ウンカがちゅ〜ぅと汁を吸うとダージリンティに蜜のような香りが

[2006.12.09] Posted By

20061209185233.jpg
ダージリン夏摘み(2nd Flush)と言えばマスカテルフレーバーです。マスカテルフレーバーとは熟したマスカット(ブドウ)のような香りをさします。私の個人的な意見では、マスカットと言うよりも、熟したマンゴのような香りに感じます。同様の香りは中国語では蜜香という言葉で表現されます。

何故、2nd Flushにのみマスカテルフレーバーがあるのでしょうか。また、何故、まるでフルーツのような香りが生成されるのでしょうか?
マスカット系のフレーバーと言えば、台湾の東方美人にも同じ香りがあります。東方美人の場合、ウンカに噛まれた茶葉のみを使用して作られます。

ダージリンのマスカテルフレーバーを一番最初に紹介したのは、キャッスルトンという農園でした。日本でも非常に馴染みの深いこの農園は、1500m前後の標高に位置しており、ダージリンの街の直ぐ近くにあります。

ダージリンのマスカテルフレーバーも実はウンカにより作り出されます。ダージリン地方では、ウンカのことをGreen Flyと呼んでおります。たしかにウンカが飛び回る様子はハエのように見えます。

茶園に連れて行ってもらい、ウンカを探したところ、、、「見つけました!」
台湾のウンカと、全く同じ種類でした。動きも、サイズも、色も、何もかも100%同じです。
2ndフラッシュにのみマスカテルフレーバーが生じる理由ですが、5月はダージリン地方では雨期になります。6月になると激しい雨がやみ、時同じくしてウンカが大量発生します。大量に発生したウンカは、茶葉の柔らかい部分から汁を吸います。汁を吸われた茶葉は、黄色く変色し、その部分だけを摘みとって加工すると、おなじみのマスカテルフレーバーができます。ウンカとマスカテルフレーバー発生の関係ですが、虫により攻撃を受けた茶葉は、それに対抗するため、或いは治癒するために人間の抗体に当たる物質(ファイトアレキシン)を作り出しますが、これらが香りの正体です。

20061209185245.jpg

最近ではキャッスルトンだけでなく、多くの農園で同等或いはそれ以上のマスカテルフレーバーを作り出すようになりました。但し、ウンカはそれぞれの茶園の何処にでもいるわけではなく、極一部の場所にしか現れません。茶園のマネージャーはその場所を良く把握し、そこから収穫された茶葉に関しては、「特別扱い」をしなければなりません。普通の茶葉と同じように加工したのでは、十分にそのメリットを生かし切ることが出来ません。ウンカに噛まれた茶葉は普通の茶葉と比べ、水分量も少なく、故に萎凋時間や発酵時間に関し、特殊な調節をしなければなりません。

ウンカですが、渡り鳥のように遠くから飛んでくるわけではありません。彼らはダージリンの土地にて卵を産み、6月になると羽化して、茶葉の汁を吸います。ウンカに確実に羽化してもらうためには、やはりマネージャーの知識が大切になります。マネージャーはウンカ保護区(私が勝手にそう呼んでいる。)の土壌の取り扱いには特に気を付けねばなりません。通常の茶園の場合、冬場には土地を掘り起こし、肥料の散布を行います。ところが、ウンカ保護区の場合、冬に土地を掘り起こしてしまうとウンカの卵が寒さや乾燥で死滅してしまい、春になっても羽化しなくなります。土だけでなく、茶園の間に生えている雑草に関しても刈り取ってはならないそうです。茶園ではマスカテルフレーバーを作り出すために、ウンカにとって最高の生活環境を提供しないといけません。

20061209185308.jpg

関連記事 RELATED ARTICLES

お茶に関する最新情報を確実にキャッチするには? SOCIAL NETWORK

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookで「いいね!」を押す。3,メールマガジンに登録する。という3つの方法で、お茶に関する最新情報をキャッチすることができます。今すぐ下のツイッターフォローボタンや「いいね!」をクリック!

メールマガジン登録で無料サンプルをもらおう!
メールマガジンにご登録いただくと無料のサンプル茶葉のプレゼントや希少商品の先行購入など様々な特典がございます。ソーシャルメディアの購読だけでなく、メールマガジンへのご登録もお忘れなく!
  •                 

HOJO TEAオンラインショップNEWS一覧を見る

无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …

最新の記事 NEW ARTICLES

屋台食べ歩きと烏龍茶ファンの聖地、潮州
潮州の鳳凰鎮に仕入れに行ってきました。潮州と言えば鳳凰単叢烏龍茶の産地です。潮州へは必ず毎年行き、現地にて仕入 …
无量山古樹生茶2018(プーアル茶)販売開始
人気のプーアル生茶无量山古樹生茶2018の餅茶 200gを発売しました。今年は餅茶に加工した際に、乾燥方法を一 …
意外に知られていないジャスミン茶の加工方法
これまで数回に分けてジャスミン茶について特集してきましたが、今回はジャスミン茶がジャスミンの花の産地である広西 …
嘘のようにお茶が美味しくなる工夫式のいれ方
工夫式のいれ方について、よく質問を戴くため、あらためて、工夫式で美味しくお茶をいれる方法を紹介したいと思います …
中国安渓産の鉄観音 中焙火の販売を開始
中国安渓の鉄観音の中焙を発売しました。品質と日本の農薬基準の両方を満たす商品が見つからず、これまで長年にわたり …
新しいジャスミンパールを2種類販売開始
ジャスミンパールの商品構成を刷新しました。これまでHOJOのジャスミンパールは1種類だけでしたが、廉価バージョ …
美味しいジャスミン茶に使われる高品質なジャスミンの花とは?
ジャスミン茶は緑茶とジャスミンの花を混ぜ、ジャスミンの香りを緑茶に吸わせることで作られます。ジャスミン茶の味を …
ジャスミン茶はどうやって作られる?
ジャスミン茶の仕入で広西壮族自治区に行きました。何回かに分けて、ジャスミン茶の作り方、どのような要素が品質に影 …
火草山産の茶頭磚(プーアル熟茶)2017の販売開始
2017年産の火草山古樹熟茶から作られた茶頭磚250g(ブロック)プーアル熟茶の販売を開始しました。商品は茶頭 …
外出先で簡単に美味しいお茶をいれる方法
お茶が好きな人にとって、外出時に美味しいお茶が飲めないのはとても悲しいことです。お茶が大好きな私としても旅行中 …

PAGETOP