松林大樹茶園 単株古樹生茶2019を限定量のみ発売

[2021.08.06] Written By

2019年産の単株プーアル生茶、松林大樹茶 単株生茶 2019 を発売しました。
このお茶は、松林の間にひっそりと自生する、樹齢300歳越えの大木から収穫された単株生茶です。


日陰の木のみ選んで収穫していることから、日陰のお茶の特徴を体感して頂けると思います。

単株茶とは

単株茶とは1本だけのお茶の木から製茶されたお茶の事です。
通常、雲南省の各お茶農家では、自分たちの所有する最も樹齢の古いお茶の木は、単独で分けて製茶することで、単株茶として販売します。
但し、全ての農家が樹齢数百歳の古樹を所有しているわけではありません。その様な場合、同じ単株茶という名称がついていても比較的若い木から作られていることもあります。また、樹齢が高くても肥料を沢山与えて育てられたお茶は味が薄くなります。単株茶だから一概に品質が良いという事ではありません。
質の高い単株茶であるためには、木の樹齢はもちろん、茶園の標高、更に、最も重要な点として、肥料を与えずに時間をかけてゆっくりと育てたお茶であることが重要です。

松林に囲まれたお茶の古樹

松林大樹茶の茶園は臨滄市の南西部、鎮康県付近、標高2100mに位置する小さな茶園です。
こじんまりとした茶園で、松の木の林に囲まれたスロープにひっそりと鎮座しております。
特徴は樹齢300歳を余裕で超えるような大木が数十本ある点と、茶園が松林の間に位置しており、一日中直射日光が当たりません。
松林の間にあることから、松の木の葉が茶園に積もっており、お茶の木は松葉からも養分やミネラルを得ております。

茶園は無農薬に加え、完全無肥料で管理されており、理想的な生育環境でした。
松林大樹茶園の中でも特に老木のお茶の木については、木単位で収穫を行い、単株茶(Single Tree Tea)として1本の木のみからお茶を加工しました。


2019年はプーアル生茶の当たり年

2019年は5月中旬まで殆ど雨が降らず、お茶の品質が突出して良い年でした。
Covid-19が発生する前だったこともあり、2019年においては、私は春、雲南省に2ヶ月間滞在し、生産者と共にお茶作りを行いました。自分で生産管理をしたこともあり、私が理想とする品質に限りなく近いお茶に仕上げる事が出来ました。
お茶は低温殺青で加工することで、熱ダメージを最大限に抑え、フルーティで豊かな香りを引き出せる工夫をしました。
本当はもっと早く発売したかったのですが、良いお茶と言うこともあり、出し惜しんでいたところ、気がつけば2年も経過してしまいました。既にお茶の熟成が程良く進行しており、甘い熟成香が形成されつつあります。

茶園をレンタルすることでお茶を仕入れる権利を確保

この茶園のオーナーは典型的なお茶農家で、茶園は所有している物の、自ら製茶を行っておりません。この類の農家では、生茶葉を周辺地域の製茶業者に販売して生計を立てているのです。
基本、老木が多く残っている地域は、その名声から、多くの人が目を付けております。この為、お茶摘みシーズンともなると、茶園オーナーがお茶を売りに行かずとも、買い手からやってきます。
松林大樹茶の茶園は突出して樹齢の高い木で構成されていることから、多くの原料バイヤーに知られておりました。
この為、原料確保は熾烈な競争となり、2018年は数キロのお茶しか入手出来ませんでした。

どうしたら翌年2019年から松林大樹茶の生茶を確保出来るか、HOJOのお茶の加工を担っている茶師と話し合いました。
その結果、茶師の名義にて、茶園をレンタルする決断をしました。
多めのお金を払ったとしても十分に価値のある茶園ゆえ、相場より多めの金額を支払うことで、オーナーにレンタルを快諾して貰いました。
雲南省の場合、レンタルとは茶園の茶葉を入手出来る権利です。実際にはレンタル料に加え、お茶代も支払うため、茶園のオーナーとしてはレンタル分だけ追加の収入が得られます。

個性的な香りの日陰のお茶

一般的なプーアル生茶は複数の木から収穫された茶葉で構成されます。
通常、日陰のお茶だけから作られたプーアル茶を飲む機会は非常に希です。なぜなら、標準的なプーアル茶の場合、茶園単位で収穫されており、日陰や日向の茶葉が混在するためです。


