偶に、お客さんから「以前飲んだ、桃の香りがする台湾茶が忘れられない」という話を聞くことがあります。
しかし、標準的な台湾茶の中には、桃の香りのする台湾茶はありません。
台湾のお茶専門店で、桃の香りがする烏龍茶(桃香烏龍)を探していると言った場合、香料で着香したフレーバー烏龍茶を紹介されると思います。
では、実際にこのようなお茶があるのか、私の経験を踏まえて説明したいと思います。

5種類に分類される代表的な台湾茶。

1.清香型とよばれる、文山包種茶、凍頂烏龍、阿里山茶、梨山茶のような花のような香りがするお茶。

2.1の烏龍茶を焙煎した、香ばしさ、カラメル、ナッツ香や、乾燥フルーツ系の香りがするお茶。

3.蜜香高山茶、東方美人、蜜香紅茶のように、ウンカが噛んだ茶葉で作られる、蜜香(マスカテルフレーバーと呼ばれる、マスカットのような香り)がするお茶。

4.木柵鉄観音や傳統式の重発酵烏龍茶。発酵をしっかりと行うことで、フルーツや乾燥フルーツのような香りを呈するお茶。(更に、このタイプのお茶を焙煎して、2のように仕上げたお茶も有ります。)

5.紅玉紅茶

 

焙煎をしてないお茶は、花やフルーツの香りがしますが、桃の香りがするお茶は一般的では有りません。

実は本当にある桃の香りがする台湾烏龍茶

一般的な台湾茶の中には桃の香りがするお茶は無い分けですが、実は、桃の香りがする台湾烏龍茶は本当に存在します!

種明かしをすると、高山烏龍茶系の清香タイプの台湾烏龍茶を経年熟成すると、驚くほど桃系の香りがするお茶へと変化します。
桃の香りがする台湾茶を飲んだという人の多くは、実は無意識のうちに熟成した台湾烏龍茶を飲んでいるのです。

勿論、元となる烏龍茶の種類によって、多少香りに違いがありますが、通常、桃のような香り、ネクタリンの香り、マンゴのような香り、或いは、桃とマンゴの混ざり合ったような香りへと変化します。
特に、天池梨山茶、梨山茶のような標高が特に高いお茶は、熟成したときの香りが特に感動的で、一度飲んだら忘れられない美味しさです。

HOJOのラインアップですと、凍頂烏龍(中発酵)、阿里山茶、翠峰茶、梨山茶、天地梨山茶などが熟成に最適です。

https://hojotea.com/categ/ool.htm

また、台湾烏龍茶ではありませんが、鉄観音の清香なども熟成をすると面白いお茶です。
結論として、微発酵タイプの烏龍茶は熟成で大きく化けます。その変化の幅の大きさゆえに、感動もひときわ大きいものです。

お茶を熟成する方法

熟成の方法は、お茶を無酸素で数年以上熟成するだけです。

無酸素といっても、真空バキューム包装のお茶は不適切です。バキューム包装をした場合、例えどんなに高価でプロ用の装置を使用しても1%の酸素が残存すると言われております。実は、この1%の酸素が悪さをします。

台湾では、バキューム包装のみで商品を包装している生産者は意外に多く、それらのお茶は桃の香りにはなりません。

無酸素にするための唯一の方法は、脱酸素剤を使用することであり、その様な包装方法のお茶のみ、経年熟成したときに特別な香りへと成長します。

しかし、安心してください。現在HOJOのお茶は全て無酸素包装されております。熟成目的で保管する場合、未開封にて保管してください。

また、重要な点として、保管環境の温度が高ければ高い程、熟成は早く進みます。基本、熟成速度は温度に比例します。

私達はマレーシアのクアラルンプールにも会社がありますが、トロピカルなマレーシアで保管してあるお茶は、日本の数倍の速度で熟成します。

マレーシアだと、2-3年で烏龍茶が桃の香りになりますが、日本だと、温度が低めゆえ、熟成は遅く、桃っぽい香りが出るには5年位必要かもしれません。

尚、熟成した茶葉は、多少黄色味が増すものの、色合い的に大きく変化はしません。

時間がかかる作業ではありますが、ただ保管しておくだけなので、是非、お試しください。
新鮮な香りが売りの台湾茶の場合、多くの人が、飲み頃は早いほど良いと考えがちです。
しかし、無酸素保管が出来る今の時代、烏龍茶は熟成期間が長い方が、香りはより強くなり、また、熟成期間に応じて様々な個性の香りへと変化します。
更に、何年保管しても無酸素である限り、鮮度は落ちません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

