ダージリンファーストフラッシュの茶殻
ダージリンのファーストフラッシュは紅茶にもかかわらず茶葉が緑色をしております。ファーストフラッシュの茶葉が緑色をしている理由ですが、意外に多くの人が勘違いしているため、改めてその理由を説明したいと思います。

 

ダージリンで緑色をしているのはファーストフラッシュのみ

ダージリンティは春3-4月頃に摘まれるファーストフラッシュと、5-6月頃に摘まれる2ndフラッシュ、そして9-11月頃にかけて摘まれるオータムナルの3種類に分類されます。2ndフラッシュとオータムナルは茶葉がオレンジ〜茶色をしており、文字通り紅茶と呼ぶに相応しい外観をしております。それに対し、春3-4月に摘まれるファーストフラッシュの茶葉は緑色をしており、お茶の水色も緑茶や烏龍茶、白茶のような乳白色をしております。
ダージリンファーストフラッシュの水色

 

ファーストフラッシュが緑色をしているのは意図的にそうしている為

この理由として、茶葉に含まれる成分の違いが原因という意見がありますが、それは正しくありません。中国でもほとんどの高級紅茶は春に摘まれた茶葉から作られますが、しっかり発酵されていることから、テアフラビンを豊富に含み、ゴールデンリングができるほどに深い色合いに仕上げられます。ダージリンのファーストフラッシュが緑色をしているのは、生産者が意図的にそうしているためです。ファーストフラッシュでもオータムナルのようにしっかりと発酵させて、オレンジ〜茶色の茶葉にすることが可能です。また、逆に、秋に摘まれたお茶でも製法のコントロールによりファーストフラッシュのように緑色の茶葉にすることが可能です。

ダージリンオータムナルの茶殻

ダージリンオータムナルの茶殻

 

ファーストフラッシュが緑の理由

ファーストフラッシュの製法は他のシーズンに作られるダージリンティの製法と異なる点があります。

 

萎凋で水分量を落とすことで、発酵がゆっくりに

まず、萎凋時間が非常に長いという点です。萎凋とは茶葉を静置、または、風をあてることで、茶葉をゆっくりとしなびさせる工程です。その目的は、第一に水分量を下げ、茶葉を揉みやすくするためです。ただし、水分量が下がれば下がるほど、茶葉に含まれる酵素は発酵しにくくなります。酵素が発酵を行なうには水分は欠くことができません。萎凋により水分が下がった場合、揉捻(茶葉を揉んだ)後の発酵があまり進みません。ちょうど、乾燥してしなびてしまったリンゴは切ってもあまり茶色くならないのと同じ原理です。

ダージリンティの萎凋

ダージリンティの萎凋

 

短めの発酵時間

ダージリンファーストフラッシュは揉捻のあとには発酵が行われます。発酵は部屋の中に茶葉を静置し、比較的短い時間で行われます。もし長めの発酵を行ったとしても長時間の萎凋により水分量が少ないために、あまり発酵は進みません。

低い温度

ダージリン1stフラッシュが緑色をしているもっとも重要な理由は、環境の温度が低い点です。春摘みのファーストフラッシュが摘まれる2月や3月のダージリンは極めて寒く、朝夕などは10℃以下にもなります。このような低温環境下では、発酵は進みにくく、茶葉を深く発酵するには発酵室の温度や湿度管理をする必要があります。温度や湿度を上げることで、深く発酵することはやろうと思えば出来ることですが、ダージリンでは、環境と市場の需要に合わせ、発酵を深く行わないことで緑の紅茶に仕上げているのです。

 

ダージリンファーストフラッシュの萎凋工程は烏龍茶で言う発酵

萎凋を行う最大の目的は脱水ストレスにより茶葉に含まれる酵素を活性化し、花のような香りを生成することです。烏龍茶の香りが作られるのも萎凋工程です。「ダージリンファーストフラッシュは烏龍茶」と言うエステートマネージャーもいるほどです。確かに、ダージリンファーストフラッシュは烏龍茶と同じ半発酵茶で、紅茶と言うには緑過ぎます。ただ、烏龍茶との違いは製造工程の順番です。

 

烏龍茶の加工の順番

萎凋(発酵) → 加熱(酵素失活)  →揉捻(茶もみ)→ 乾燥

 

紅茶の加工の順番

萎凋 → 揉捻 → 発酵 → 加熱(酵素失活)→ 乾燥

 

萎凋の後、加熱して酵素の働きを止めてから揉まれる烏龍茶に対し、ダージリンファーストフラッシュの場合、萎凋の後に揉捻が行われ、更に、静置による発酵がおこなわれます。

ダージリンティの揉捻

ダージリンティの揉捻(ローリング)

