一般的な紅茶の常識とは異なる、独自の紅茶分類法を紹介します。オンラインメディアや書籍を見ると、紅茶には色んな種類があり、世の中には様々な分類方法があります。

 

例えば:

 

1.産地:ダージリン、中国紅茶、セイロンティ等々

2.形状:フルリーフ、BOP等、CTC等々

 

どの方法も間違っておりませんが、上記のような産地や茶葉の形状に基づく分類方法の場合、お茶の個性が反映されておりません。

そこで私が紅茶を分類するときは以下の分類法を使っております。

 

1.半発酵紅茶

2.重発酵紅茶

3.熟成型紅茶

 

(上記3つに加え、フレーバーティ等の2次加工紅茶があります。)

 

上記分類法は一般的ではありませんが、これはお茶の加工特性に基づく分類法であり、この方法が紅茶の特徴を表す上で分かり易いと感じております。

これらの分類を説明する前に、紅茶の定義を説明したいと思います。通常、以下の「順番」で作られるお茶が紅茶と定義されます。

 

萎凋→揉捻→発酵

(因みにダージリンファーストフラッシュは緑色をしており、見た目は紅茶に見えませんが以下の順番で作られるために紅茶として分類されます。)

 

尚、東方美人などのように発酵度が非常に高いお茶がありますが、東方美人の場合、萎凋&発酵→殺青→揉捻と加工の順番が異なるため、烏龍茶に分類されます。

 

以下、紅茶の3つの分類を説明したいと思います。

 

1.半発酵紅茶

これはダージリンティのように萎凋時間を長くし、発酵時間を短めすることで作られた紅茶を指します。

萎凋を長く行うと茶葉の水分が失われるために、その後の発酵が緩やかに起こります。

茶葉には一般的な紅茶に含まれるようなテアフラビンが殆ど含まれず、成分的には烏龍茶と殆ど同じです。この為、ダージリンのエステートマネージャーなどはダージリンファーストフラッシュは烏龍茶だと言う人がおります。

この様に、紅茶特有の色素であるテアフラビンを殆ど含まない紅茶を私は「半発酵紅茶」と呼んでおります。

ダージリンティの発酵:水分値が非常に低いために烏龍茶のような仕上がりとなる。

2.重発酵紅茶

これはいわゆる普通の紅茶です。特徴としては茶葉が明るい茶色をしており、お茶には黄色の色素、テアフラビンが多く含まれます。尚、同カテゴリーでも加工に問題があったお茶は、茶葉が焦げ茶色をしており茶褐色の色素であるテアルビジンが多く含まれます。

雲南紅茶、アッサム紅茶、台湾の紅玉紅茶などがこのカテゴリーに属します。

3.熟成型紅茶

紅茶は脱酸素状態で3年以上熟成させると、非常にフルーティな香りが生成します。勿論、お茶を作るのに3年も待つことは出来ません。実は熟成をを短時間で行う火入れの技術があります。

この技術は元々潮州の鳳凰単叢烏龍や武夷岩茶の生産に使われておりました。100℃以下の茶葉が焦げない低い温度で20時間近くじっくりと茶葉を焙ることで、茶葉を数年熟成したのと同じ種類の香りを引き出すことが出来ます。

非常に手間と経験が必要な製茶技術ゆえに、技術者が殆どおらず、良い品質に出会うことは非常に希です。キームン紅茶、ラプサンスーチョン(但し煙臭いタイプではなく超高級タイプ)が代表的です。

更に、私が販売しているお茶に広西産の「金螺」というお茶があります。このお茶は広西壮族自治区で作られたお茶ですが、キームンの伝統的な製法を取り入れた火入れ熟成により、ローズのような甘い香りがします。

 

 

 

 

日本茶(緑茶)、中国紅茶、白茶、プーアル熟茶、プーアル生茶、ジャスミン茶、烏龍茶という厳選された茶葉7種のお試しセット

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるた …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …

最新の記事 NEW ARTICLES

プーアル生茶の散茶、武家寨2018を発売しました。
2018年産の武家寨 プーアル生茶を発売しました。このお茶は2018年に作ったのですが、より個性を際立たせるた …
朝比奈玉露の本玉露、玉露やぶきたを発売
ヤブキタ品種100%から作られた本玉露、玉露やぶきたを発売しました。本商品は静岡県藤枝市を産地とする朝比奈玉露 …
現地でも珍しい武夷山の桐木水仙紅茶を発売
中国福建省武夷山の桐木関で作られた、桐木 水仙紅茶を発売しました。 茶園は標高1000m、お茶の樹齢は50歳ほ …
渡辺陶三氏作の秋津無名異還元焼成急須と野坂粗土宝瓶が入荷
佐渡島の渡辺陶三氏作の急須と宝瓶が入荷しました。 今回入荷したのは、秋津無名異還元焼成の急須と、野坂粗土の宝瓶 …
独木春古樹生茶の散茶を限定量発売
独木春古樹生茶の散茶(春茶)を発売しました。このお茶ですが、2018年産、2019年産、2020年産をブレンド …
一工夫で劇的に美味しく!プロお勧めの緑茶や紅茶の淹れ方
中国茶をいれる際、茶葉にお湯を通して洗いますよね?これは茶葉を洗うことが目的ではありません。 お湯を通すことで …
大雪山野生白茶2020年産の散茶を限定発売
大雪山野生白茶2020を発売しました。今年は産地、生産者、生産方法の3つを大きく改善したことで、とても満足のゆ …
ミルクティやカカオを連想する甘い香り、甜香 白毫銀針を発売
甜香 白毫銀針を発売しました。甜香とは甘い香りという意味です。この商品は白茶でありながら紅茶のような仄かな甘い …
珍しい白茶の茎茶、白茎茶を限定量発売!
白茎茶を発売しました。実はこのお茶、とても珍しい白茶の茎茶です。 お求めやすい値段設定になっておりますゆえ、白 …
やってはいけないお茶の3つの保存方法
お茶の保存に関してやってはいけない3つのお茶の保存方法について、説明したいとおもいます。 1. 冷蔵庫/冷凍庫 …

PAGETOP