この記事に関連するHOJO Teaの商品


関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

ジャスミン茶の常識を覆す!プーアル熟茶を使った斬新な味わいの黒ジャスミン茶(黒茉莉茶)
私たちは完成したジャスミン茶を仕入れるのではなく、自分たちで選んだ原料をジャスミン工場に持ち込むことで、オリジナルのジャスミン茶を特注生産しています。これまでにも、プーアル生茶を原料としたプーアルジャスミン茶、古樹銀針( …
中国でもレアな薫香の高級正山小種、奇種伝統式が登場!
正山小種には、松の木を燃やしてお茶の乾燥を行うことで薫香を呈するタイプと、甘く華やかなフルーツ香が特徴のタイプの2系統のお茶があります。それぞれ全く異なる香りがするお茶ですが、一般的にフルーツの香りがする正山小種は高価な …

最新の記事 NEW ARTICLES

ジャスミン茶の常識を覆す!プーアル熟茶を使った斬新な味わいの黒ジャスミン茶(黒茉莉茶)
私たちは完成したジャスミン茶を仕入れるのではなく、自分たちで選んだ原料をジャスミン工場に持ち込むことで、オリジナルのジャスミン茶を特注生産しています。これまでにも、プーアル生茶を原料としたプーアルジャスミン茶、古樹銀針( …
中国でもレアな薫香の高級正山小種、奇種伝統式が登場!
正山小種には、松の木を燃やしてお茶の乾燥を行うことで薫香を呈するタイプと、甘く華やかなフルーツ香が特徴のタイプの2系統のお茶があります。それぞれ全く異なる香りがするお茶ですが、一般的にフルーツの香りがする正山小種は高価な …
プーアル生茶は発酵茶?それとも緑茶?という議論
プーアル茶というと、発酵茶の代表格のように各書籍には書かれております。 プーアル茶は分類的には、黒茶に分類されることから、後発酵茶と定義されている事が一般的です。 しかし、プーアル茶と言ってもプーアル生茶とプーアル熟茶の …
武家寨古樹生茶 2022 秋茶 散茶を発売
  武家寨古樹生茶 散茶 2022の秋摘み茶を発売しました。 https://hojotea.com/item/d116.htm 秋のお茶は、個性がはっきりしており、春茶とはまた違った美味しさがあります。 高山 …
お茶で絶対にやってはいけない2つの保存法
お茶を保存する上で絶対に避けるべき保存方法を2つ紹介します。 冷蔵庫・冷凍庫での保存が劣化に寄与 お茶は冷蔵庫にいれておけば新鮮という印象がありますが、実は冷蔵庫はお茶を急速に劣化する大きな原因の1つです。 冷蔵庫がなぜ …
HOJOのオリジナル茶、プーアルジャスミンパールが入荷
HOJOのオリジナル商品であるプーアルジャスミンパールの新茶が入荷しました。 このお茶はHOJOの商品の中でも、群を抜いて人気のある銘柄ですが、長いこと在庫切れとなっておりました。 未だ試した事の無い人には、是非試して戴 …
知れば納得!お茶摘み時期と品質の関係
お茶のシーズンが始まると、春一番最初に市場に出てくるお茶は非常に高値で取引されます。 日本に限らず、中国緑茶やダージリンでも同じような傾向が観察されます。 お茶愛好家や茶商の中には早摘み=正義と捉える「早摘み原理主義」の …
舘正規氏作の萬古急須と湯飲みを発売
三重県四日市市の無形文化財、舘正規氏の萬古急須と湯飲みが多数入荷しました。 https://hojotea.com/item/banko.htm 萬古急須は、日本茶やプーアル熟茶、ジャスミン茶、各種花茶などと相性が良い土 …
想像以上に奥が深く面白いお茶の焙煎技術
お茶には焙煎という加工法があります。中国茶における焙煎は非常に奥が深いので、少し掘り下げて紹介したいと思います。 尚、焙煎は、中国のお茶業界では烘焙とか、炭焙などの言葉で呼ばれます。 香ばしさを引き出すだけではない焙煎技 …
サツマイモのような甘い香りがする白茶、甜香白牡丹を発売
甜(てんこう)とは甘い香りを指す言葉です。2020年産の白茶を、約2年間無酸素で熟成させ、独特の甘い香りに仕上げました。 雲南省の茶園標高2000mの自然栽培茶産の1芽1葉の茶葉から作られた2019年産の白茶を数年間保存 …

PAGETOP