台湾の烏龍茶などは緑の爽やかな香りがしますが、これは萎凋により目的とする香りが生じた時点で即、加熱し、酵素を失活させることで、その香りを維持管理しているためです。逆に、ダージリンファーストフラッシュの場合、萎凋の後に、茶葉は非加熱のまま揉まれ、更に、発酵工程が入ります。これにより、緑色はしているものの、発酵が更に進み、よりマイルドでダージリンファーストフラッシュらしい香りを形成します。

 

ダージリンファーストフラッシュの今後の進化形

ダージリンファーストフラッシュはしっかりと長時間萎凋を行った後に作られるため、萎凋の過程で茶葉が発酵を開始し、花のような香りが生じます。そこで烏龍茶のように、萎凋の後、そく茶葉を加熱して酵素を失活し、そのあと通常通りに揉捻を行った場合、烏龍茶と緑茶のハイブリット茶ができます。現在、ダージリンでは台湾の烏龍茶の生産技術が積極的に取り入れられているため、良い悪いは別として、今後、その様な製法のお茶も登場するかもしれません。

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …

最新の記事 NEW ARTICLES

桐木関産の自然栽培茶!煙の香りがしない正山小種 花香を発売
中国福建省武夷山市の桐木関産の正山小種 花香を発売しました。 このお茶は一般によく知られている煙の香りがするタイプの正山小種とは異なり、フルーツや花の香りがするお茶です。 https://hojotea.com/item …
雲南省の自然栽培茶から作られたプーアルジャスミン茶と茉莉銀針の新茶が入荷
これまで長期に渡って品切れが続いておりました、ジャスミン茶2種、プーアルジャスミン茶(普洱茉莉龍珠)とジャスミンシルバーニードル(茉莉銀針)を発売しました。 両銘柄とも、雲南省の標高2000-2100mの自然栽培茶園産の …
アジアの香辛料ガランガルの香り!鳳凰単叢姜母香2021を発売
鳳凰単叢姜母香2021を発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 非常に個性的な香りがする、鳳凰単叢烏龍茶でも非常に珍しい種類のお茶です。 鳳南山脈の東興村産 姜母香は鳳南山脈 …
本格的な道具が無くてもお茶を楽しめる簡単な方法
中国茶を入手したものの、淹れる道具が無い人、淹れ方が分からない人は意外に多いのではないでしょうか? 勿論、完璧な味香りを追求した場合、蓋碗や急須などの道具がベストなのは間違いありません。 ただ、常に完璧な淹れ方が必要なわ …
ミャンマー果敢自治区の少数民族から仕入れた緬甸白芽茶2013を発売!
現在は紛争地帯となっている、ミャンマー果敢の山村で少数民族によって作られた、プーアル生茶、緬甸白芽茶 2013を発売しました。緬甸は中国語でミャンマーと言う意味です。 雲南省と国境を接するミャンマー産の茶葉を使ったプーア …
限定の単株茶を含む鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売
2021年産の鳳凰単叢烏龍茶を3種類発売しました。 https://hojotea.com/item/houou.htm 今回発売したお茶は以下の通りです。 1. 鳳凰単叢 銀花香単株 2021 2. 鳳凰単叢老欉 貢香 …
自然栽培茶から作られた桐木妃子笑(正山小種の1つ)を発売
桐木妃子笑を発売しました。 https://hojotea.com/item/b02.htm このお茶はHOJOがお付き合いしている桐木関の農家兼生産者によって作られたお茶で、無農薬無肥料で栽培されたお茶から加工された、 …
少数民族農家の手作り茶、老楊峰古樹生茶2014の長期熟成餅茶を発売
老楊峰古樹生茶は少数民族の農家が自ら製茶したお茶です。非常に荒削りのお茶だったため、2014年から現在に至るまで保存することで熟成度を高めました。 仄かな香ばしさと、乾燥フルーツのような甘味が癖になるお茶です。 有名産地 …
樹齢300歳以上の自然栽培茶!大茶林古樹生茶2020を発売
大茶林古樹生茶は高級プーアル茶の代名詞である単株茶(一本の老木のみから作られたお茶)と同じレベルの後味(余韻・コク)が味わえるお茶です。 通常、コクの強さ=質を示す指標であり、強いコクのお茶は非常に高額で取引されます。に …
雲南省臨滄市永徳県産、稀少な野生茶の白茶と生茶を発売
雲南省臨滄市永徳県の標高2200mに自生する野生のお茶を原料に、プーアル茶と白茶を作り上げました。 このお茶は、人が栽培した茶園産では無く、自然に自生する天然の野生のお茶から作られた非常に稀少なお茶です。 2019年に新 …

PAGETOP