• ホーム >
  • お茶の品質を決める各種要素

お茶のシーズンが始まると、春一番最初に市場に出てくるお茶は非常に高値で取引されます。

日本に限らず、中国緑茶やダージリンでも同じような傾向が観察されます。

お茶愛好家や茶商の中には早摘み=正義と捉える「早摘み原理主義」の人々がおります。

実際のところ、早くに摘まれるお茶は質が優れているのでしょうか?

春は標高の低い茶園から訪れる

基本、標高と春の到来は、反比例関係にあります。
標高が高い程、春が訪れるのは遅く、逆に、標高が低い土地は春の到来が早いのです。

桜の花を想像してみてください。同じ地域でも、標高が低い地域から桜は咲き始め、標高が高い地域での開花はかなり後です。

山菜なども全く同じで、同じタラの芽やコシアブラでも、標高の低い地域から収穫が始まります。

私が現在いる長野県では、標高500m位と標高800mでは、山菜の収穫期に1ヶ月近くの開きがあります。

お茶も全く同じで、先にお茶摘み時期を迎えるのは、標高の低い茶園です。

標高が高いと、昼夜の寒暖差が大きいため、お茶がゆっくりと成長し、細胞密度の高いお茶になります。

標高と品質の関係について、詳しくは以下のコラムをお読みください。
https://hojotea.com/jp/posts-1172/

標高以外の成長に影響する要素

また、お茶は肥料を多く与えたほうが成長が早く、収穫期も早くなります。

例えば、無肥料栽培の茶園は、肥料栽培の茶園よりも2週間くらい収穫が遅くなる傾向があります。

樹齢に感しても、お茶の成長に影響をします。茶樹が若いほど成長が早く、樹齢が高くなるほど成長は遅く、茶摘み時期は遅くなります。

早く成長したお茶は、旨味成分が多い反面、後味、余韻と言う点で軽くなります。

果物も野菜も同じですが、ゆっくりと時間をかけて成長するほど、味が良く、香りも濃厚になります。

ダージリンティのDJ番号と標高の関係

ダージリンの大手茶園では、収穫ロットごとにDJ番号という通しのロット番号が付与されます。この番号はインドのTea Boardでも管理されており、お茶を仕入れる際は、DJ番号を見れば、作られた順番が分かります。

一般的に、DJ1〜DJ5位の番号のお茶は、早摘みと言うことでプレミア価格が付き、非常に高い値段で取引される傾向があります。(DJ1〜DJ5とは、つまり、春のお茶シーズンが始まってから1番から5番目に作られたロットという意味です。)

早く摘まれたお茶=良い品質と考えるお茶会社は高い値段を出してでも若いDJ番号のお茶を仕入れたがります。

近年、ファーストフラッシュにおけるDJ番号はマーケティングツールと化している傾向があり、一部では、DJ番号がブランドと化しているのが実情です。

DJ番号が若いという事は、春の最初に摘まれたお茶ということで、プレミア価格が付いているわけですが、上でも説明したように、シーズン早くに摘まれたお茶は、当然、標高の低い茶園産です。


ダージリンの場合、各有名茶園は、巨大な山であるため、同じ茶園でも標高数百メートルから、標高2000mに至るまで茶園が広がっております。
このため、若いDJ番号は同じ茶園でも基本低地のセクションのお茶となります。

当然、高い標高で作られたお茶はかなり後のDJ番号になります。

早摘みが大人気の龍井茶

中国茶で、早摘みに高値が付くお茶と言えば、緑茶であり、その代表格が龍井茶です。

龍井茶は中国に春を告げるお茶として、杭州や上海で非常に人気があるお茶です。

中国であっても、早摘み=高品質と考える人々は多く、早期に摘まれたお茶は非常に高値で取引されます。

しかし、龍井茶の場合も、早い時期のお茶は基本標高の低い茶園産です。

更に、早摘みの龍井茶の多くは龍井43号という品種から作られております。

この品種は品種改良により、成長が早く、春の早い時期に収穫が行われます。つまり、日本で言うところの早生品種です。

龍井43号から作られた龍井茶は、香りこそ良いものの、味が軽い点が特徴です。いわゆる、あっさり、サッパリ系の味です。

一般に高品質の龍井は、日本で言う在来種、つまり、種から撒かれた「実生のお茶」から作られます。


更に、樹齢が高く、無肥料、標高の高い茶園ほど、ゆっくり成長することで素材の質が良いとされております。

因みに、龍井茶は明前茶が良いとされますが、実はこれはマーケティングに過ぎません。実際、標高が高い茶園産の実生のお茶は、清明節ちょい後くらいに収穫されます。明前茶の多くは龍井43号や低地のお茶です。