一般的に日陰のお茶は、後味がより濃く余韻が長くなる傾向があります。武夷山ではこの性質が非常に好まれるため、武夷山内でも高値がつくエリアの多くは日陰です。
日当たりが良い茶園は味香りがスッキリするのに対し、日陰のお茶はクリーミーな味を呈します。また、日陰のお茶から作られたプーアル茶は新茶の際に独特の花のような香りを呈します。
日陰というと、玉露を連想しがちですが、プーアル茶に感しては非常に爽やかな香りであり、玉露の香りとは全く異なります。
日陰のお茶が優れているという話ではなく、日向の、日陰のお茶はそれぞれに個性があり、優劣は評価できません。
香りや飲んだときの印象が華やかなのは日向のお茶、落ち着いてて、味に奥行きがあるのが日陰のお茶の特徴です。

今回、7本の木からそれぞれ、7種類の単株茶を仕入れました。
ただ、HOJOでは頂芽のみを集めて製茶をしていることから、お茶の木1本当たり、数キロしか入手出来ませんでした。
完成したプーアル生茶は全て100gの餅茶に緊圧しました。200gと600gをご注文のお客様には、出来るだけ複数の木から収穫されたお茶をお届けしたいと思います。
但し、数に限りがございますので、販売状況によっては、同じ木のお茶が重複する場合もございます。

買い物はこちらから

100g (100g餅茶)5,378円(税込)
売り切れ

200g (100g餅茶 ×  2 ) 10,584円(税込)
売り切れ

600g   (100g餅茶 x 6) 30,240円(税込)
売り切れ

人気商品ゆえ、日本の在庫は完売しました。EMSの送料がかかってしまいますが、マレーシアの在庫は未だございますので、購入をご希望の際はご連絡ください。尚、マレーシアでは357g餅茶のみご用意しております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …

最新の記事 NEW ARTICLES

雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …
贅沢なマスカテルフレーバー!蜜香紅茶(無農薬)を発売
蜜香紅茶を発売しました。このお茶はHOJOのラインアップに入っているにもかかわらず、何年も品切れが続いており、多くの人からお問い合わせを頂いておりました。 今回紹介する蜜香紅茶は無農薬の茶園から仕入れました。 https …
お茶を美味しくするHOJOのオリジナル急須&茶壺4種が入荷
新たに以下の茶器が入荷しました。 https://hojotea.com/categ/teaware.htm 渡辺陶三作 秋津無名異酸化焼成 渡辺陶三作 秋津無名異還元焼成 渡辺陶三作 野坂粗土還元焼成 舘正規作 信楽粗 …
ステンレスで沸かしたお湯とお茶との意外な相性?!
お茶を飲む際にどのような材質の湯沸かしでお湯を沸かすべきか、悩まれると思います。 中国・台湾におけるお茶のプロはステンレスでお湯を沸かすことが多いのが実情です。 実際、ステンレスが味の点でベストなのか、検証してみました。 …
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏の無名異焼急須・茶壺・宝瓶など4種を発売
佐渡島の陶芸家、渡辺陶三氏作の茶器(急須、茶壺、宝瓶)を発売しました。 今回発売した茶器は、秋津無名異酸化焼成、秋津無名異炭化還元、野坂粗土酸化焼成、野坂粗土還元焼成の4種類です。 急須に含まれるミネラルと味との密接な関 …
武家寨古樹生茶 2021 散茶と鳳凰単叢老叢鴨糞香2020を発売
武家寨古樹生茶 2021の毛茶(散茶)と鳳凰単叢老欉鴨糞香2020を発売しました。 武家寨古樹生茶 散茶 2021 武家寨は雲南省臨滄市永徳県にある山村です。 茶園は標高約2000m〜2200mに位置しており、4-5月に …
ほのかに香る蜜香が特徴!標高2300m付近の自然栽培茶による高山白茶を発売
高山白茶を発売しました。このお茶は標高2100m〜2300mの高地で摘まれた1芽2葉のお茶から作られた白茶です。味がやわらかく、草木、紫蘇、蜜、桃を連想するような爽やかな香りが特徴のお茶です。 茶園が村から離れているため …
標高2000mにある樹齢数百歳の自然栽培茶、古樹白茶2021を発売
古樹白茶2021を発売しました。 力強い余韻と、花やハーブのような甘い香りがするお茶です。 原料の質は白茶の品質の要 一般的に白茶と言えば福建省産がよく知られております。ただ、福建省の白茶は、製茶技術こそ非常に素晴らしい …
プーアル茶の当たり年!2019年産の宮廷金毫を発売
宮廷金毫2019を発売しました。2019年は当たり年と言うことも有り、乾燥フルーツ香がしっかりと感じられ、質の良いお茶に仕上がっております。 https://hojotea.com/item/d41.htm 熟茶の質は生 …
佐渡島渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須・茶壺を発売
佐渡島の渡辺陶三氏作、野坂粗土酸化焼成の急須と茶壺を発売しました。 https://hojotea.com/item/tozo_nosaka.htm ふくよかさと後味を強化する野坂粗土 野坂粗土の酸化焼成は、ふくよかさ( …

PAGETOP