共通する呼び名です。単株茶は鳳凰単叢烏龍茶の中でも最も高級なお茶のカテゴリーです。

老欉とは老木から作られたお茶という意味です。単株茶の場合は当然、老木から作られているため、老欉の文字が入りますが、省略されることもあります。何歳以上の木が老欉と呼ばれるかという明確な定義はなく、生産者、品種によってまちまちですが、一般的には80〜100歳以上であれば老欉と呼ばれます。

単株茶ゆえの深く濃い後味

本商品は、単株茶と言うだけあり、非常に長い余韻と濃い後味のお茶です。
体の奥深くに染み入るような水質が心地良いお茶です。
香りとしては、グアバ、洋梨、プルーンを連想するようなフルーツ系の香りですが、仄かに生姜の花を連想するような香りがします。
通常、単株茶は非常に高額になりがちですが、本商品は比較的現実的な価格帯で入手する事が出来ました。そう言う点では、単株茶初心者にもお勧めします。
2020年産の鳳凰単叢烏龍茶に関しては合計3つの単株茶を発売予定ですが、本商品は値段的には最も手頃なお茶になります。

買い物は此方から

袋小 :   15g / 価格 3,800円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

缶入り:   40g / 価格 9,800円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

袋大(40g入りの袋が3個入り) :120g / 価格 28,800円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

お値打ちパック(袋大が3袋=合計40gの袋が9袋):360g / 価格 70,560円(税抜き)

クリックして買い物カゴへ

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …

最新の記事 NEW ARTICLES

標高の高い茶園を厳選!ダージリンファーストフラッシュ2種を発売
ダージリンのファーストフラッシュを2種発売しました。 https://hojotea.com/item/b07.htm ファーストフラッシュとはどういうお茶か、また、質の高いファーストフラッシュを入手するためのHOJOの …
雨の日はお茶が美味しく淹れられない驚きの理由
ようやく梅雨が明けつつあり、気分も晴れやかですね! 実は雨が続くと水の味が変化し、お茶が美味しくいれられません。 その理由をご存知でしょうか? 日々変化する水の味 今まで美味しく飲めてたお茶が、急に渋くなったり、甘味が弱 …
雲南省樹齢100歳以上の無農薬無肥料の白茶-白牡丹2021を販売
雲南省の自然栽培の老木から作られた白牡丹を発売しました。 雲南省の自然栽培茶 HOJOでは2007年から2014年頃まで福建省の白牡丹を取り扱っておりました。 ただ、福建省の白茶は、どの茶園も基本慣行栽培であり、肥料が多 …
大雪山野生白茶、鳳凰単叢竹葉と馬鞍山功夫普洱茶の発売
3種類の新商品、大雪山野生白茶2021、鳳凰単叢竹葉2020と馬鞍山功夫普洱茶2018を発売しました。 大雪山野生白茶 2021 https://hojotea.com/item/w11.htm 大雪山野生白茶 2021 …
中国茶仕入れのプロによる雲南紅茶(滇紅)の【徹底解説】
雲南紅茶(滇紅)は正山小種(ラプサンスーチョン)や祁門紅茶とならび、中国を代表する紅茶です。 本コラムでは雲南紅茶とはどういうお茶なのか、少し詳しく説明したいと思います。 世界で最初に開発された紅茶は、福建省武夷山の正山 …
佐渡島、渡辺陶三作の無名異焼還元焼成と無名異上赤の急須と茶壺が入荷
新潟県佐渡島の渡辺陶三氏作、秋津無名異還元焼成と無名異常赤の急須を発売しました。 秋津無名異還元焼成 https://hojotea.com/item/tozo_akitsu_reduction.htm 渡辺陶三氏の還元 …
太平猴魁、月ヶ瀬在来煎茶、ネパールの紅茶を発売
幾つか新商品を発売しましたのでお知らせします。 今回発売したのは以下の商品です。 月ヶ瀬在来煎茶 2021 太平猴魁 2021 太平猴魁 2020 旧ロット特価販売 太平猴魁特貢 2021 太平猴魁特貢 2020 旧ロッ …
福建省安渓産の烏龍茶、黄金桂を発売
中国福建省安渓産の黄金桂を発売しました。 黄金桂は花のような非常に個性的な香りがするお茶と言うこともあって、安渓において、鉄観音と並び非常に人気の高いお茶です。 中国烏龍茶の三大生産地の1つ安渓 福建省安渓といえば、台湾 …
2021年の中国緑茶(龍井茶・蒙頂甘露)とその他数点のお茶を発売
2021年産の新茶と、その他お茶を数種、発売しましたのでお知らせいたします。 獅峰龍井茶 2021 有名な産地と言うことも有り非常に高額なお茶ですが、とても素晴らしい仕上がりになっております。 本商品は実生のお茶「群体種 …
2021年のお茶の状況:生育状況、品質、値段など
2021年のお茶の状況をお知らせします。 今年はインド、ネパール、中国、台湾において、2月から今に至るまで非常に乾燥した状態が続いており、お茶の成長が極端に遅れております。 私が各産地の状況を確認したところ、今年の収穫量 …

PAGETOP