早摘みのお茶は同じ1芽2葉でも芽の比率が高い

春の早い時期は、お茶の葉が小さく、その結果、同じ1芽3葉の一番茶を比較しても、芽の比率が高いという特徴があります。

芽の比率が高いと、滑らかでクリーミーな口当たりとなり、また、テアニンというアミノ酸(旨味成分)の含有量が増えます。

旨味=美味しさと言うことではなく、昆布出汁のようなアミノ酸の味を指します。

お茶の造詣が深くなるにつれ、お茶の美味しさは、後味、コク、余韻などに代表される素材の味と体感的に理解するようになります。この為、中国における紅茶や烏龍茶、プーアル茶の値段は、後味(余韻)の強さに比例して高くなります。

しかし、後味の強弱ではなく、芽由来のクリーミーな舌触りと旨味に価値を感じる人達もおり、それが早摘み茶の需要を高めている理由です。

例えるなら、タラの芽のような山菜の品質を語るとき

① 味の濃さを求め、標高、木の樹齢にこだわる
② クリーミーな味わいを求め、葉が芽吹く前の小さい芽を摘む

以上の2つは全く「品質のものさし」が異なっております。

HOJOでは、後味や余韻の長さなど、素材の味に重きを置いているため、①に重点を置いてお茶選びをしております。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …

最新の記事 NEW ARTICLES

マレーシアで8年熟成の白鶯山古樹白茶2017を発売:トロピカルフルーツの香り
白鶯山古樹白茶2017を再度発売しました。同じ名称の商品をこれまでも販売しておりましたが、以前販売していたロットの商品は日本で熟成したお茶でした。今回発売する商品は8年間マレーシアで熟成をしたお茶になります。マレーシアの …
雲南省の稀少茶、大雪山野生白茶2024を発売
大雪山野生白茶2024の散茶を発売しました。 このお茶は、私達が実際に現地雲南省の産地に滞在し、現地で生産管理しながら作り上げたお茶です。 雲南省における野生茶の定義 これまで何度も説明しておりますが、雲南省 の人々は例 …
HOJO独自の新製法で実現した香り高い紅茶:雲南での挑戦
雲南省に1.5ヶ月滞在した期間中、良質な白茶やプーアル茶の生産はもちろん重要な課題でしたが、今回の大きな目標は、小ロット生産にも対応した新しい紅茶の生産方法を開発することでした。 一般的に雲南紅茶といえば、当店のラインア …
2024年の雲南省お茶シーズン:予想外の気温と収穫の混乱
長い雲南省の仕入れを終え、現在マレーシアのクアラルンプールに滞在しております。輸入したお茶の評価や海外用のお茶の発送など細かな手配が必要なため、クアラルンプールの会社に来月まで滞在予定です。 今年はシーズンの最初である3 …
2024年の白茶:理想的な天気と現地滞在で品質は上々
私たちが雲南省で力を入れているお茶の一つは白茶です。白茶は昔から、福建省と雲南省で作られてきました。 福建省の白茶は製茶はよく管理されている反面、慣行農園方式で肥料を用いた農業をしているため、原料の質に関して、私は満足で …
雲南のおもてなし文化:食事に込められた思い
中国では、挨拶代わりに「你吃饭了吗?」、つまり、「ご飯食べた?」と言うのが一般的ですが、雲南省にいると、色んな局面で、「吃饭」「吃饭」、ご飯食べていきなさいと言われます。ただ、長く雲南省に携わると、これらのご飯への誘いは …
野生茶を求め雲南省臨滄市南西部の山村へ
現在、雲南省臨滄市の南西部にてお茶の仕入を行っております。 当店にとって重要な商品の1つに野生茶があります。野生茶は製茶はもちろんですが、原料確保が一番大きな課題です。 今回、新たに野生茶が有る場所があるらしいと言う情報 …
雲南省のお茶産地にてプーアル茶、白茶、紅茶の生産
3月24日から中国の雲南省臨滄市の南西部、永德、鎮康県にてお茶の仕入れ、生産を行っております。 雲南省は世界一と言っても過言で無い極上の原料がある反面、生産に対する管理が甘いため、出来合のお茶を仕入れたのでは、理想とする …
2022年産の鳳凰単叢老欉柿花香単株と桂花香単株を発売
2022年産の鳳凰単叢老欉単株茶を2種類発売しました。 何れも極めて樹齢の高い木ゆえに、非常に奥行きのある、長い余韻のお茶です。濃い後味に加え、1年以上の熟成による、濃厚な香りをお楽しみ戴けます。 鳳凰単叢老欉柿花香 単 …
ダージリンファーストフラッシュとオータムナル紅茶を発売
ダージリンを2種類発売しました。今回の新商品は、Arya茶園の春摘みファーストフラッシュのルビーと秋摘みオータムナルのルビーです。春摘みのルビーは4月に仕入れ、その後無酸素状態で熟成させることで、香りをさらに高めました。 …

PAGETOP